趣味の総合サイト ホビダス

文庫本というタイムマシーン

| Category: | コメント(0)

校了前にAmazonでポチポチした本が、
次々と自宅に届いております。

20140522_IMG_8979.jpg

今月は、一眼レフカメラとかではなく、
東海道五十三次に関する本でよかった......。
出費が全然違いますからね。
(当然、一眼レフカメラは購入を断念した......)
さて、こうした文庫本をネットで購入するたのしみがひとつ増えました。

20140522_IMG_8980.jpg

なんと、刷られて流通した当時のまま、
しおりや新刊案内が入っているのです。
1996年7月といえば、わたくし、
映像製作会社から出版業界に転職しようとしていた頃。
独身最後の年。
当時は広末涼子さん、興味なかったなぁ〜。
いま見ても、興味なかった自分がよく分かる。
でも、頭抜けた何かを感じますね、いまなら。
おじさんになったと云うことなんですかね。

本とは違うところで、楽しめるのでした。




百代の過客だから

| Category: | コメント(0)

毎月、校了前になると再発するホシイホシイ病。
つまり物欲魂がむっくりと起き上がり、
ただいま、続々とAmazonから本が届いております。

20140517_01.jpg

東海道五十三次に関する書物。
これ、全部、次号以降の新連載(BMWERのね)のための資料なのです。
しかし、やっぱり「旅」はワクワクするなぁ〜。
いつも行き慣れた関西への旅路も、
角度を変えたら、まったく違う「旅」として成立する。
あ〜、はやく校了して出立したい。
月日は百代の過客にして、行きかう年もまた旅人なり。
これは吉田兼好の奥の細道(行き先が真逆)ですが、
なんだか、そんな気分。

20140517_02.jpg

そんなわけで、スーツケースにニュルのステッカーを貼りました。
そのワケは......。
こちらはROSSO関連で、ご想像にお任せいたします。

編集の神様が降りてきました。




ながいバースデー(後編)

| Category: | コメント(0)

つづきは帰国してから......と思っていましたが、
まだフライトまで時間があるので後編へ。

20140503e_IMG_8261.jpg

マラガ空港から地下鉄に乗って向かった先は、マラガ市内。
目指すは、ピカソミュージアム。
最寄りの駅で荷物を預けて、20分ちょっと歩いてミュージアムへ。
おかげで、ちょっと観光気分。
ピカソの生誕地を歩いて、ピカソが見ていた光を感じることができました。
しかも、そのピカソの作品を実際にみることも。

20140503_IMG_8299.jpg
20140503_IMG_8301.jpg

本当に、ラッキーな誕生日でした。
日本ではすでに4日の朝を迎えておりますが、
パリはあと2時間ちょっと、日付は3日のまま。
こちらでは、まだ誕生日と云うことで、ほんと長い1日だったのでした。

次は、ダリの生誕地フィゲラス、そしてポルト・リガトに行ってみたい......。
さあ、そろそろ帰るとしますか。




ながいバースデー(前編)

| Category: | コメント(0)

夜明け前に目が覚め、朝陽が昇るのを眺めながら、
波の音を聞きつつ、ひとりで朝食。
ちょっと思い出深い誕生日の朝になりました。

20140503_IMG_2334.jpg

が、11時には部屋をチェックアウトせねばならず、
マラガからCDGへのフライトは16:55。
その間の予定はなく、どうしましょ? と思っていたら、
やっぱり先達はあらまほしきことなりですね。
マラガをよく知る人と今回のツアーは一緒だったので、
予期せぬ素晴らしい時間を過ごすことができたのでした(次号につづく)。

たくさんの、オメデトウのメッセージ、ありがとうございます。




ことしは2度おいしい

| Category: | コメント(0)

日本時間で誕生日を迎えたので、
勝手にスペインでお誕生日を祝ってもらいました。
アスカリでは、日本のプレスを担当してくれたフランチェスカさん、
わたしとの身長差を目立たないようにするために、
さり気なく身体を弓なりにしてくれている配慮が......(涙)。
じゃない、ありがとう。

20140503_IMG_8240.jpg
(photo by YGさん)

そうこうしているうちに、現地時間でも日付が変わって、
改めて誕生日を祝ってもらいました。
いつもお世話になっている広報のIさん、ありがとうございました〜。
そして、シンガポール広報のミシェル(銀座ママ)、ありが、とー!

思い出深い夜でした。




旅の携行品

| Category: | コメント(0)

先日、ある人とお話ししているときに、
兼高かおるさんの著書の話になりました。
TV番組は観ておりましたが、
そういえば兼高さんの著書、読んだことがないことに気がつきました。
そこで、3冊ほど購入して、とりあえず1冊だけ読み終えました。
著書で紹介されていた兼高さんが旅に持参したモノがとても参考になりまして、
そのひとつを今回のスペイン試乗会に持ち込みました。

20140503_IMG_8234.jpg

ビーチサンダル。
兼高さんの本では、ゴム草履と書かれてましたが、
今風に云うと、ビーサンですかね。
ホテルの部屋ではゴム草履を履くとのこと。
確かに! スリッパよりもなんかリフレッシュしますね〜。
これからスーツケースに常備することにします。

20130503_IMG_8237.jpg

そしてもうひとつ。
訪ねた国のことをよく把握するために、
世界史の本を携行するとあったので、
購入したまま、書棚で眠っていた世界史の文庫本も持ってきました。
が、こちらはまだ1行も読んでおりません......。
たとえ読んだとしても、数ページで寝ちゃいそう、です。
(あ、時差ボケの時にそうした使い方もあるかも!)




最高の誕生日の迎え方

| Category: | コメント(0)

ウラカンを試乗してホテルに戻ってきたら、
Facebookで誕生日おめでとうのメッセージが多数。
そうかそうか、日本時間ではもう3日なんですね。
3年前、どのタイミングで誕生日を迎えるのかを考えましたが、
正味の時間が大切なので、日本時間で3日を迎えたときが、
地球上どこにいても誕生日! と勝手に決めたのでした。

20140503_IMG_7262.jpg

今年は、なんと、ウラカンを運転しているときに誕生日を迎えておりました〜。
Facebookを見るまで、まったく気がつきませんでした。
牡牛座だし、なんかランボルギーニとご縁があるのかな?
3年前もアヴェンタドールの試乗会で誕生日迎えたし......。
とにかく、いい1年になりそうな気がしております。

20140503_IMG_6786.jpg

スペインの見知らぬみなさまも、笑顔で祝ってくれております。




味覚の元はカップ麺

| Category: | コメント(0)

羽田で搭乗手続きをした際、すでにちょっと様子が変でしたが、
CDGからマラガまでのフライトは、エコノミーでした。
ほかの日本プレスはみなさん、カーテンの向こう、ビジネスクラスです。

20140501_IMG_8075.jpg

しかし、エコノミーだからこその愉しみ方もあります。
もちろん、食事なんてビジネスと違って有料です。
思い切り、エコノミーな感じを出すために、コイツを頼んでやりました。

20140501_IMG_8080.jpg

インスタントのカップ麺。
こんな異境の地のフライトで、キミに出会えるなんて思っていなかったよ。
コカコーラと合わせて6ユーロ。
隣に座ったフランス人夫婦のおばさんも同じものをオーダー。
カップをしっかりとテーブルに置き、
スプーンとフォークでお行儀良く食べているのが印象的でした。
カップを掴んでズルズル食べてる日本人のこと、どう感じたかは知りませんが、
これが本場の本当の作法ですから。

20140501_IMG_8086.jpg

ほら、製造元も「味の素」だし。
ちなみに、日本のプレスでエコノミーだったのは、
G編集部のN編集長とふたりだけでした......。




パリは午前4時〜8時

| Category: | コメント(0)

まだ、空港が目覚める前のこの感じが、実は好きだったりする。
トランジットでしか訪れたことのないシャルルドゴール空港の印象は、
いつもこんな感じ。

20140501_IMG_8052.jpg

ガラーンとした空港も、あと数時間経つと、人で溢れかえる。
震災後、1週間も経たずに降り立ったCDGでは、
散々な目に遭ったけれど、
今回は無事に、ラウンジでカフェオレとクロワッサンをゲット。

恵んでもらったわけではなく。

20140501_IMG_8060.jpg

空港に朝陽が昇り、誰もいなかったラウンジも、
ソファを捜す人がちらほら。
トランジットの時間が長いのをいやがる人もいるけれど、
自分は、空港で時の移ろいを感じられるので、実はまったく苦にならない。
できれば、ラウンジではなくて、一般の待合シートに座って、
行き交う人をただ眺めている方がいい。
しかし3年前、隣に座ったゲイの方からの熱視線以来、
慣れない土地では、安全な場所で休むようにしています。
だって、おれ、ノーマルだもの。




外道の父親

| Category: | コメント(0)

週末、愚息との約束を果たすべく海へ。
釣りに連れて行くと約束したものの、
どこに、何を釣りに行けばよいのか分かりません〜。
九州なら経験に裏打ちされたポイントがあるんですけど。
ということで、いつも遊びに行く三浦半島へ。
ベラとかなんか、それっぽいのが釣れるでしょ〜、という安易な発想。

20140429_IMG_7936.jpg

釣り以外でも、のんびりできたので家族サービスはバッチリ......?
っていうか、GW前半で家族サービス終了って......。

20140429_IMG_7951.jpg

しかも、釣ったのは外道ばかり。
(食べられない魚ばかり)
自分が幼い頃に父親に連れて行ってもらった釣りは、
陸っぱりから船釣りまで、爆釣が多かったなぁ。
イサキ、タイ、ハゼ、アジ......。
そんな釣りを、愚息にも経験させたい!
ということで、サトシ、よろしく〜!

パパは、国外に逃亡します。






プロフィール

profile

西山嘉彦

大学卒業後、ドキュメンタリー映像の助監督を経て出版業界へ。某建築雑誌で編集技術をマスターし、縁あってクルマ系雑誌編集部へ移籍したのが運の尽き。以来、カメラ雑誌、グラビア誌、BMW専門誌など自分の興味あることを中心に雑誌を立ち上げ、AUTOCAR JAPAN副編集長としてネコ・パブリッシングに移籍。現在、ROSSO/BMWERの編集長を兼任。座右の銘は「吾唯足知」って、ウソ。本当は物欲が抜けきらない、煩悩のカタマリ。いつも心の中でお経のように「吾唯足知」と唱えて、心を諫めているのでした。日本旅行作家協会会員。

2017年1月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

アーカイブ

 

趣味の総合出版社 ネコ・パブリッシング
Copyright © 2005-2015 NEKO PUBLISHING CO.,LTD. All right reserved.