趣味の総合サイト ホビダス
 
世界自動車図鑑トップ > イタリア車 > フェラーリ > 612 Scaglietti

  フェラーリ図鑑

フェラーリ

612 Scaglietti


612Scaglietti.jpg

新時代の2+2モデルとして登場したのが、456シリーズの後継である612スカリエッティだ。612の"6"は総排気量の6リッター、"12"は気筒数をそれぞれ表し、サブネームはかの名門カロッツェリア、スカリエッティに由来する。375MMバーグマン・クーペをモチーフにデザインされたスタイリングの内側には、12気筒モデルとして初めてアルミ製スペース・フレーム構造を採用し、先代の456系に対し重量剛性比は60%増を実現している。V12ユニットはフロント・ミドシップで搭載され、最高出力540hp/7250r.p.m.を発揮した。

●水冷65°V型12気筒DOHC4バルブ
●5748cc
●540HP
●生産台数:――――

 (最終更新日:2012年7月11日)

 

あなたのブログからこの記事にトラックバックしよう!

トラックバックURL:
http://www.hobidas.com/blogmgr/mt-tb.cgi/106143