趣味の総合サイト ホビダス

今月も一輪車で綱渡りのような......

| Category: | コメント(0)

ひと月のうちで、もっとも至福の時間。
信頼できるデザイナーからの上がり待ちだけの時間。

映像だと、EED編集が終わって、MA編集しているときのような......。
(オレ、もう指示出しだけしかやることないもんね〜みたいな)
つなげた映像に、ピタリと音楽が合致したときの、あの何とも言えないコーフンもよかった。

数ヶ月前から企画して撮影して原稿書いて......
それらがひとつに収斂して、作品として生命が吹き込まれてくる瞬間。
読者の方々からの嬉しい反応もシアワセですが、
その前に、作り手としてシアワセな瞬間を迎えることが出来るのです。

しかし、今月のダブル校了は、いままでになくタイトでハードでシンドかった......。
歳のせい? なんて一瞬思ったほどに。
しかし、よくよく思い起こしてみると、先月の校了後そのままズーハイ、
そしてパリへと出張していたんですね。
そもそも時間がなかったんだと。

そして、遠い遠いそれら異国での思い出が、ひとつの事柄でシンクロしました。

20141024_IMG_2200.jpg
ズーハイのサーキット前にて。

20141024_IMG_3463.jpg
こちらは、パリのとある公園の横にて。

この一輪車、どうやってスピード調整しているんだろう。
乗ってみたい......。




校正の強い味方

| Category: | コメント(0)

月刊誌雑誌編集者として、重要な校正シーズンがやって参りました。
校正で大切なのが、校正紙に的確に赤字を入れることです。
大切なのは、「誰が見てもわかるように指示する」ということです。
変体仮名をしらないデザイナーや印刷所のスタッフでも、
どんな人が見ても、すぐに分かる指示をしないとダメです。
こちらの意図や修正を、的確に間違いなく相手に伝えなければならないからです。

さて、校正紙に書く文字が美しいまでとは行かないまでも読める字でなければならないのは当然ですが、
写真を全面引きしたページや、地がBK100%だったりすると、
赤ペンでの指示がうまくできません。
そこでかつていろいろなペンで試してきたのですが、
ようやく納得のいくものに巡りあえました。

20141018_IMG_2915.jpg

シグノの太字、インクはホワイトです。
これまで普通のシグノのホワイトを使ってましたが、
インクのノリが悪くて、イライラしてました。
が、太字はこのイライラが解消し、スラスラ書けるのです。
問題は、まだ、校正まで現状で辿り着いていないと言うことです。

今月は季刊誌と同時に進行しているので、かなり、というか、いつも前回以上のタイトな進行中です。
ROSSOは、校了しました。




物欲ハート発動中

| Category: | コメント(0)

今月も締切前の物欲魂発動。
Facebookでつながっている人は、その理由は分かると思いますが、
わたせせいぞうのハートカクテル(文庫版全6巻)。

20141015_IMG_2797.jpg

文庫版というのが私のこだわり。
文庫マニアなのでね。

さあ、これから30km離れた自宅まで、
360psのエンジンに鞭打って、第三京浜を走るとしよう。
颱風が過ぎ去って、いつもより澄んでいる夜空に輝く星が5度傾いた頃、
ボクはカノジョ(と、愚息①②)の幸せそうな寝顔に逢えるはずだ。
そして熱いシャワーを浴び、もうひと仕事片付けるとしよう。




パリ・モーターショーのまとめ(その2)

| Category: | コメント(0)

パリ・モーターショーでクルマを撮影していて、ふと思いました。
これからは、撮影をお願いするとき、
美しい女性カメラマン(女性フォトグラファー)にしよう、と。
なぜならば、辛いロケも、きっとがんばれるだろうから。

20141003_IMG_7117.jpg
20141003_IMG_3805.jpg

芸術の都パリでは、カメラマンも美しいのでありました。




パリ・モーターショーのまとめ(その1)

| Category: | コメント(0)

パリ・モーターショーですから、華やかにレポート。
クルマの情報が知りたければ、よそを当たって下さい。

英国の女優、ロージー・ハンティントンと
ディスカバリー・スポーツ。

20141003_IMG_6743.jpg

スーパーモデルのクラウディア・シファーが現れたのは、
オペルのプレコン会場。

20141003_IMG_7829.jpg

パリですからね、パリ。




パリ激走(妄想)

| Category: | コメント(0)

ランチの空き時間を利用して、
パリと云えばお約束の場所を散策。

20141002_IMG_6597.jpg

アラン・ドロンが『冒険者たち』の映画のなかで、
飛行機でくぐろうとした凱旋門。
その他、『個人教授』のミウラが走るシーンや、
クロード・ルルーシュの『ランデブー』などの舞台にもなった場所。
一度、早朝のパリを激走したい......。




愛用のボダムのドラベルマグ。
もうひとつ予備で購入しようと、渋谷ロフトへ。
しかし、もう取り扱っていないとのこと。
ならばとネットで探すも......。
欲しいサイズとカラーがありません。
どうやら、コーヒーを淹れるトラベルプレスが最近の推しらしい。
付属でリッドも付いているので、仕方なく購入。
すると、やっぱりコーヒーも淹れたくなって、
コナコーヒーを買いに行かなきゃ、と思っていたら、
S井さんからハワイ土産。

20140926_IMG_2297.jpg

念ずれば通ず、ってやつですね。
ありがとうございます!




中国式のおもてなし

| Category: | コメント(0)

ほぼ2連続完徹で向かったのは、寶墨園でした。
中国式園庭をのんびりと散歩していました。

20140921_IMG_3292.jpg

中国の若者達の恋愛事情を取材しております(もちろんウソ)。
そして、中国美術をたっぷりと堪能させて頂きました。

20140921_IMG_3272.jpg

Facebookはつながりません......。




校了祭りの宴のあと

| Category: | コメント(0)

校了祭りは、宴のあと。
帰宅して書斎で事務仕事していますが、
一昨日なんですね、出社したの。
つまり、不眠不休でもうすぐ48時間ほどになるのですが、
今月はいろいろと大変でした。
なぜならば、ROSSO、表紙も含め大幅にリニューアルします。

20140919_IMG_0750.jpg

みなさま、お楽しみに。
ROSSOほどクルマを美しく撮影しているクルマ雑誌もそうそうありませんから。
手前味噌ですが、今月のミュルザンヌの写真を見て、本当にそう思いました。

カメラマン、ジャーナリスト、デザイナー、
そして関わってくれたスタッフの皆さまに、
本当に心から感謝。
まだ、完璧ではありませんが、
数ヶ月掛けて、素晴らしい雑誌へとROSSOは生まれ変わります。
そのために、かつてのティームニシヤマのブレーンにも召集令状が届いているはず。
いやあ、ワクワクしますね。


というわけで、ちょっとだけ日本を離れます。




締切は旅情を誘う

| Category: | コメント(0)

編集部と書斎に缶詰状態になると、
妙に旅情に誘われてしまうのはなぜでしょう。
(ちょいちょい、撮影で抜け出してますが......)

煮詰まった頭をリフレッシュすべく、昨年の今頃の写真を整理していたら、
こんな写真が出てきました。

20130913_IMG_1284.jpg

そして、缶詰状態になると、今月もネットショッピングしたモノ(本)が、
続々と家に届いてしまうのはなぜでしょう......。






プロフィール

profile

西山嘉彦

大学卒業後、ドキュメンタリー映像の助監督を経て出版業界へ。某建築雑誌で編集技術をマスターし、縁あってクルマ系雑誌編集部へ移籍したのが運の尽き。以来、カメラ雑誌、グラビア誌、BMW専門誌など自分の興味あることを中心に雑誌を立ち上げ、AUTOCAR JAPAN副編集長としてネコ・パブリッシングに移籍。現在、ROSSO/BMWERの編集長を兼任。座右の銘は「吾唯足知」って、ウソ。本当は物欲が抜けきらない、煩悩のカタマリ。いつも心の中でお経のように「吾唯足知」と唱えて、心を諫めているのでした。日本旅行作家協会会員。

2017年1月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

アーカイブ

 

趣味の総合出版社 ネコ・パブリッシング
Copyright © 2005-2015 NEKO PUBLISHING CO.,LTD. All right reserved.