趣味の総合サイト ホビダス

編集という仕事

| Category: | コメント(0)

20代の頃、建築雑誌社に入ったばかりのとき、月刊誌と並行して与えられた仕事が、
『近代建築再見』という、月刊建築知識の連載をまとめて、上下巻にするというものでした。
前職の映像の演出をしているときに、初めてプレゼンして採用されたのが、
近代建築をテーマにした作品だったので、私に白羽の矢が立ったのかもしれません。

昔は手書き原稿を写植屋に入稿していた時代ですから、
テキストデータなんてあるはずもなく、
膨大なすべての原稿、注釈......を、テキスト入力したのは、いま思えばいい思い出。
誤植や誤字脱字も、いくつも見つけ出して、
ゲラを山口先生に届けるために、千葉の日大まで届けに行ったのもいい思い出。
「よく、こんなにしっかり校閲してくれましたね」と、労ってもらったのでした。
(だから、ドラマ『校閲ガール』は共感しましたよ)

山口先生と日大山口研究室の綿密な調査の上に成り立った素晴らしい文章。
宮本さんのしっとりとした写真。
花椿なども手掛けたこともあるデザイナー氏は、ちょっぴり気むずかしかったけれど、
連載とはまったく違うテイストの、美しいデザインに仕上げてくれました。
当時、同僚からは、「編集のクレジット、入れないの?」と言われましたが、
駆け出しの若造が、この素晴らしい本のクレジットに名を連ねるなんて、そんな大それたこと考えもしませんでした。
月刊誌の連載当時、担当していた編集者の方々の緻密で大変な仕事が、とてもよく分かったからなおさら。
だって、自分は再編集しただけだから。
しかも小説だって編集者の名前はクレジットにありませんからね。

そして、次に移った出版社で出したのが、『CONTAX完全詳解図鑑』。
これも全ページのラフを引いた、思い出深い1冊。
CONTAXがカメラから撤退したので、正真正銘のすべての京セラCONTAXを図解した本となりました。
自分がCONTAX使いだったこともあって、その思い入れは、半端なかったですね。
全撮影をCONTAXとカールツァイスで行い、シューティングカメラとレンズのデータも記載し、
カメラマンもデザイナーも(そして編集の私も)、全員CONTAX使いでチームを組むというこだわりよう。
これを作ったときの熱量で、また雑誌をつくることができたら、それは本当に幸せだとつくづく思う1冊。

IMG_3711.jpg

ROSSOで5年以上続けた連載を再編集した『THE SUPER CAR』の下巻が販売されました。
昨今の流行りを取り入れて、上巻をORIGIN、下巻をADVANCEと命名。
連載を立ち上げたとき、すでに『近代建築再見』と同じようにいつか自分の手でまとめようと決めていた本。
神村さんの写真に西川さんの文章を合わせるというヒラメキも、間違ってなかった。
ページをめくると、幼い頃、スーパーカーカードをワクワクして眺めていた時のことが思い出されました。

並べて見ると、3つの版元で、それぞれいい仕事をさせて頂きました。

しかも、近代建築再見が20代、
CONTAX完全詳解図鑑が30代、
THE SUPER CARが40代での思い出の本に。

さー、50代ではどんな本を作ろうかなー、の前に、
まだ40代も5年残っているので、いろいろやりたい企画を叶えていかないとね。




デザインは独、中身は和

| Category: | コメント(0)

Facebookで、問い合わせがありましたので、
さっそく、LAMYの芯の正体をお教えいたします。
このブログの本来的な内容になってきましたね。

20161024_IMG_0566.jpg

右から、
黒 0.3mm
赤 0.5mm
青 0.5mm
黒 0.5mm
黒 0.7mm
黒 0.4mm
修正ペン

となっています。
その中身は下記の通りです。

20161024_IMG_0572.jpg

右から
黒 0.3mm:ZEBRA B-RJF3-BK/サラサクリップ0.3の替芯
赤 0.5mm:Pentel XKLR5-B/ハイパーG、ゲルインキボールペンきらりの替芯
青 0.5mm:Pentel XKLR5-C/ハイパーG、ゲルインキボールペンきらりの替芯
黒 0.5mm:Pentel XKLR5-A/ハイパーG、ゲルインキボールペンきらりの替芯
黒 0.7mm:Pentel XKLR7-A/ハイパーG、ゲルインキボールペンきらりの替芯
黒 0.4mm:PILOT LFRF30P4-3B/フリクションポイント04の替芯
修正ペン:Pentel XZLR15-W/ノック式修正ボールペン Power-Correの替芯

番外編
黒 0.5mm:PILOT LFBKRF30EF3 B/フリクションボール0.5mmの替芯

ただし、そのままでは装着できません。
わたしは、替え芯の足りない長さを、下記のプラスチックネジをつかって補っています。

20161024_IMG_0574.jpg

修正ボールペンの場合は、ネジだけを逆さにして装着。
(このとき、ネジの頭を丁度よい長さにやすりで調整しております)

20161024_IMG_0575.jpg

書き味が滑らかで、インクもはっきりした色なので、
ハイパーGをスタンダードとして使用しています。
ただし、手帳にはなるべく細い文字で書き込みたいので、サラサクリップの0.3を近頃使用するようになりました。
ぺんてるのゲルインキにも0.35mmがあるのですが、
ペン先の形状がLAMYのサファリに合致しないので、0.3mmだけ、ゼブラのサラサクリップを使っています。

こすって消せるフリクションシリーズも使用可能ですが、
黒インキの色が薄いために、私は使っていません。
ご参考までに。




新学期ではありませんが、ペンケース新調しました

| Category: | コメント(0)

今月の校了前のネットショッピング。

たぶん、15年ちかくARTISAN & ARTISTのポーチを使っておりました。
現在同じモデルの2個目を使っておりましたが、
少々くたびれたので、新たに同じものを購入しようとしたら......。

もともとARTISAN & ARTISTのポーチは、化粧用のハンディ・メイクドレッサーでした。
しかし、最近モデルチェンジをしたようで、完璧に女子向けのデザインになってしまってました。

そこで、以前から気になっていたペンケースを購入。

IMG_0517.jpg

ステッドラーのも捨てがたかったのですが、
テクスチュアが悪かったので、こちらをポチッと。

右から
LAMY ローラーボール赤 0.5mm
LAMY ローラーボール青 0.5mm
LAMY ローラーボール黒 0.5mm
LAMY ローラーボール黒 1.0mm
LAMY 修正ペン
ぺんてるマルチ8
LAMY シャープペン 0.5mm
ステッドラー マルス ホルダー型消しゴム
(LAMYの5本は、すべて別メーカーの替え芯を使用しております)
と、校正用のペンを綺麗に収納できました。

大工工具を広げたみたいで、ちょっと校正も楽しくなりました。
って、来月は校正しながら原稿書いてるような進行を改めないとですね(汗)。




写真もいいけど原稿もね

| Category: | コメント(0)

先日、お便りを頂きました。
要約すると、「ある著名な雑誌の、有名な編集長A氏の次にニシヤマさんの原稿が好き」という内容でした。
そして、いつも読んでいます、という励ましのお言葉。
まあ、クルマ業界雑誌という狭い世界でのこと(遥かに美文で教養とセンスのある文章は、この世にたくさんある)。
とはいえ、私よりも遥かに年上のA氏を引き合いに、
私の原稿を褒めて頂いたのは、久しぶりに気が引き締まる思いだったのは確か。

20160916_IMG_9455.jpg

映像を仕事としているとき、ある文筆家さんに紹介されてエッセイを書いたことがあります。
大学を出て間もない頃のお話。
久しぶりにその雑誌──思想の科学を、書斎の整理の時に見つけ出しました。
文章に対して、真摯で、そして熱かったなぁ、という時代を思い出しました。

そういえば、以前いた出版社で編集長を務めていた雑誌の読者ハガキで、
「Bさんの原稿と西山さんの原稿だけ読んでます」という、
編集長としては、悲しいような(ちょっと嬉しいような)、複雑なハガキを頂いたこともあります。
「西風さんの漫画みたいに、読後感がいいです」というお便りを頂いたことも。
西風さんの漫画を読んだことがなかったので、
その後、ブックオフで西風さんの漫画を買い込んで、読み込んだのは遠い昔の話。
いまは、その西風さんの漫画のようだと言われたコラムの文体は封印してしまっております......。
(ブログの文体は、いくぶん近いですかね)

最近、Facebookで、いま編集長を務めている月刊誌ROSSOの巻頭コラムをまず先に読んでいるという読者の方がいるのを知りました。

本当に、読者の方々には、「すみません!」と頭を下げたい気分。
いまは、すべての原稿を読んで、そのアンカーとして原稿を書かねばならない立場。
校了間際の数時間で、原稿を書き殴っているのが現状なのです。
かつての版元にいたときのように、推敲なんてしている暇は、残念ながら、ありません。
それでも、私の原稿を読んでくれている読者がいるということを肝に銘じて、
かつてのように、魂を削る思いで、執筆しなければと、
気持ちをあらたに、原稿用紙に、もとい、Macに向かう所存です。

読者の方々に支えられているというのを、
本当に最近、しみじみと感じている今日この頃。
週末は、台風が接近中という天候のなか、集まって頂いたBMWERの読者の方々に、
少しはご恩返しができたでしょうか。




あらためて誓い

| Category: | コメント(0)

今月は、入稿の最後の最後で、あまりにもショックなことが起きて、
まったく原稿を書くことが出来なくなりました。

熊本市に住む母は無事でした。
小学校の頃の友人達も無事でした。
ホッとしていたのも束の間。

流れてくるニュース映像があまりにも......。

小学4年の2学期から高校を卒業するまで住んでいた熊本市。
熊本城の真下にある小学校に通っていたので、
二の丸公園も含めて、遊び場だった熊本城。
小学6年生の頃、読売新聞(地方版)から依頼があって、
写生大会で二の丸公園から描いた水彩画の熊本城を、
ペンで書き直したことがありました。
いま思うと、それを反射原稿にしたのでしょう。
コントラストの強い原稿でないと、新聞で使えなかったんでしょうね。
それにNHKで(大調査熊本城、というタイトルだったかな)、
私が通う5年1組のクラスで熊本城について調査する、という番組がありました。
そんなわけで、人一倍、熊本城には思い入れがありました。
あの熊本城の石垣が、無残に崩れているなんて。
──いまも信じられない。

57号線も、中学生の頃、自転車で阿蘇山を登ったときに通ったことをはじめ、
いまの職業に就いてから何度も試乗で走った、とてもとても思い出のあるルート。
気持ちのよいワインディングだったのに。

家族だけで行った結婚式で誓いを立てた阿蘇神社。
小学生の頃から遊び場でもあった下通りや上通りのアーケード......。
思い出の場所は、たくさんあります。
そのどれもが、TVのモニターに無残な姿で映っています。

父が転勤族だったので、自分のことはデラシネだと思っていましたが、
精神的なものは、熊本で培われたものが大きかったんだと、
いま強く感じています。

直接は、現地に行くことはできません。
しかし、311のあのときと同じように、
自分は粛々と、いまできることを手を抜かずやり遂げることしかできません。

つい先日、3月26日発売のROSSO巻頭コラムで、311を振り返った原稿を書いたばかりでした。
少しでも、ひとりでも、私の携わる雑誌で元気になれたら、
これほど嬉しいことはございません。

画像はクリックすると拡大します。
ROSSO226_P013.jpg

表示




春のスニーカー祭り

| Category: | コメント(0)

ニューバランサーとしては、
久しぶりに店頭で見つけてしまったので入手。

IMG_2918のコピー.jpg

ドライビングシューズとして、
いつも一足は持っていたこのタイプですが、
ここ10年近く、持っていませんでした。
というのも、好きなカラーのM320を入手できなかったから。
久しぶりにゲットできたので、ドライブが楽しみ〜。

ただいま春の物欲魂、発動中〜!




平和な夜明けを迎えられそうです。

| Category: | コメント(0)

先週、ロールス・ロイス・ドーンのお披露目会に招待して頂きました。
そこで頂いたのが、ドーン(夜明け)を表現した和菓子。
地平線から徐々に陽が昇り、空が朝焼けに染まる一瞬を表現しています。
黒ごまは、佇むドーン(ロールスね)を象徴しているのだそう。
あっさりした漉し餡が入っておりました。

20160321_IMG_2398.jpg

上品な味を堪能しながら、マラガの夜を思い出しました。
ランボルギーニ・ウラカンの国際試乗会。
試乗会のテーマは、DUSK AND DAWN
そのときのディナーの最後に出てきたのが、これ。

20160321_IMG_2318.jpg

中身は、とろりとしたチョコレート。
このとき、このデザートは夜明けを表したのだろうなぁ、と漠然と思ったのです。

日本とヨーロッパでは、こうも夜明けの表現が違うのですね。
そして、ようやく校了した編集部にも、久しぶりに休日の朝がやってきそうです。




ホテルを書斎環境にしてみると......

| Category: | コメント(0)

Wi-Fiの速度が遅いことを除けば(大容量のデータのアップ&ダウンロードできず)、
出張先のホテルとはいえ、かなり環境がよくなりました。
実戦投入が初となるG7Xも、まずまず。

IMG_0261.jpg

しかし、時差ボケはないのかといえば、
普段から不規則な生活なので、その延長という感じ。
帰路のフライトは、仕事できそうもありませんね......(涙)。




動機は友人と同期するため......?!

| Category: | コメント(0)

ずっと、かたくなに始めなかったLINE。
大学の友人の集まりで非難されようが、
ROSSOガール複数に、「なんでニシヤマさんLINEやんないんですか〜?」と言われようが、
家人に説得されようが、
とにかく、個人的なポリシーから、ぜったいにやらないと決めてました。

しかし、ある事情からLINEを始めることになりました。
ある方と出会って10分後に、その方の手ほどき、
というか、直接私のiPhoneを操作して、登録して頂きました(感激!!)。

IMG_0029.jpg

日本旅行作家協会の会合で、
兼高かおるさんに初めてお目にかかったとき以来の衝撃。
そんな出会いだったので、迷うことなくLINE生活をスタートさせてしまったというわけです。
人との出会いは一期一会。
せっかくのチャンス、ありがたく繋がっておきました。

が、問題が。
一晩経過したら、なんかお友だちがたくさん......。
人任せだったので、こんなところに落とし穴が......。
とりあえず、ほぼすべてをブロックしてしまいました。
ありがたくメッセージを頂いたりもしましたが、
正直、スタンプ捺すのって苦手だし、なんか、LINEでの言葉の表現はちょと......。

お仕事に結びついたら、LINEは封鎖する予定ですので、
今までどおり、メールか、さもなくばFacebookのメッセージでよろしくお願いいたします。

※気の利いた、センスのよいスタンプって、ないんですかね?




立派になってかえってきました

| Category: | コメント(0)

常にカバンに入っていたS100が、昨年ご臨終しました。

それからというもの、常にM3を持ち歩かねばならないという、
とても不便な生活を送っておりました。
取材やその他もろもろ、片手でズームができて撮影できるコンデジは、
やっぱり重宝します。

IMG_9865.jpg

そこで、ようやくコンデジを入手。
S100のいわゆる後継機種がないため、G7Xになってしまいました。
つまり、大きくなってしまいました。
G7Xが欲しかったのではなく、あくまでもS100の後継機種がなかったから、仕方なく(笑)。

ストラップだけ、S100で使っていたものを流用。

これで機動力アップ!
ブログの写真も気軽に撮影できます。
あ、FacebookとInstagramも......。

みなさま、いいね! よろしく。






プロフィール

profile

西山嘉彦

大学卒業後、ドキュメンタリー映像の助監督を経て出版業界へ。某建築雑誌で編集技術をマスターし、縁あってクルマ系雑誌編集部へ移籍したのが運の尽き。以来、カメラ雑誌、グラビア誌、BMW専門誌など自分の興味あることを中心に雑誌を立ち上げ、AUTOCAR JAPAN副編集長としてネコ・パブリッシングに移籍。現在、ROSSO/BMWERの編集長を兼任。座右の銘は「吾唯足知」って、ウソ。本当は物欲が抜けきらない、煩悩のカタマリ。いつも心の中でお経のように「吾唯足知」と唱えて、心を諫めているのでした。日本旅行作家協会会員。

2017年1月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

アーカイブ

 

趣味の総合出版社 ネコ・パブリッシング
Copyright © 2005-2015 NEKO PUBLISHING CO.,LTD. All right reserved.