Fighiting-Bull.com:ランボルギーニ・ファンサイト powered by ホビダス
トップ > ヒストリー
トップページへ
正規ディーラー車検索

ランボルギーニ・ジャパン・オフィシャルサイト
ROSSO
ROSSO
Car magazine
お問い合わせ
 
1963

350GTV

数ある自動車メーカーのなかで、ランボルギーニほど会社設立の理由がよく知られているところもないだろう。言うまでもなく、フェラーリに対する自分の苦情が全く相手にされなかったために、自らフェラーリを超えるスポーツカーを造りだしてしまった…

1964

350GT

せっかく世に登場させた350GTVをショー会場から引き上げたフェルッチオは、すぐさま気に入らなかったボディデザインの修正を、より格上のカロッツェリアに依頼したのである。彼が選んだのは、アルファ・ロメオ、マセラティ、ランチア、そしてフェラーリ…

1966

400GT

350GTのデビューによってスポーツカーメーカーとして認知されたランボルギーニだったが、それでもフェルッチオは攻勢の手を休めることはなかった。350GTがデビューした1964年のジュネーブショーで、フェラーリがそれまでの…

1966

ミウラ

ランボルギーニの名を一躍世界的に有名にしたミウラは、1965年のトリノショーでシャシー、エンジンのみのボディレスという状態で衝撃的なデビューを飾った。エンジンはジオット・ビッザリーニ設計のV12をベースとし、ジャン・パオロ…

1968

イスレロ

ランボルギーニの市販1号車となった350GT/400GTが、ボディ製作を担当していたトゥーリング社の解散により、1967年末に生産中止を余儀なくされたことを受け、その後継車種として1968年に登場したのがイスレロである…

1968

エスパーダ

絶えずフェラーリに対抗心を燃やすフェルッチオは、400GTがイスレロに切り替わるより少し前に、シリーズの後継車を考え始めていた。400GTよりも広いリアシートを持ち、VIP用にも使えるフル4シーターというのがコンセプト…

1970

イオタ

その特異な成り立ちと数奇な運命から、スーパーカー最大のミステリーとされているイオタは、ランボルギーニのテストドライバー、ボブ・ウォレスの発案により、事故車のミウラをベースに、当時のF.I.A.スポーツレギュレーションのアペンデ…

1970

ハラマ

やや没個性なスタイリングや、350GT/400GTから受け継いだ旧態依然としたドライブトレンが災いしてか、イスレロは発売早々、セールス面で苦戦を強いられることとなる。その打開策として急遽開発が進められ、イスレロの後継車種…

1970

ウラッコ

ランボルギーニが長年宿敵と据えてきたフェラーリとは別に、その矛先をポルシェへと向けて1972年に発売されたのがウラッコである。ポルシェ911に挑むために開発されたウラッコの基本コンセプトは、2+2のミドシップであること、…

1973

カウンタック

デビューから30年以上経ったいまなお、スーパーカーフリークの間で絶大なる人気を誇るカウンタック。1971年のジューネーブショーの会場で世界中の話題を呼んだ、ミウラの後継モデルとしてお披露目されたプロトタイプがLP500である…

1976

シルエット

coming soon...

1981

ジャルパ

coming soon...

1982

LM

coming soon...

1990

ディアブロ

スーパーカーブームの火付け役ともいえるカウンタックの後継車として、1990年1月に新たなるフラッグシップモデルとなるべく誕生したのが、このディアブロである。ランボルギーニがミムラン・グループからクライスラーへと買収…