趣味の総合サイト ホビダス

ROSSOの最近の記事

あらためて誓い

| Category: | コメント(0)

今月は、入稿の最後の最後で、あまりにもショックなことが起きて、
まったく原稿を書くことが出来なくなりました。

熊本市に住む母は無事でした。
小学校の頃の友人達も無事でした。
ホッとしていたのも束の間。

流れてくるニュース映像があまりにも......。

小学4年の2学期から高校を卒業するまで住んでいた熊本市。
熊本城の真下にある小学校に通っていたので、
二の丸公園も含めて、遊び場だった熊本城。
小学6年生の頃、読売新聞(地方版)から依頼があって、
写生大会で二の丸公園から描いた水彩画の熊本城を、
ペンで書き直したことがありました。
いま思うと、それを反射原稿にしたのでしょう。
コントラストの強い原稿でないと、新聞で使えなかったんでしょうね。
それにNHKで(大調査熊本城、というタイトルだったかな)、
私が通う5年1組のクラスで熊本城について調査する、という番組がありました。
そんなわけで、人一倍、熊本城には思い入れがありました。
あの熊本城の石垣が、無残に崩れているなんて。
──いまも信じられない。

57号線も、中学生の頃、自転車で阿蘇山を登ったときに通ったことをはじめ、
いまの職業に就いてから何度も試乗で走った、とてもとても思い出のあるルート。
気持ちのよいワインディングだったのに。

家族だけで行った結婚式で誓いを立てた阿蘇神社。
小学生の頃から遊び場でもあった下通りや上通りのアーケード......。
思い出の場所は、たくさんあります。
そのどれもが、TVのモニターに無残な姿で映っています。

父が転勤族だったので、自分のことはデラシネだと思っていましたが、
精神的なものは、熊本で培われたものが大きかったんだと、
いま強く感じています。

直接は、現地に行くことはできません。
しかし、311のあのときと同じように、
自分は粛々と、いまできることを手を抜かずやり遂げることしかできません。

つい先日、3月26日発売のROSSO巻頭コラムで、311を振り返った原稿を書いたばかりでした。
少しでも、ひとりでも、私の携わる雑誌で元気になれたら、
これほど嬉しいことはございません。

画像はクリックすると拡大します。
ROSSO226_P013.jpg

表示




カメLOVE発足!

| Category: | コメント(0)

最近、「ブログの更新がないですね」と、いろんな人に言われてしまうダメなニシヤマです。
ROSSOとBMWERと個人のFacebookにInstagramやってると、
ブログまでネタが残っていないのが実情です。
これからは、なるべく意識してブログもアップしていきますが、
ROSSOとBMWERのFacebookに「いいね!」もお願いいたしますね。

ROSSO
https://www.facebook.com/rossomag

BMWER
https://www.facebook.com/bmwer.mag


さて、ROSSOの連載(SHORT SHORT)にて、
新コーナーが誕生しました。
その名も「カメLOVE」。
写真とカメラをこよなく愛するコーナーです。
そこで、OLYMPUS PENに引き続き、気になるカメラをレポートいたします。

20150823_IMG_3902.jpg

その名も、Nikon 1 J5。
Nikonなんて、COOLPIX8700以来ぶり。
さあ、使いこなせるか否か。
まずは、アストンマーティンV12ヴァンテージSの撮影のお伴に連れ出しました。
アストンの内装に、意外とマッチしていたのでご報告。
そして、ROSSOやBMWERのFacebookにNikon 1 J5で撮影した写真をアップする際は、
「ROSSO × Nikon 1」のクレジットを入れてますので、ごらんになってください。

本日から、ブログをアップするだけの時間的ゆとりのある生活を送れますように......。




488GTBのその前に

| Category: | コメント(0)

締切前なのに、なかなかデスクに落ち着いていられない今週。
本日も朝からフェラーリ488GTBの発表会へ。

20150513_IMG_0662のコピー.jpg

ジュネーブで見るよりも、日本で見た方が親近感が湧いてしまうのは、
どういった心理なのでしょうね。
うーん、はやく488GTBを走らせてみたい......。
まずは、そのサウンドだけで満足するとしましょう。
ただいま、ROSSOとBMWERのダブル締切なので。

私の編集者史上、こんなにヤバイ進行はないという状況。
3カ月おきに、そのヤバさ具合は悪化しておりますが、
心持ちは逆に平静になりつつあるという、
一種のニルヴァーナの境地に入りつつあります。

488GTBのサウンドを愉しみたい方はコチラをご覧下さい。




パリ・モーターショーのまとめ(その2)

| Category: | コメント(0)

パリ・モーターショーでクルマを撮影していて、ふと思いました。
これからは、撮影をお願いするとき、
美しい女性カメラマン(女性フォトグラファー)にしよう、と。
なぜならば、辛いロケも、きっとがんばれるだろうから。

20141003_IMG_7117.jpg
20141003_IMG_3805.jpg

芸術の都パリでは、カメラマンも美しいのでありました。




パリ・モーターショーのまとめ(その1)

| Category: | コメント(0)

パリ・モーターショーですから、華やかにレポート。
クルマの情報が知りたければ、よそを当たって下さい。

英国の女優、ロージー・ハンティントンと
ディスカバリー・スポーツ。

20141003_IMG_6743.jpg

スーパーモデルのクラウディア・シファーが現れたのは、
オペルのプレコン会場。

20141003_IMG_7829.jpg

パリですからね、パリ。




校了祭りの宴のあと

| Category: | コメント(0)

校了祭りは、宴のあと。
帰宅して書斎で事務仕事していますが、
一昨日なんですね、出社したの。
つまり、不眠不休でもうすぐ48時間ほどになるのですが、
今月はいろいろと大変でした。
なぜならば、ROSSO、表紙も含め大幅にリニューアルします。

20140919_IMG_0750.jpg

みなさま、お楽しみに。
ROSSOほどクルマを美しく撮影しているクルマ雑誌もそうそうありませんから。
手前味噌ですが、今月のミュルザンヌの写真を見て、本当にそう思いました。

カメラマン、ジャーナリスト、デザイナー、
そして関わってくれたスタッフの皆さまに、
本当に心から感謝。
まだ、完璧ではありませんが、
数ヶ月掛けて、素晴らしい雑誌へとROSSOは生まれ変わります。
そのために、かつてのティームニシヤマのブレーンにも召集令状が届いているはず。
いやあ、ワクワクしますね。


というわけで、ちょっとだけ日本を離れます。




UFOを呼ぶ女

| Category: | コメント(0)

真夜中のドライヴの撮影の途中。
モデルさんから頼まれて彼女のスマホで記念撮影。
連続して、3〜4枚ほど撮影したのですが、
最初の2枚に写っていたのが......。

20140726_IMG_9385.jpg

UFO?
5秒以上間隔をあけて撮影したのにもかかわらず、
まったく同じ位置に未確認飛行物体が写ってました。
さらにこの次のカットには、まったく写っておらず、
驚いて夜空を見上げるも、そのような光はどこにも見当たらず......。
謎は深まるばかりです。




女神降臨

| Category: | コメント(0)

ながいことフラッシュ睡眠だけしていたら
ようやく編集の女神が降臨してきました。

そこでたとえば、レースクイーンに
レースに勝利をもたらしてくれる女神のコスプレはいかがでしょうか。

勝利の女神と言えばニケ。
しかしニケには翼があるので、
アテナイの女神(戦争と武勇の女神)あたりで。

20140718_IMG_0833.jpg

Nürburgringで見かけたアテナイの女神。
ギリシア時代の大理石彫像のような力強さ。
彼女なら、勝利に導いてくれそうな気がします。




ニュルの空の下でRQ文化を思う

| Category: | コメント(0)
バンコクモーターショーの会場は、 日本のそれ系イベントをさらにエスカレートした感じでしたが、 ドイツ──ニュルブルクリンク24時間レースでは、 いわゆるカメコというのはひとりも見かけませんでした。 あくまでもモータースポーツ、クルマ好きが純粋に集まるイベント。 ちょっといいなと思ったら、女性でもRQの写真を撮る、そんなのんびりした空気。

20140718_IMG_0933.jpg

スマホで撮影した写真、何にするんだろう〜と疑問に感じつつ、
そんな私もどこで使うか分からない(つまり誌面では使えなかった→ブログであげとくか〜程度の)写真をパシャリ。

20140718_IMG_0845.jpg

コスプレっぽい日本のRQのコスチュームと違って、
なんかフツーっぽい感じがいいのかも。
9時間耐久レースのコスチュームの参考までに。
でも、網タイはなしだな〜。




耐久レースも校了もお祭りです

| Category: | コメント(0)

校了日はお祭りです......。
そう、ROSSOとBMWERのダブル校了の月は、
盆と正月が一緒に来たかのようなお祭り騒ぎ。

20140718_IMG_0870.jpg

耐久レースも同じくお祭り騒ぎなのは、
人間、ツライことに自ら挑むときは、
テンション高くなるんですかね〜。

というわけで、リクエスト通り正面から。

20140718_IMG_0876.jpg




  • 1


プロフィール

profile

西山嘉彦

大学卒業後、ドキュメンタリー映像の助監督を経て出版業界へ。某建築雑誌で編集技術をマスターし、縁あってクルマ系雑誌編集部へ移籍したのが運の尽き。以来、カメラ雑誌、グラビア誌、BMW専門誌など自分の興味あることを中心に雑誌を立ち上げ、AUTOCAR JAPAN副編集長としてネコ・パブリッシングに移籍。現在、ROSSO/BMWERの編集長を兼任。座右の銘は「吾唯足知」って、ウソ。本当は物欲が抜けきらない、煩悩のカタマリ。いつも心の中でお経のように「吾唯足知」と唱えて、心を諫めているのでした。日本旅行作家協会会員。

2016年9月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

アーカイブ

 

趣味の総合出版社 ネコ・パブリッシング
Copyright © 2005-2015 NEKO PUBLISHING CO.,LTD. All right reserved.