趣味の総合サイト ホビダス

丸餅(FIAT500)

| Category:

DSC03765のコピー.jpg

昨日の土曜日は、W124にて出掛け、本日日曜日は、丸餅(FIAT500改)にて近所の買い物のみに出掛けました。
W124は、全く問題無く、とても快調でした! 走行69.8km、給油14.19l、燃費は4.91km/lでした。
一方、丸餅(FIAT500改)は、本日午後の気温が22℃まで上昇したため、ノーチョークにて、アクセルを5回煽った後、クランキングした直後一瞬エンジンが始動してストール。その後、アクセルを3回煽ってクランキング+アクセルを踏み込む方法にて、2回目のトライにて無事エンジン始動出来ました。
機関は大変好調でしたが、アイドリングのみで90℃まで油温が上り、走行すると100℃迄油温が上がりました。


W124-031 300E24近況報告

| Category:

DSC03746のコピー.jpg

本日は、昨日大活躍した丸餅(FIAT500改)を休ませ、W124にて出掛けました。
機関は大変好調だったものの、ガソリンスタンドでのエンジン再始動時に、行き成り3,000~2,000r.p.m.のハンチングが一瞬発生しました。また、アイドリングが時折約500r.p.m.~約700r.p.m.に変化する不安定な状況がありましたが、その他は大変快調でした。
本日の走行56km、給油6.36l、燃費は8.80km/lでしたが、いつもと違うガソリンスタンドで給油ノズルが長めのためか、いつもの満タン油量では無かったため好燃費の結果だったと思われます。

DSC03734のコピー.jpg

本日のカー・マガジン・ウィークエンド・ミーティング2018春in大磯は、早朝から大多数の来場を頂き、今回も大盛況にて無事終了しました。また、今回も多数の方々とお話しをさせて頂き、とても貴重で楽しいひと時を過ごすことが出来ました。この場を借りて御礼申し上げます。今後共何卒宜しくお願い致します!
本日の丸餅(FIAT500改)は、早朝のエンジン始動時では、チョークノブを目一杯引いて長めのクランキングにて始動したものの、直後にストール。その後、アクセルを3回煽り、クランキングし、始動直後にアクセルを煽る方法にて1回目のトライにて無事始動出来ました。
本日の機関も大変快調でした。
尚、丸餅(FIAT500改)同乗体験走行時では、1速、2速共4,500r.p.m.までエンジンの回転数を常用したため、油温は100℃まで上がりました。
本日の走行96.5km、給油10.0l、燃費は、9.65km/lでした。帰路の東名高速での渋滞時に、気温も17℃前後あったためか、油温が110℃まで上がりました。

明日のカー・マガジン・イベントでお待ちしております!

| Category:

DSC03727のコピー.jpg

明日のカー・マガジン・ウィークエンド・ミーティング2018春in大磯に参加のため、今晩、用心して念のため丸餅(FIAT500改)のエンジン始動をしました! 当日、皆様とお会い出来る事を楽しみにお待ちしております!


丸餅(FIAT500)

| Category:

DSC03715のコピー.jpg

昨日の土曜日は、丸餅 (FIAT500)にて横浜市青葉区の自宅から品川区大崎付近等の往復を走行しました。気温が11℃前後で比較的暖かった昼過ぎに、チョークノブを目一杯引いてエンジンが掛かりましたが、チョークノブをゆっくりと戻す過程でストール。その後、アクセルを3回煽った後、ノーチョーク+クランキングの方法にて2回目のトライにて容易にエンジンが始動出来ました。
機関は大変快調でした! 昨日の油温約90℃、アイドリング1,000r.p.m.前後、走行61.5km、給油6.71l、燃費は9.16/lでした。エンジン回転数は1速から4速まで各3,000~3,500r.p.m.くらいまでしか回転数を上げない、ゆるい走行の結果です

丸餅(FIAT500)

| Category:

DSC03683のコピー.jpg

昨日の土曜日は、家族の通院の他、買い物等にW124で出掛けました。機関は快調だったものの、アクセルを踏まない惰性にて走行中に急にアクセルを少し踏んだようにエンジンの回転数が上がる異変が2~3回発生し、その都度ブレーキを踏んで対処しましたが、その後は全く異常は発生しませんでした。直近の走行41.8km、給油8.20l、燃費は5.09km/lでした。
 一方、暖かかった本日の午後、丸餅(FIAT500)にて走行しました。気温が14℃前後であった比較的暖かった本日も、チョークノブの引きシロが約3/4では、長いクランキングでもエンジンが掛からず、目一杯引いて掛かりましたが、チョークノブを戻しながらアクセルとの変換時にストール。その後、アクセルを3回煽った後、ノーチョーク+クランキングの方法にて直ぐエンジンが始動しました。
機関は大変快調で、エンジンは軽々しく加速しました!
本日の油温約~95℃、走行33.4km、給油4.07l、燃費は8.20km/lでした。

丸餅(FIAT500)

| Category:

DSC03660のコピー.jpg

昨日の土曜日は、午前中10時頃、丸餅(FIAt500)にて、近所をほんの少し走行しました。
気温が15℃前後であった比較的暖かった日でも、チョークノブの引きシロが約3/4では、長いクランキングでも一向にエンジンが掛からず、その後チョークノブを目一杯引いてやっと掛かりましたが、チョークノブを戻しながらアクセルとの移行時にストール。その後、アクセルを3回煽った後、ノーチョーク+クランキングの方法にて、約3回のトライにて無事エンジンが始動しました。
機関は大変快調でしたが、時間が無く僅か4km前後の走行で終わりました。
その後W124にて家族で買い物に出掛け33.4km走行。給油5.74l、燃費は5.81km/lでした。

W124-031 300E24近況報告

| Category:

DSC03641のコピー.jpg

今週末の土日は、W124にて横浜市青葉区の自宅から目黒駅近辺、大崎方面等に出掛け、92km走行しました。給油17.21l、燃費は5.34km/lでした。エンジン再始動時に一度だけ、回転数が2,000r.p.m.まで上がる症状があり、また、信号待の時点でアイドリングが約700r.p.m.から1,000r.p.m.近くまで一瞬回上がる症状が発生しましたが、それ以外は大変快調でした。
本日、子供の国近くの東急こどもの国線の踏切で、警察官がいつものように一時停止違反の取り締まりを行っており、私も一時停止して走行したところ停止を命じられました。踏切が鳴って、遮断機がおり始めた時点で侵入した違反と伝えられ違反切符を切られました。全く気付かず、一時停止して発進直後に警報が鳴ったようで、一時停止行為は形骸化していると指摘されました。もしかしたら警察官を注視して、警報に全く気付かなかったこと自体が、私の運転時の緊張が欠けていた事と反省しました。違反点数2点、反則金12,000円で、ゴールド免許を失ってしまいました。十数年以上振りの交通違反となりましたが、これを機会に更に安全運転を心掛けようと心に誓いました。逆に、慢性化した油断から大事故に至らなかったと、前向きに受け止めました。
その後、丸餅(FIAT500)は、エンジン始動のみで本日は終わりにしました。本日は、チョークノブを目一杯引いて長めのクランキングにて始動したものの、チョークノブを戻す途中でアクセルを踏んでストールさせたのが要因で、その後、アクセルを3回煽ってノーチョークのクランキングをしてもプラグがカブリ気味で、辛うじて5回程のトライにて始動出来ました。

丸餅(FIAT500)

| Category:

DSC03630のコピー.jpg

今週末の土曜日は、W124にて出掛け、本日日曜日は丸餅(FIAT500)にて出掛けました。
丸餅(FIAT500)の最初のエンジン始動は、チョークノブを目一杯引いて長めのクランキングにて始動後、はれ物に触るようにそっとチョークノブを戻す途中にストール。その後アクセルを3回煽って、ノーチョークにて、クランキングしながらアクセルを煽る方法にて2回目のトライにて始動しました。本日の走行45.8km、給油4.61l、燃費は9.93m/l。油温90℃、アイドリング1,000r.p.m.、機関は大変快調でした!
一方直近のW124は、近所のストップアンドゴーのみの使用であったため、走行43.2km、給油10.35l、燃費は4.17km/lと燃費は良くありませんでしたが、W124も機関は快調でした。

丸餅(FIAT500)

| Category:

DSC03609のコピー.jpg

先週から多忙であったため、やっと一息つけた本日の午後2時頃、約2週間振りの丸餅(FIAT500)の最初のエンジン始動は、チョークノブを約目一杯引いて長めのクランキングにて始動後、はれ物に触るようにそっとチョークノブを戻す途中にストール。その後アクセルを3回煽って、ノーチョークにて、クランキングしながらアクセルを煽る方法にて始動しました。本日の走行20.0km、給油2.26l、燃費は8.84km/l。機関は大変好調でした。

2018年9月

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

アーカイブ

 

趣味の総合出版社 ネコ・パブリッシング
Copyright © 2005-2015 NEKO PUBLISHING CO.,LTD. All right reserved.