趣味の総合サイト ホビダス
 

« アフロで見送り | メイン | 花見で遭遇、稲森いずみさん »

2009.4.02

●将軍ウエットスーツ

“将軍”という異名を持つ友人が「ウエットスーツを作りたい!」というので
その名に恥じないウエットを作りに行った。
悩み、選んだブランドはSCALES WETSUITS
HOD RODとカスタムカルチャー全開の将軍にぴったりのドメスティック・ブランド。

あれから半月・・・。
「できたぞー」というメールが将軍から届いた!!
それがコレ↓ やっば、超かっこいい!

BLACK×YELLOWのコントラストがシュール


腕には将軍の生き様を示す “SURF OR DIE”が刻印

SCALESはウエットスーツ職人YOKKIさんが主宰する100%ハンドメイド・ブランド。
元々は某大手ウエットスーツ会社に勤めていたが、ウエットを愛するあまり独立。
そして立ち上げたブランドがこのSCALES。

オーダーしに行ったときYOKKIさんは
「サーフボード・シェイパーは職人と呼ばれるのに
ウエットスーツメーカーは職人と呼ばない。これって不思議だと思わない?」
と言っていた。確かに、、、考えたことなかった。
同じモノ作りをしているのに、この差はなに・・・?
ま、ウエットはひとりで製作するものじゃないからだろうけど
SCALESはYOKKIさんがすべてひとりで仕上げている。
だからSCALESには、シェイパーがブランクスにサインをするのと同じように
YOKKIさんの責任の証がサインされている。
これって今までにない発想でとても斬新。
オレもオーダーだな、これは。



趣味がアートというYOKKIさんの描くPUNKなグラフィック。そして将軍印


Snapkin

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.hobidas.com/blogmgr/mt-tb.cgi/52920

コメントする

(初めてのコメントの時は、コメントが表示されるためにこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまでコメントは表示されませんのでしばらくお待ちください)