趣味の総合サイト ホビダス

W124-031 300E24近況報告

| Category:

DSC03270のコピー.jpg

本日は、自分の病院への定期通院のため、とても寒かった朝の8時過ぎにW124にて向かいました。昨日までの修理後初めての最初のエンジン始動でしたが、水温上昇に反比例してアイドリングが徐々に低くなり、水温が約80℃に達した時点でアイドリングが約700~800r.p.m.前後の規定回転数まで下がり、今迄のエンジン始動時の、いつまでもアイドリングが下がらない症状が完治した事が確認出来ました!
矢張り、今回交換した、オーバーロードリレー(OVPリレー)が原因だった事が判明しました!
尚、エンジン始動直後、フロントガラスの霜を取るため、デフロスター・ファンのスイッチを入れたところ、全くファンが始動せず、ヒューズボックスを確認しても、異常が無かったものの、該当の異常が見当たらない25アンペアのヒューズを交換したところ無事復活しました!
直近の走行は、39.1km、給油17.78l、燃費は2.19km/lでしたが、恐らくエンジン整備のためアイドリングが長かったための結果と思われます、
機関は絶好調にて、改めてW124の魅力に酔心する程でした!!!


2017年12月

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

アーカイブ

 

趣味の総合出版社 ネコ・パブリッシング
Copyright © 2005-2015 NEKO PUBLISHING CO.,LTD. All right reserved.