趣味の総合サイト ホビダス

丸餅(FIAT500)

| Category:

DSC02407のコピー.jpg

本日は、仕事を休んでW124にて家族の大学病院への同行をして来ました。その後、家族の申請手続きのため、区役所に出向くために、先日の日曜日に起こったハプニング後のテスト走行を兼ねて、丸餅(FIAT500)にて役所まで出向きました。
機関は絶好調で、今までよりも更にエンジンが軽々しく、2000r.p.m.前後の低速時のノッキングも無くなりました!
また、Volt計(後付け)の針が、電磁ポンプ(後付け)の音に同調して振れるようになり、恐らく、ダイナモ警告灯、ウィンカー、電磁ポンプ(後付け)、油圧計(後付け)、油温計(後付け)等を掌る件のヒューズの通電が本来の性能に回復した証では無いかと思われます。
本日の走行10.7km、給油1.86l、燃費はW124に匹敵する数値のショッキングな5.75km/lでしたが、恐らく前回給油後に発生したハプニング時の余波だったと思います。
尚、写真は近景のものです。

丸餅(FIAT500)

| Category:

DSC02410のコピー.jpg

本日丸餅(FIAT500)は、朝のエンジン始動は、チョークノブを約2/3引いてクランキングしても掛からず、その後約4/5引いて始動。徐々にチョークノブを戻しながら、アクセルワークとバトンタッチして無事始動しました。横浜市青葉区の自宅から、品川区大崎の親戚の家を経由して、東銀座のミニカーショップの往復83.5kmを走行。機関は終始快調でしたが、帰宅寸前で、油温、油圧、ダイナモ警告灯が死んでいることが発覚後、急にエンジンが吹けなくなり、辛うじて惰性にて帰宅出来ました。
その後、エンジンが不動となり、ヒューズや、各部電気系統を確認しても異常が見当たらず、再度ダメもとでエンジン始動をトライしたところ、今までの不具合が嘘のように復活して、無事ガレージに収まったところで再び不動車になってしまいました。
結局、奥から2本目のヒューズ下部の電極接点部破損と判明し、交換して無事完治しました。
今まで約30年間維持していて、ショート以外のヒューズ破損による故障は初めてでした。
本日の給油8.84l、燃費は9.44km/lでした。本日はロー、セカンドギアを4000r.p.m.まできっちりと回した結果です。

丸餅(FIAT500)

| Category:

DSC02400のコピー.jpg

昨日は、多忙だったため、エンジン始動の心配の要らないW124にて出掛けました。
走行34.6km、給油7.49l、燃費は4.61km/lでした。最近ラジエターの警告燈が薄く点灯するようになりましたが、クーラント量は全く問題無く、今までクーラントが規定量よりも減っていた時には警告灯は点灯しなかったので、とても微笑ましく思います。
本日丸餅(FIAT500)は、40.2km走行しました。
朝のエンジン始動は、チョークノブを約2/3引いてクランキングを2回トライしても掛からず、その後約3回ノーチョークにてクランキングしても一向に掛かる気配が無く、4回目のトライあたりからやっと掛かりそうになった時点でアクセル煽る方法にてトータル6回目にてやっと始動が叶いました。エンジンさえ掛かれば、相変わらず機関は快調でした!
尚、走行中に現行のアバルト595が追いかけて来て、横に並び、シグナルグランプリにて丸餅(FIAT500)を追い越した直後、前に割り込んで来ました。ライバル心剥き出しの行動にとても寂しい気分になりました。年代、排気量、性能が違うのに...。きっと同じアバルトとして意識してくれたのだとポジティブに解釈し、納得したいと思います。

丸餅(FIAT500)

| Category:

DSC02366のコピー.jpg

丸餅(FIAT500)は、今週末83.9km走行しました。
昨日の朝のエンジン始動は、チョークノブを約4/5引いてクランキングを2回トライしても掛からず、約2/3の引きしろでも始動せず、その後約5回ノーチョークにてクランキング中にアクセル煽る方法、クランキングだけでも一向に始動出来ませんでした。結局プラグのかぶりと判断し、急遽W124にて出掛けました。約1時間後に再度ノーチョークにてトライしましたが、断念してかぶって真黒に煤けていたプラグ2本を新品に交換して、ノーチョークプラスアクセルを煽る方法にて約5回目のトライにて無事始動しました。チョークノブを引いた始動方法は本来2回までが限界で、それ以降はプラグがかぶる危険性が高くなります。昨日は、気温に対してチョークノブの引きしろが多すぎたことが要因でプラグをかぶらせたと思われます。今後もっと緊張してチョークノブのひきしろの精度を高めないと、交換したばかりの新品プラグを毎回捨てることになってしまいます...。
また、ウェーバー40DCOEの一番シリンダー側のアイドルミクスチャーのみ、2番シリンダーに対しスクリューの開度をプラス0.5回転→0回転→0.75回転→0.25回転とテスト走行した結果、プラス0.75回転が最もパワーと加速が良く感じられましたが、やはりアイドリングが確保出来ず、結局不整脈ながらアイドリング確保可能なプラス0.5回転に落ち着きました。
それでも、エンジンは軽々しく鋭く吹け上がり、絶好調なフィーリングでした。
尚、本日のエンジン始動は、チョークノブを約2/3引いて2回目に始動するも、アクセルとの引継ぎに失敗し、ストール。その後ノーチョークにてクランキングプラスアクセルを煽る方法にて約3回目に始動しました。
両日のトータル給油9.77l、平均燃費は8.58km/lでした。

丸餅(FIAT500)

| Category:

DSC02344のコピー.jpg

丸餅(FIAT500)は、今週末23.1km走行しました。
本日午後のエンジン始動は、チョークノブを約4/5引いてクランキングを2回トライしても掛からず、約2/3の引きしろにて始動するも、チョークノブを戻しながらアクセルを踏み込みアイドリング確保に失敗。その後約5回ノーチョークにてクランキング中にアクセル煽る方法でも一向に始動せず。最後にクランキングのみで辛うじて始動し始めたところで、そっとアクセルを踏み込み、やっと始動出来ました。気温が暖かかったため、いつもの始動方法では混合気が濃すぎたようです。
現在1番シリンダーB8HS、2番シリンダーB6HSプラグ装着のエンジンの吹け上がりは軽々しく機関は相変わらず好調でした。本日の油温90℃、アイドリング800~900r.p.m.。
給油は2.90l、燃費は7.96km/lでした。
一方W124は、昨日の朝から本日の朝まで、1泊2日の日程にて、茨城県守谷駅付近で行われた親戚の結婚式に出席のため長距離の走行をして来ました。
走行174.1km、給油21.45l、燃費は8.11km/lでした。こちらも機関は絶好調でした!

| Category:

DSC02312のコピー.jpg

丸餅(FIAT500)は、本日59.4km走行しました。
極寒の朝のエンジン始動は、チョークノブを約4/5引いて長めのクランキングにて始動直後にストール。再度もう気持ちチョークノブを引いてクランキングして始動するも、徐々にチョークノブを戻しても、アイドリングが上がらず、腫れ物に触るように優しくアクセルを踏み込んだ直後にストール。その後、ノーチョークにてクランキング中にアクセルを煽る方法にて2回目のトライにて辛うじて始動出来ました。
尚、本日、以前エンジンルームに向かって手前の1番シリンダーのB6HSプラグが焼け気味だったため、B7HSに交換した後の焼け具合を確認するため、2速4,000r.p.m.でのプラグの焼け具合を確認しました。
すると、奥側2番シリンダーのB6HSプラグは相変わらず、ややくすぶり気味であったものの、手前1番シリンダーのプラグは、B7HSに換装後も焼け気味であることが判明しました。
急遽ウェーバー40DCOEキャブレターの1番シリンダーのアイドルミクスチャー・スクリューを0.5回転開けてテスト走行するも走行フィーリングは余り変わらず、更に0.5回転、計1回転開けて2速4,000r.p.m.走行後のプラグの焼け具合を確認したところ、未だ焼け気味であったため、急遽プラグをB8HSに換装して走行しました。2速4,000r.p.m.走行後のB8HSのプラグの焼け具合は、やっとくすぶり気味になりましたが、さすがにアイドルミクスチャー・スクリューを1回転開けると、混合気が濃すぎてアイドリングが800r.p.m.前後に落ちて、信号待ちでエンストしそうな不整脈となり、また、アクセル開度時に息つきも発生するようになったため、アイドルミクスチャー・スクリューを0.5回転戻し、今までより0.5回転開けた状態にすると、アイドリングも約850~900r.p.m.にやや上がり、アイドリングは不整脈ながらも安定して、クセル開度時でも息つきが無くなったため、暫くこのセッティングにて経過観察をする予定です。要するに現在のセッティングが街乗り時での混合気の濃さの限界であると思われます。
尚、エンジンの走行フィーリングは加速、パワー等、軽々しくエンジンが吹け上がり、大変快調でした!
本日の油温約85℃、給油6.71l、燃費は8.85km/lでした。

丸餅(FIAT500)

| Category:

DSC02298のコピーのコピー.jpg

丸餅(FIAT500)は、本日33.9km走行しました。
極寒の朝のエンジン始動は、チョークノブを約4/5引いて長めのクランキングでも始動せず、もう気持ちチョークノブを引いてクランキングしてやっと始動。始動直後に徐々にチョークノブを戻し、アイドリングが1,000r.p.m.以下になりかけるあたりで、腫れ物に触るように優しくアクセルを踏み込み、1,500r.p.m.以上のアイドリングを確保し続けてチョークノブを完全に戻して、辛うじて始動しました。エンジンが温まるまでは、暫くアクセルにて1,500~2,000r.p.m.を確保しながら暖気運転をしました。
エンジンさえ始動出来れば、機関は相変わらず好調でした。
本日のアイドリング800~1,100r,p.m.、油温~85℃、給油4.16l、燃費は8.14km/lでした。

丸餅(FIAT500)

| Category:

DSC02278のコピー.jpg

丸餅(FIAT500)は、本日17.2km走行しました。
朝のエンジン始動は、チョークノブを約4/5引いて1回目のトライにて始動。始動直後に徐々にチョークノブを戻し、アイドリングが上がり、更にチョークノブを戻し続け、アイドリングが1,000r.p.m.以下になりかけるあたりで、アクセルを踏み込みチョークノブを完全に戻して、アクセルにてアイドリングを確保するところで失敗してストール。その後、ノーチョークにてクランキング中にアクセルを煽る方法にて、辛うじて約5回目のトライにてやっと始動。冬場のエンジン始動は、毎回緊張します。
本日のアイドリング800~1,000r,p.m.、油温~85℃、給油1.91l、燃費は9.00km/lでした。

丸餅(FIAT500)

| Category:

DSC02262のコピー.jpg

丸餅(FIAT500)は、本日35.9km走行しました。
朝のエンジン始動は、チョークノブを約4/5引いて2回目のトライにて始動。始動直後に徐々にチョークノブを戻し、アイドリングが上がり、更にチョークノブを戻し続け、アイドリングが1,000r.p.m.以下になりかけるあたりで、アクセルを踏み込みチョークノブを完全に戻して、アクセルにてアイドリングを確保し、無事始動出来ました。1,500r.p.m.以下で気を許してアクセルを踏み込む足が一瞬でも緩むと即座にエンジンがストールしてしまうため、アクセルを踏む右足に神経を集中する緊張感が必要です。
機関は相変わらず好調で、特に3,000r.p.m.からカムに乗った、まるでターボが効いたような鋭い加速を堪能しました。
本日のアイドリング800~1,000r,p.m.、油温~90℃、給油3.87l、燃費は9.27km/lでした。

「カー・マガジンNo.465」が26日に発売されました!

| Category:

DSC02246のコピーのコピー.jpg

「カー・マガジンNo.465」が26日に発売されました。
連載記事Our Own Cars Long Term Reportにて、丸餅(FIAT500)の記事を掲載しています。
是非ご覧ください!


2017年5月

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

アーカイブ

 

趣味の総合出版社 ネコ・パブリッシング
Copyright © 2005-2015 NEKO PUBLISHING CO.,LTD. All right reserved.