趣味の総合サイト ホビダス

我が輩はパパであるの最近の記事

ルーズリーフが使えないとはね......

| Category: | コメント(0)

愚息①が、中学校へ進学しました。
ということで、一緒に文房具を買いに。
自分がそうであったように、中学校からはルーズリーフだよな〜っと、
教科にあわせて、マス目や罫線......のルーズリーフを購入。
そろそろ、愚息にもノートの取り方を伝授しようと思ったのですが......。

な、なんと、ルーズリーフ禁止だそうで......。
はぁ?
なんで?
もし仮に宿題とかで提出しなければならないとしたら、ファイルにはさんで提出すればいいし、
ノートなんかよりよっぽど便利だと思うんですけど。

20150420_1.jpg
(写真は自分が学生の頃のルーズリーフ。当時のマイブームは「無地」でした)

私が中学生の頃、教科書よりも分厚い参考書を、
さらに自分に合うようにまとめていました。
そのころのルーズリーフは、すべて当時通っていた塾に寄贈。
というか、見本にするからと、塾長にいわれて差し上げました。
小学生の頃から壁新聞とか、得意にしていたけれど、
やっぱり中学生の頃のルーズリーフにまとめていた経験が、
いまの雑誌の編集能力に活かされていると思います。

どうしてノートでなければならないのか、
その理由を問うてみたいのですが、
ただのモンスターナントカと思われるのも癪だし、
そもそも小中学校の先生って、なんか苦手だし......。

まだ、愚息の通う中学校を見学したことがないので分かりませんが、
近頃は髪型(色も含めて)や制服、
女子に至っては化粧していたりするのはスルーしているところが多いように思います。
そんな身なりに限って、「自由」や「個性」を尊重して、
どうして、ノートの取り方を規制されなければならないのか、まったく分かりません。

とはいえ、子どもは学校に人質にされているみたいなものだし......。

まぁ、騒ぐと家人や子どもに迷惑がかかるので、静かにしていようと思います。




踊り場

| Category: | コメント(0)

愚息①②が通う小学校の階段踊り場。

20141119_IMG_3277.jpg

自分が通った小学校ではないのだけれども、
なぜ、こうも懐かしい気持ちにさせられるのだろう。
不思議。

引っ越しが多かったため、
自分が通ったいくつかの小学校は、
もう遠い記憶の中と、
そして集合写真の中だけの存在だけれども、
学校行事で頻繁に母校を訪れている家人は、
どんな気分なのだろう......。それも不思議。




物欲ハート発動中

| Category: | コメント(0)

今月も締切前の物欲魂発動。
Facebookでつながっている人は、その理由は分かると思いますが、
わたせせいぞうのハートカクテル(文庫版全6巻)。

20141015_IMG_2797.jpg

文庫版というのが私のこだわり。
文庫マニアなのでね。

さあ、これから30km離れた自宅まで、
360psのエンジンに鞭打って、第三京浜を走るとしよう。
颱風が過ぎ去って、いつもより澄んでいる夜空に輝く星が5度傾いた頃、
ボクはカノジョ(と、愚息①②)の幸せそうな寝顔に逢えるはずだ。
そして熱いシャワーを浴び、もうひと仕事片付けるとしよう。




疑ってゴメンナサイ

| Category: | コメント(0)

約束を破ってゲームばかりする愚息①は、
家人にDS3を取り上げられてしまいました。
そこで、私のiPod touchでこっそり遊んでいるようです。
書斎のミニカーの位置がずれていたので、
ずいぶんあちこち探していたんだなと思っていました。

20140723_IMG_0409.jpg

書斎に引き籠もって原稿を執筆していると、
愚息①が、「パパのクルマ」と言って自分でつくったLaQを持ってきました。
ああ、これを作るためにミニカーを持ち出したのね。
わが子を疑った自分が情けないっ。

リアウイングとボクシーなスタイルとルーフアンテナ、
特徴を捉えてます。
よく出来ました。




外道の父親

| Category: | コメント(0)

週末、愚息との約束を果たすべく海へ。
釣りに連れて行くと約束したものの、
どこに、何を釣りに行けばよいのか分かりません〜。
九州なら経験に裏打ちされたポイントがあるんですけど。
ということで、いつも遊びに行く三浦半島へ。
ベラとかなんか、それっぽいのが釣れるでしょ〜、という安易な発想。

20140429_IMG_7936.jpg

釣り以外でも、のんびりできたので家族サービスはバッチリ......?
っていうか、GW前半で家族サービス終了って......。

20140429_IMG_7951.jpg

しかも、釣ったのは外道ばかり。
(食べられない魚ばかり)
自分が幼い頃に父親に連れて行ってもらった釣りは、
陸っぱりから船釣りまで、爆釣が多かったなぁ。
イサキ、タイ、ハゼ、アジ......。
そんな釣りを、愚息にも経験させたい!
ということで、サトシ、よろしく〜!

パパは、国外に逃亡します。




ブルーの願い

| Category: | コメント(0)

iPhoneが使えなくなった今回の出張。
当然ながら目覚ましも使えないので、
万が一のために、ボローニャの€1ショップで目覚まし時計を購入。
€2でした。

20140301_IMG_6075.jpg

が、目覚まし機能をオンにすると、針が止まってしまうのです。
さすが300円弱の時計だ......。
で、時計をよく見ると、「Breaker」と書いてあるではないですか。
ナットクです。
モーニングコールで起こされるのはとても苦手なので、
自分時計で起きてます。
寝過ごすのが恐いので、睡眠時間短め&睡眠浅め。
ボローニャ最後の朝目覚めたら、
愚息①が昨夏につくってくれたミサンガが切れてました。
奇しくもブルーのミサンガ。
願い、叶うな〜、これは。

20140301_IMG_6076.jpg




子のプレーを観て考えを改めた夜。

| Category: | コメント(0)

ゴールラインから
ひとりでドリブルでパックを運んでゴールを決めるって、
きっと、超爽快なんだろうな〜。

20131229_IMG_9280.jpg

いつもはディフェンスとして、
誰よりも早く戻ってゴーリーを守り、
ゲームをよく見てフォワードにパスを出す。
決してスコアには残らないけれど、
チームの勝利のために貢献するようなプレーを心がけるようアドバイスしてますが、
でもやはり、こうしたプレー、親として誇らしい。
(親バカデスケド、ナニカ?)

先週の愚息②の決勝戦は観戦できませんでしたが、
今週の愚息①の決勝戦には立ち会うことができました。
先週に引き続き、今週も優勝!
やっぱ、てっぺんは気持ちイイ〜。
それに引き替え、私めときたら、先週のNCCRの成績は7位......。

よし、来年はリベンジ!
そう、心に誓ったのでした。

20131229_IMG_9314.jpg

愚息のようにクールにハイタッチきめてみたい......。




そろそろクリスマス

| Category: | コメント(0)

ニシヤマ家の12月恒例行事は、クリスマスツリーの設置から。

20131205_IMG_4617.jpg

わが家にクリスマスツリーがないことに気がつき、
愚息①がまだ3〜4歳頃に、夜なべして製作したクリスマスツリー。
いまでは愚息①と②が12月になると、ふたりで組み立てるのが恒例になっております。

そこで考えました。

将来、このふたりのどちらが、このクリスマスツリーを持って行くんだろう? と。
〜ん、もうひとつ製作するかぁ......、と思ったのですが、
ああ、そうか、クリスマス──というか12月になったら、
ふたりとも未完箱に帰ってくればいいんだなぁ、と。
そして、幼い頃にふたりで組み立てたことを懐かしんでくれればいいな、と。

いまは、このクリスマスツリーは、七夕の願い事よろしく、
サンタさんに、クリスマスの欲しいモノを書いて吊してあります。

iPadにiPod touch、かぁ......。
サンタさん、精密機械は作れないって、分かってるはずなのになぁ。




ライオンハート♥

| Category: | コメント(0)

先日、サツマイモで家人が愚息たちにおやつを作った模様。
そのおこぼれを、愚息②からもらいました。
「ぱぱ、ハートだよ♥ ひとつあげる〜」と。

20131102_2_IMG_2803.jpg

ふーん、いいねぇ〜。
愛情たっぷりで。
まー、結婚17年目ともなると、亭主留守でナントカですけどねー。
くやしいことに......。

というわけで、落書きしてやりました。

20131103_IMG_2803.jpg

甘いチョコより、
赤いワインより、
あの海辺より、
あの星空より、
ナントカですよ、悔しいけど。
っていうか、20年前はスレスレのミニだったのになぁ......。
はぁ。
オレも痩せないとなぁ。




弾丸夏休み_2013

| Category: | コメント(0)

ロケでは晴れ男、ではありますが、
プライベートでも晴れ男ぶりを発揮。

20130825_IMG_0520.jpg

奇跡的に海水浴。
ビーチは貸し切り状態。
──夏の最高の思い出。

20130825_SANY0798.jpg




  • 1


プロフィール

profile

西山嘉彦

大学卒業後、ドキュメンタリー映像の助監督を経て出版業界へ。某建築雑誌で編集技術をマスターし、縁あってクルマ系雑誌編集部へ移籍したのが運の尽き。以来、カメラ雑誌、グラビア誌、BMW専門誌など自分の興味あることを中心に雑誌を立ち上げ、AUTOCAR JAPAN副編集長としてネコ・パブリッシングに移籍。現在、ROSSO/BMWERの編集長を兼任。座右の銘は「吾唯足知」って、ウソ。本当は物欲が抜けきらない、煩悩のカタマリ。いつも心の中でお経のように「吾唯足知」と唱えて、心を諫めているのでした。日本旅行作家協会会員。

2016年9月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

アーカイブ

 

趣味の総合出版社 ネコ・パブリッシング
Copyright © 2005-2015 NEKO PUBLISHING CO.,LTD. All right reserved.