2011ダッジ・チャレンジャーSRT8 392、470馬力で新登場!!

| 0 TrackBacks

2011ダッジ・チャレンジャーSRT8 392

 米クライスラーは、11月2日に開幕する全米最大のアフターマーケットショー「セマショー(SEMA SHOW 2010)」において、新型「ダッジ・チャレンジャー・SRT8 392 (Dodge Challenger)」を発表します。

2011ダッジ・チャレンジャーSRT8 392*クリックすると拡大します。

 今年の「セマショー」において、クライスラーはモパー・ブースを中心にクライスラー、ジープ、ダッジ、ラム、フィアットなどの最新モデルをベースにしたカスタムカーを展示する予定で、「ダッジ・チャレンジャー・SRT8 392」はこれらの車両と共に同ブース内に並ぶ予定。

 この新型「ダッジ・チャレンジャー・SRT8 392」は、5.7リッターHEMIエンジンの高性能版として、SRT8シリーズに搭載されていた6.1リッターHEMIをベースに、パフォーマンスをアップした最新の392HEMIエンジンを搭載しているが特徴です。

 392HEMIは排気量を6.4リッターまで拡大し、最高出力470馬力、最大トルク470lb-ftを実現。現行の6.1リッター・HEMI・V8と比べると、2900rpmで90lb-ftほどトルクの増大を達成するクライスラー最強のV8となります。

 また、クライスラーは、セマショーに出展される新型「ダッジ・チャレンジャー・SRT8 392」の発売に合わせて、1492台の「Inaugural Edition(新型記念モデル)」を製作、こちらも「セマショー2010」に出展される予定です(※ブルーボディにホワイトストライプ)。

 なお、これらの「ダッジ・チャレンジャー・SRT8 392」は、カナダ・オンタリオのブラントン組立工場で生産され、 2010年の第4四半期に販売開始される予定。

「ダッジ・チャレンジャーSRT8 392」の追加情報と写真はこちらから

No TrackBacks

TrackBack URL: http://www.hobidas.com/blogmgr/mt-tb.cgi/99954

広告

記事カテゴリー