趣味の総合サイト ホビダス
 
世界自動車図鑑トップ > イタリア車 > フェラーリ > 355F1

  フェラーリ図鑑

フェラーリ

355F1


355F1.jpg

これまでのフェラーリは、ロードカーに様々なオートマティック・トランスミッションをトライしてきたが、その集大成というべきF1タイプ・ギア・ボックスを初めて市販車に採用したのが355F1だ。ステアリングの裏側に設けられたパドルでシフトするもので、従来のトルクコンバーター式A/Tをベースにしたティップシフトとは異なり、ギア・ボックス本体はM/Tと共通で、電気的に制御されるクラッチ操作とギアチェンジを油圧アクチュエーターによって行う。パドルシフトによるマニュアル・モードのほかに、完全自動のオートモードも備わる。

●水冷90°V型8気筒DOHC5バルブ
●3495cc
●380HP
●生産台数:――――

 (最終更新日:2012年7月11日)

 

あなたのブログからこの記事にトラックバックしよう!

トラックバックURL:
http://www.hobidas.com/blogmgr/mt-tb.cgi/106135