HOBIDAS AUTO
初乗りインプレッション
トップページ
コンテンツ
フォルクスワーゲン・ゴルフ・シリーズとは
中身はこうなっている
輸入元担当者インタビュー
グレード紹介&価格
初乗りインプレッション
ライバルと比べると
装備、諸元表
フォルクスワーゲン・ゴルフ・シリーズ画像集

インプレッション動画集
フォルクスワーゲン・ゴルフ・シリーズ・オフィシャルサイト
ここに注目
<ゴルフ>クラストップの呼び声高い5代目の走りの実力は?
<ゴルフ・プラス>85mmの車高増が走りにどう影響しているか?
<ゴルフ・トゥーラン>ミニバンになってもゴルフらしさは健在か?
ゴルフ・シリーズ
インプレッション動画ページへ
<ゴルフ>クラストップの呼び声高い5代目の走りの実力は?

2004年から日本導入されている5世代目ゴルフは、質実剛健で秀逸な実用車という従来のイメージに、スポーティ感や高級感というプレミアムな乗り味を追加。その源となっているのは圧倒的なボディ剛性だ。骨格がシッカリとしていれば、サスペンションは正確にしなやかに動く。結果的に、楽しい走りと優れた乗り心地が両立できるわけだ。どのグレードを選んでも変わらぬ高度な走りが堪能できるのも、基本がしっかりしているからに他ならない。また、FSI(直噴)のエンジンや6段A/Tなど、洗練されたパワートレーンもプレミアム化にひと役買っている。シリーズの中ではもっとも車高が低いこともあってスポーティ。パーソナルカーとしての価値も高い。

ゴルフ・シリーズ
<ゴルフ・プラス>85mmの車高増が走りにどう影響しているか?

全長と全幅はゴルフと同一。全高だけが85mm高くなるゴルフ・プラス。そのボディサイズだけみれば、高さ方向にだけ余裕が増えていると思いがちだが、アップライトに乗員を座らせることで長さ方向の余裕も大きくなっている。その恩恵は後席の160mmものロングスライド機構にも表れる。後ろに下げれば足元は広々とするし、逆に前にすれば広大なラゲッジルームを確保することも可能。後席固定のゴルフではなし得ない使い勝手の良さが魅力だ。走りは、ゴルフと同じく安心感が高い。単体で乗っている限りは背高の影響をほとんど感じないぐらいだ。ゴルフと直接対決さえさせなければ、走行性能は十分にCセグメントのトップクラスと言える。

ゴルフ・シリーズ
<ゴルフ・トゥーラン>ミニバンになってもゴルフらしさは健在か?

3列シート・ミニバンのゴルフ・トゥーランは、ベースのゴルフに比べて全長185mm、全幅35mm、全高140mm、それぞれ大きくなる。もちろん随分と背高になるが、ゴルフと変わらない圧倒的な安定感をもっているのが驚異的だ。高速走行でも、ハイスピードコーナリングでも正確で安心感のある走りを披露する。その分、サスペンションが引き締められており、乗り心地はやや硬くなるが、それは致し方ないところだろう。また、車両重量も確実に増えているが、ギア比を見直したおかげで動力性能にも不満はない。国産ミニバンでは得られない、ハイレベルな走りやクオリティを持っているのだ。2列目、3列目のシートアレンジでも秀逸な面をみせる。

ゴルフ・シリーズ
で結論は

ゴルフ・シリーズは、どのモデルに乗ってもまず操縦安定性ありき。その良識ある姿勢は感服するばかりだし、レベルも間違いなくベスト・イン・クラス。基本プラットフォームがしっかりしている証だろう。ゴルフはもうプレミアムカーの域。ひとつ上のDセグメントカーと比べてもコンフォート性、安定性、スポーティ感などで勝負できる。ゴルフ・プラスも、比較せずに単体で乗れば背高を意識させらず、しかもパッケージングが秀逸。ミニバンらしからぬ安定感のゴルフ・トゥーランはやや硬めに感じるが、距離を重ねるとこなれてくることも確認している。いずれのモデルを選んでも、走らせてみればガッチリと頼もしいボディの恩恵を感じられるはずだ。

ゴルフ・シリーズ
基本骨格がいかに大事かを実感!
石井昌道

解体新車のメインテスターかつ、ホビダス・オートの主力ライター。元々は自動車雑誌の編集者だったが、2年前に独立を果たし、現在はフリーのモータージャーナリストとして活躍する。自動車専門誌だけでなく、男性誌などでも幅広く執筆中なので、どこかでこの名前を見かけた方も多いだろう。最初期のトゥーランを持つカメラマンの宮門氏と仕事で一緒に移動することが多く、トゥーランに乗る機会が少なくない。というわけで、この取材はまさに打ってつけの存在だった。ただし宮門さん曰く、「いつも助手席で寝てます」だそう。今回、トゥーランの乗り心地で鋭い指摘ができたのはすべて、宮門さんの横で寝ていたおかげというわけ。何が役に立つかわかりませんねというか、たまには代わってあげてください、運転はお上手なんですから。


ページトップへ
Copyright NEKO PUBLISHING All Rights Reserved.