趣味の総合サイト ホビダス

FIAT & ALFA ROMEOの最近の記事

GWは松濤へGO!

| Category: | コメント(0)

みなさま、GWはいかがお過ごしでしょうか?
小生は明日からの出張前に仕上げなければならない事務処理等々に追われております。
そんなわけで、誕生日はスペインで迎えることになりそうです。
3年前、フライト中に気がついたら歳とってた......、よりはマシですね。
きっと目覚めのよい朝とともに、誕生日を迎えることになるでしょう......(涙)。

20140429_IMG_7251.jpg

さて、都内でGWをお過ごしの皆さまにニュースです。

人気連載の「ディーラー美女を捜せ!」のコーナーで取材させて頂いた
フィアット/アルファロメオ松濤さまから嬉しいお知らせ。

ただいま、ROSSO No.203を持参の方に限り、
「ミネストローネROSSO」のスープを無料サービス中です。
ショールームには、「BERLINA 松濤CAFFÉ」が併設されていて、
そこでランチを取る方は、ぜひともこのROSSOなスープもご一緒に。
オススメは、パニーニ。
アルファロメオとフィアットを眺めながら、
GWの午後をお過ごしになってみて下さいませ。
ちなみにこのサービスは、5月15日までです。




イタリア車巡礼外伝──01

| Category: | コメント(0)

のぼるべきか否か、それが問題。

20130527_IMG_7259.jpg

ま、さすがに階段はムリですけどね。




虹と四つ葉のクローバー

| Category: | コメント(0)

本日、あさ4時起き。
さすがにしんどくて、なかなかベッドから起き上がれませんでした。

しかし、本日撮影と試乗のために訪れた伊豆でちょっといいことが。

20130423_01.jpg

撮影の合間に空を見上げると、そこに逆さ虹(と云うのかどうか知りませんが)。
キレイだなぁ〜、と眺めていると、今度は虹が二重に。

20130423_02.jpg

こんな虹は初めて見ました。


縁起がよさそうなので、
アルファロメオのクアドリフォリオと一緒に。

20130423_03.jpg

なんかいいことありそう。
少なくとも、早起きした甲斐はあったかな。




校了後のお約束──その2

| Category: | コメント(0)

校了後、息つく間もなくこんどは茨城へ早朝より取材。
年度末のせいか、東名高速〜首都高速3号線ではまってしまいました。
予想よりも到着時刻がずれ込んで......。
先方から指定された時刻より15分も遅刻して到着。
しかし、きちんと技説から試乗まで堪能して参りました。

20130325_01.jpg
(都合により、一部画像を処理しています)

久しぶりのバンク走行──!
たのし──!

さて、無事に取材を終え、帰宅......なのですが、
最寄りのICまで、90分はかかってしまうという辺鄙な場所で。
気がつくと、先導はK村カメラマン。

20130325_02.jpg

そして、後方よりプロドライバーのN川さん。
無言のプレッシャー。
「ニシヤマさん、ライン取り無茶苦茶ですよ」
と、つぶやいている様子が想像できてしまいます。

20130325_03.jpg

ガス欠間近というのに、
なんか体育会系のノリで帰路を愉しみました。
これも、マニュアルのクルマだったから。
アバルト500、掌サイズで愉しいクルマです。




校了後のお約束──その1

| Category: | コメント(0)

校了後、息つく間もなく長野へ早朝より取材。
年度末のせいか、どこも非常に混んでます。
予想よりも到着時刻がずれ込んでしまいました。
とはいえ、先方との約束の時刻より30分も前に取材場所に到着。
無事に取材を終え、帰宅......なのですが、
もう1本、撮影を。

20130325b_01.jpg

ということで、妙義山を攻めてきました。
妙義山と云えば、イニシャルDの舞台にもなった峠。
やはり、こんな峠はマニュアルで運転した方が愉しい。
今回のお伴は、アバルト500。

20130325b_02.jpg

タイトなコーナーの連続である妙義山に、マッチするんです。
以前、現行SLで走ったときは、ちょっと持て余しましたしね。
パワーもサイズも。
アバルト500、掌サイズで愉しいクルマです。
今回試乗したアバルト500は、ボディもホワイト一色で、
プレーンな印象がまた、いいんです。
主張しすぎないところが。




男前ジュリエッタ

| Category: | コメント(0)

校了後の定例イベントと云えば、ひとりヤビツ峠。
(近頃、とんとご無沙汰しておりますが)
雪も降ったことだし、行ってみますかということで、
久しぶりに早朝からヤビツ峠へ。

20130127_01.jpg

アルファDNAを「A=オールウェザー」に切り替えて、
秦野中井から上っていき、ヤビツ峠で折り返し。
さすがに、その先はサマータイヤだと危険なので。

......と、写真を撮っていたら、宮ヶ瀬方向から、
スタッドレスタイヤを装着したNBロードスターが、
お尻を振りながら目の前を駆け抜けていきました。

......脱帽。
雪が降って喜ぶのは、犬と走り屋だけですね。

20130127_02.jpg

でも、ジュリエッタもなかなかに男前なんですよ、コレが。
しかも、見くびっていたスプリントが、実はかなりイイ感じでして、
乗るたびにグググッと、惚れてしまったというわけです。
そして、校了後のヤビツ峠にもうひとつの楽しみを見出したのでした。
(たぶん、続く)




はたらく500

| Category: | コメント(0)

イタリアのとある空港で、移動のバスから、
漫然と車窓から見える景色を眺めていると、
見慣れたクルマが脇を走り抜けていきました。

20120922b_01.jpg

ん?
見覚えのあるクルマ。もしや......。

20120922b_02.jpg

そう、フィアット500でした。
イタリアの空港では、小さいながらもしっかりと、
働くクルマとして頑張っていました。

20120922b_03.jpg

そしてイタリアから戻った成田空港では、
フィアット500C(しかもGUCCIバージョン)が、
わたしを迎えてくれたのでした。
いやぁ、働き者だ、500。

20120922b_04.jpg

イタリアでは、こんなフィアットも働くクルマとして活躍中なのでした。




シアワセの

| Category: | コメント(0)

本日発売のROSSO181の校了真っ最中にお借りしてきたジュリエッタ。
グレードは、"クアドリフォリオ ヴェルテ"。
詳しくは、追々ブログアップ、もしくはROSSO182でレポートしますが、
このクアドリフォリオに乗るようになってから、
なんだかラッキーなことが、舞い込んできているような気がします。
縁起のいいクルマだなぁ、なんて思っていましたが......。

20120626_01.jpg

なるほど。
四つ葉のクローバーがフロントフェンダーに。
納得です。

いろいろ変化がありそうで楽しみな2012後半。
そんな私は、しばらく留守にします。




気になるリカちゃんとジュリエッタ

| Category: | コメント(0)

誕生日である5月3日アップした記事が、表示されたりされなかったり......。
どうも調子悪いようだったので、その後、ブログをアップしませんでした。
どうやら、本日復旧した模様です。

さて、同じ誕生日にリカちゃん(人形のね)がいることが判明。
どおりでリカちゃん、幼い頃からどうにも気になる存在でした。
きっと、バービースタイルではなく、リカちゃんみたいなスタイルが好きなのは、
誕生日が同じだからなのだと、妙に納得いたしました。

ところで、最近気になるのが、リカちゃんではなくてジュリエッタ。
ファーストコンタクトは、体調と精神が最悪な状態だったこともあって、
世間の評価ほど高くはなかったことは確か。
しかし、ジュリエッタ、紛れもなくアルファロメオでした。
乗るほどにどんどん楽しくなっていく。

20120507_01.jpg
(CASIO EXILIM EX-ZR100で撮影:HDR ARTモード)

そこで気がついた点がひとつ。
ジュリエッタは、心の鏡であるということ。
ジュリエッタのドライブは、私の精神状態をそのまま反映してしまうのです。
つまり、イケイケの時は運転が大変楽しい。
逆に、沈み込んでいるときは、それなりに。
ということで、ジュリエッタに乗って、自分の精神状態の波を掴んで、
コントロールできるようになりました。
さらに転じて、
沈んでいるときでも、ジュリエッタをドライブしているとハッピーな気分になるまでに。
改めてイタリアのクルマは生き物のようだと再認識した次第です。
ATですが、ほとんどのシーンでパドルもしくはシフトで変速していますが、
本当のMTだと、どれほど楽しいか、ちょっと試してみたいものです。




甘〜いジュリエッタの初仕事

| Category: | コメント(0)

先週より、お仕事のパートナーとして、
ジュリエッタがやってきました。
そこでさっそく、広告部W参謀と一緒に、
新木場で開催されている某発表会場へジュリエッタで乗り込んで参りました。
ジュリエッタを停める場所は、会場入口のまさにポールポジションの場所。
さすがジュリエッタ、VIP扱い(と、勝手に解釈)。
華やかな場所にもよく似合うジュリエッタなのでした。

20120327_01.jpg

ちなみに会場の中では、こんなマシンが発表されたのでした。
アウディR8 GTスパイダー。完売御礼。

20120327_02.jpg

週末は、知人に「あ、ジュリエッタ?」、「お洒落なクルマ〜!」などなど、
よく声を掛けられました。ジュリエッタ、侮り難し。
久しぶりのアルファ ロメオなのですが、
世のイメージは、洒落たクルマなんですね、今も昔も。
そこで、ジュリエッタに乗るときは、服装と髪型に気をつけようと、
心に誓ったのでした(特に、人の多い場所でジュリエッタから降りるとき)。




  • 1


プロフィール

profile

西山嘉彦

大学卒業後、ドキュメンタリー映像の助監督を経て出版業界へ。某建築雑誌で編集技術をマスターし、縁あってクルマ系雑誌編集部へ移籍したのが運の尽き。以来、カメラ雑誌、グラビア誌、BMW専門誌など自分の興味あることを中心に雑誌を立ち上げ、AUTOCAR JAPAN副編集長としてネコ・パブリッシングに移籍。現在、ROSSO/BMWERの編集長を兼任。座右の銘は「吾唯足知」って、ウソ。本当は物欲が抜けきらない、煩悩のカタマリ。いつも心の中でお経のように「吾唯足知」と唱えて、心を諫めているのでした。日本旅行作家協会会員。

2016年9月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

アーカイブ

 

趣味の総合出版社 ネコ・パブリッシング
Copyright © 2005-2015 NEKO PUBLISHING CO.,LTD. All right reserved.