趣味の総合サイト ホビダス

絶好調なんだな(エラン)

| Category:

08020032.jpg

暑い日が続きますが、ケン・鈴木の介護の甲斐もあって、絶好調になりました。
実は何気に壊れたままだったドア・ハンドルも直って、ゴキゲンであります。
この模様は次号のレポートで御報告予定……つーことは、今から原稿を書かなきゃいけないってことなんですよねぇ。

ちなみにこの前の週末も、夕方ちょっと出動しました。いつもは近所の周回コース(皆さんも、近所にテストコースにしている場所があるでしょ?)を走るだけなのですが、気分が良かったので軽く東名を流してきました。いやぁキレイに吹けるロータス・ツインカムは良いわ。むふ。

あっちも・こっちも忙しいわ(ビートル)

| Category:

暑中お見舞い申し上げます。
週が変わって今日から8月。まさに盛夏という感じ、暑いはずです。
さてさて、遅ればせながらなんですが、NEKO PUBLISHINGの趣味サイト『ホビダス』に
“LET'S PLAY VWs”のページが加わりました。まだ今日の時点で全ページのお披露目には
至っていませんが、取り急ぎ編集のVWバカたれ4人のブログから公開開始。
さらに順次更新、新製し、楽しんでいただけるページにいたしますのでご期待ください。
読者参加型のページも間もなく始まりますので、毎日見たくなりますよ。

http://www.lets-vw.com/index.html

今お伝えしたようにブログも始めますのでお楽しみに。何の絵が出るかは
ご想像の通りです! 爆。しっかし…、ここにも書き込み、あっちにも書き込み、
自分のサイトも書き込み・貼り込みがあるし、居候している居酒屋BBSも
殆ど毎日書き込みしてるし。掲示板やブログに書き込みしているだけで
仕事になるんなら最高なんですがねー。(B滝)

念願叶って、遂に完成!

| Category:

road-a.jpg

road b.jpg

遂に完成しました。ロードランナーのオールステンレス・マフラー!
それも製作期間わずか1週間と超短期間で作ってもらいました。
さすがマルス。もちろんクオリティも抜群。
どうですか。この下回り。ステンレスが美しく輝いているではありませんか。
エンドはバンパーからはみ出さないくらいの位置にセットしてもらい、
やたらエンドだけが目立たないように全体の統一感を図ってもらいました。
有り難い配慮ですね。確かにバンパーからエンドが飛び出していると、
錆だらけのバンパーのみすぼらしさがやたら目立っちゃいますからね。
さらに見た目だけではなく、音質や性能も素晴らしいでき!
フケ上がりは良く、やっとホイールスピンもするようになりました。
やっぱりマッスルカーたるものホイールスピンぐらい出来ないと。
音質も最高で、キャル吉曰くクライスラーの音質に近付いたそうです。
もう本当に大満足!
マルスの皆さん有難うございました。
感謝!感謝!でございます。  (エンガク)

これで完璧……なハズ!(アレクシス)

| Category:

(前回のつづき)シェイクダウンを果たしたアレクシス。まず問題になったのはハブのガタ。どうやらセンターがでていないようなのですが……。

さて、まずはハブを加工修理する事になったのですが、その機械加工では神奈川県相模原市にある成田ガレージさん(phone:042-797-8816)にお世話になりました。成田ガレージといえば、本場イギリスのミニ・ショップも研修に来るほどの有名なショップではありますが、奥様も気さくな方で、すごくアットホームな雰囲気のお店でした。ちなみにオーナーの成田さん自身、1965年製のブラバムBT16でヒストリック・フォーミュラ・レースに参加されている先輩でもあります。

しかも成田さんは、僕のショックアブソーバーが、あまり良くない状態だと知ると、もともと自分のブラバムに付いていたという、LEADAのショックまで貸してくれたのです(涙)。

で、実際に旋盤を使って作業をしていただいたのですが(詳細は下の写真をみてね)。いやー大変な作業でした。でもこれで心配はないはずです!さてレース結果はどうなったか!? 次回を御楽しみに。

8.1alexism.jpg

えっ、ヒューランドでこーんなにギアの入り悪いの? なんて思っていたら、ブラケットがガタガタでした。ブラケットを固定しているサポートがイマイチのようで、ガレージ・フェイズワンにて修理中。


8.1alexis2.jpg

成田ガレージにて。旋盤にハブをキチンとセットし、マイクロメーターを当てます。
ありゃりゃスタッドボルトの位置がメチャクチャです、原因はここだったんだ!


8.1alexis3.jpg

本来スタッドボルトは圧入なのですが、なぜか溶接されていた為、まずはスタッドを
サンダーで削り落とします。


8.1alexis4.jpg

そして、正確なPCDを計測しボール盤で穴を開けます。ちなみにトライアンフやジ
ネッタと同じくPCDは95.25。


8.1alexis5.jpg

そして新しいスタッドボルトを挿入し、これも溶接でしっかりと固定し完成です。こ
れでひとつ問題解決!!


8.1alexis6.jpg

もともと、付いていたスパックスのショックアブソーバーと、成田さんに貸していた
だいた、新品同様のLEADA、う〜んいい感じ。

8.1alexis7.jpg

ショックの取り付けのブラケットに隙間ができる為に、カラーを作ります。これは近
所のマチオ・ヤジマさんにお願いしました。


8.1alexis8.jpg

アルミ棒からの削り出しです。内径もボルトの外径に合わせ、製作してもらいまし
た。ここまでの修理費はざっと30万円。果たして……!?

虫干し(エラン)

| Category:

先程 潜入!裏カー・マガジン のブログでもお知らせしたとおり、エランの虫干しをしております。で、早速自宅脇の駐車場に目を向けてみると……


7.30.02001.jpg.jpg

だ、誰もいないじゃん、うちのアパート。元レポート車(今も社有車でがんばってますよ)のサーブ9-5とエランのみ。夏休みだもんな世間は。当たり前か……さびすぃー。

7.30.2.002.jpg.jpg

ということで、幌からなにから全部外して虫干し中(曇りだけど)。とりあえずカビも生えてなくて安心。ホッ。

ロードランナーのマフラー製作状況

| Category:

road.JPG 1.jpg

先週、マフラー製作のためマルスに入庫したロードランナー。
すでに取り外しは終わり、ワンオフでタイコの製作まで入りました。
後はパイプと組み合わせて車体に取り付けるのみです。
オールステンレスで製作したニューマフラー。
さて、音色は如何なものなのでしょうか。
今から完成が楽しみです。なんでも代表の須山さんによれば、
相当期待して良いとのこと。んー本当に楽しみ!
どうやら今週末には生まれ変わったロードランナーに乗ることができそうです。
えー今回お世話になっているマルスは既製品の取り付けのみならず、
マフラーを中心として様々な排気系パーツの製作を行なっています。
工場に入庫するクルマも最新のSLやコルベットから
1960年代や1970年代の旧車まで幅広いのが特徴です。
みなさんも排気系に困ったらぜひ
マルスに連絡してみては如何でしょうか。

VWで東北へ③(ビートル)

| Category:

P7150022kitakata.jpg

順番がちょっと前後しますが、最初の画像は喜多方の町で見つけた
酒屋さんの前のビートル画像です。全国的にラーメンで有名な喜多方ですが、
蔵の町としても知られており、町のあちこちに古くて渋い建物が沢山あります。
今回の東北旅行では、西那須野で東北道を降りて一般道に入り、
会津田島、会津若松、喜多方、熱塩、そして米沢というコースを辿りました。
米沢から先は、国道13号をひたすら北上。旅行初日の金曜日の晩は、
山形、尾花沢、新庄、湯沢を経てやきそばで有名な秋田県横手に宿をとりました。

P7160041nishiki.jpg

明けて2日目の土曜日。お天気にも恵まれて、一路青森県の黒石を目指します。
横手から国道13号をさらに北上して大曲。そこから角館方面に進路を変え、
角館の味わい深い町並みを抜けて国道105号へ。この国道105号は
角館と鷹巣を結ぶ秋田内陸縦貫鉄道に沿って鷹巣まで続く約100kmの行程。
交通量は超少なく、景色は絶妙に良いという、ドライブし甲斐のある道です。
で、上の画像は、国道105号線を入って間もない西木村の道の駅。
ここまで来てしまうと、本当に遠くに来た、まさに“みちのく”真っ只中という
実感がひしひし湧いてきます。(さらに続く。B滝)

VWで東北へ②(ビートル)

| Category:

atsushio.jpg

暑中お見舞い申し上げます!
いやぁ、関東地方を直撃すると予報された台風はややコヘスを外れ、
どこかへ行ってしまいましたが、翌日は置き土産の湿気と気温が物凄く、
一気に真夏になってしまいました。ま、7月も末ですから、真夏は当然ですが。
さて今日は、取材のため朝からVWで移動していたのですが、これがなかなか
気持ち良い! 窓を全開にし、さらに三角窓を大きく開けてもなお、超暑い!
毎年のことながら、真夏に乗るエアコンなしのビートルはなかなか快適です(爆)。

さて画像は、先般の東北行きの途中、旧国鉄の日中線熱塩駅跡で小休止した時の
ものです。既に鉄道は廃線になり、線路もありませんが、終点駅の熱塩は
駅舎と駅構内がそのまま記念物として残されています。この熱塩駅を後にしてVWは、
山越えでいよいよ山形県は米沢へとコマを進めます。
(さらに続く。B滝)

翻訳者の愉悦(ジュリエッタ)

| Category:

blogtakeda.jpg

今月発売のカー・マガジン9月号では、究極のアルファロメオ・ジュリアとして
ファンの多いジュリアTZ&TZ2の開発ストーリーを、なんとデザイナーの
エルコーレ・スパイダー本人の手記で解説するという、とんでもなく贅沢な企画が
実現しました。 昨年のアストン・マーティンDB4GTザガート以来のスパーダ手記ですが、
エルコーレ・スパーダといえばカロツェリア・ザガートの絶頂期を率いたスタイリストとして
自動車史に燦然と輝くマエストロ。神々の領域にあるといっても過言ではない雲上人です。
そのスパーダの原稿を、今回もワタクシ武田が翻訳する栄誉に預からせていただきました。

神の生原稿に触れられる。まさに翻訳者の特権です。

Eメール電送される時代だから、その原稿はもちろん直筆じゃないけど、
思わず手を合わせて拝んでしまいました(ありがたや、ありがたや…)。
で、その内容には新事実が続々!
ぜひ、お近くの本屋さんにお急ぎください。

シェイクダウンしてわかったこと(アレクシス)

| Category:

alexsis.001.jpg

みなさん、お久しぶりです、お元気にしていますか? ジェイ☆奥村です。さてさて、以前本誌320号で英国でのフォーミュラ購入、個人輸入した模様をお伝えしましたが、4月29日筑波サーキット、ジャパン・ミニデイのなかで行われたヒストリック・フォーミュラ・レースでついにレース・デビューを果たしました!レース前日は遠足前の、小学生のようにワクワクドキドキ!たまたま仕事でフランスより逆帰国していた友人、ムッシュ南陽も当日のサポート(サーキットでの犬の世話だけど)を約束、あとは走る事に専念するのみです。

さっそくその時の模様を報告したいのですが、実はまともに走るようになるまでには、いろいろな人の助けを借りることになったのです。ということで、レポート第1回目は、茂木でのシェイクダウンの時に見つかったダメ出し部分の、修理の模様をお届けいたします。

alexsis.002.jpg

茂木を走ってまず一番、気になったのはホイールの回転が真円を描いてないという事! 実は本人、全く気が付いていなかったのですが、このクルマのメンテナンスをしてもらっている、ガレージ・フェイズワン(phone:045-592-2161)綿貫氏が発見、その事実が発覚したのです。いややはり走ってみなければ判らない部分もあるという事ですよね、フェイズワンに戻って、早速チェック開始です。

ホイールを外し、マイクロメーターをハブの外周に設置し計測します。ゲージの振れを見るまでもなく、目視でもハブの動きが尋常ではないのがわかります。フロント側は問題ないようですが、リアは両側共にハブのセンターが出ていないようで……。


alexsis.003.jpg

これが問題のハブキャリア。ぱっと見問題無さそうですが…。まずはあのガタがどこから来ているのかを検証しなくてはいけません。(つづく)

2018年5月

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

アーカイブ

 

趣味の総合出版社 ネコ・パブリッシング
Copyright © 2005-2015 NEKO PUBLISHING CO.,LTD. All right reserved.