趣味の総合サイト ホビダス

W124-031修理報告

| Category:

DSC02632のコピー.jpg

先日W124の修理が完了し引き取って来ました。
まず、運転席側のパワーウィンドウ不動の原因は、スイッチではなく、モーターの故障で、新品パーツに交換。クーラント警告灯の異常は、センサーの交換で完治しました。また、劣化していたトランクのゴムストッパーを左右、上下交換。最後に、最近最初のエンジン始動時が一気に掛かるのではなく、元気なく緩やかに掛かり始まる傾向があるので、今回一緒に点検してもらいました。プラグの清掃点検、CFIコントロール点検洗浄、アイドリングコントロールバルブを中古品と交換してもらい、今後様子をみようと思います。主治医の修理工場からの帰り道、極短時間でしたが、W124の滑らかなフィーリングに改めて感銘を受けました。

丸餅(FIAT500)

| Category:

DSC02602のコピー.jpg

昨日土曜日、丸餅(FIAT500)の2週間ぶりの朝のエンジン始動は、チョークノブを約2/3引いて、2回目のトライにて始動しました。気温が暖かくなって来たため、エンジン始動が容易になり精神的にもとても楽になりました。機関は相変わらず大変快調でした。
油温は100℃前後まで上昇しました。
また、以前から気になっていた、破れていたシフトゴムブーツを新品と交換し、シフトリンケージの摺動部分にグリスを補充しました。
走行40.1km、給油3.84l、燃費は10.44km/lでした。
一方、本日はW124が出動。26℃まで上がった夏日だったため、終日エアコンを使用しました。エンジン始動時に念のためヒューズボックスを点検したところ、矢張りクーリングファンを掌る部分のDのヒューズが溶けており、交換したところ、クーリングファンが常時稼働し、終日100℃以上水温は上がりませんでした!
しかし、幸せだったのも束の間、左の運転席側のウィンドースイッチが故障して作動不能になってしまいました...。ウィンドーを下げる前に不動になったため、サイド・ウィンドーが開いた状態での不動では無いため、とても助かりました! 近日中に修理入場の予定です。約18年使用して今回2回目のスイッチ交換となります。

W124-031近況報告

| Category:

DSC02582のコピー.jpg

今週末は、終日雨だったため、丸餅(FIAT500)の代わりに両日共W124が出動しました。
窓の曇りを除去するため、今年初めてエアコンを使用したところ、無事作動しました!
また、本日の渋滞時に水温が110℃前後まで上がり、久々にハラハラしましたが、120℃に至る前に電動ファンが2基回り強制的に水温が下がりましたが、またそういう季節の到来が来たことを実感しました。
尚、ラジエター警告灯が点灯し続けるようになったため、センサー部の故障と判明。6月の半年ごとのオイル交換時に修理しようと思います。
直近の走行72.0km、給油14.33l、燃費は5.0km/lでした。

丸餅(FIAT500)

| Category:

DSC02497のコピー.jpg

本日、丸餅(FIAT500)の朝のエンジン始動時は、チョークノブを約2/3引いて、2回目のトライにて始動しました。気温が暖かくなって来たため、エンジン始動が容易になってきました。
機関は大変快調で、ステアリングの操舵関係も主治医であるGARAGE MMでの修理のお蔭で完治し、約30年所有以来最高に快調だと思うくらいです!
本日の走行31.7km、給油3.23l、燃費は9.81km/lでした。


丸餅(FIAT500)

| Category:

IMG_2384のコピー.jpg

本日、丸餅(FIAT500)は、主治医であるGARAGE MMから修理が完了し、引き取って来ました。結局故障の原因は、フロントリーフスプリングを束ねるセンターボルトが折れており、最上部のリーフスプリングが固定されずに左右にずれていたことが原因でした。今回、折れたボルトを溶接して固定し、リーフスプリングを左右入れ替え、トーイン調整をしてもらい完治しました。先週のカー・マガジン・ウィークエンド・ミーティングからの帰路、高速道路でハンドルが左右に取られて、まっすぐ走るのが難しかったのは、強風のせいではなく、今回の故障が原因と判明。完治した丸餅(FIAT500)は、大変快調にて無事帰宅出来ました!

丸餅(FIAT500)

| Category:

DSC02491のコピー.jpg

本日、丸餅(FIAT500)は、フロントタイヤのトーインの狂い、助手席側のフロント・タイヤがややポジティブキャンバー、運転席側がややネガティブキャンバーが付いた板バネの左右換装等の修理のため、主治医であるGARAGE MMに入場しました。

いすゞプラザ 内覧会に行って来ました!

| Category:

DSC02465のコピー.jpg

本日、2017年4月11日、いすゞ自動車創立80周年記念事業の一環として藤沢工場の隣接地にオープンする「いすゞプラザ」の内覧会に参加して来ました。
この「いすゞプラザ」とは、商用車の役割や、運ぶを支えるいすゞのクルマつくりと稼働サポート、いすゞの歴史等を紹介して、よりいすゞを身近に感じてもらう施設を目指すことと、地域、行政とを繋ぐコミュニティとしての役割も果たす目的にて開設されるとのことです。
プラザ内では、レストアされた貴重な車両から現行車、エンジン等の展示。
更に見どころは、HOサイズにて再現された日本最大級の巨大なジオラマ(ジオラマ内車両665台以上!)で、40台を超えるいすゞのクルマたちが実際にリアルに走り回る、他に類を見ない自走走行ジオラマは圧巻です!
また、実際の生産ラインの1/20スケールのミニチュア展示、更に歴代のいすゞ製自動車を殆どワンオフにて再現した1/43スケールモデル110台から構成される立体的な年表も見どころだと思います!

利用案内は、
4月11日からの開館時間 月~金(完全予約制)9:00~17:00(受付16:00まで)
土、祝日(自由見学日) 10:00~17:00(受付16:00まで)
休刊日 日曜、ゴールデンウィーク、夏季休暇、年末年始は休館。
入館料は無料。

http://www.isuzu.co.jp/plaza/index.html

丸餅(FIAT500)

| Category:

DSC02441のコピー.jpg

本日、大磯ロングビーチ第一駐車場にて行われた「カー・マガジン・ウィークエンド・ミーティング」は大盛況にて無事終了しました!
当初の予定来場台数を大幅に上回り、予定していた駐車場のキャパシティを遥かにオーバーしたため、別の駐車場に入場してもらったほどでした。
丸餅(FIAT500)は、レポート車両展示に加え、「カー・マガジン大試乗会」にも出場し、来場者の方々を助手席にお乗せして短距離ながら、全開走行の試乗を行いました。実際には、直線距離の関係で、ロー、セカンド各ギア4500r.p.m.前後しか回せませんでしたが、搭乗者の方々からは喜んで頂き、とても光栄でした! また、読者の方、ブログ、フェイスブックをご覧頂いている多数の方々からお声を掛けて頂き、チンクエチェントに関するお話が盛り上がり、とても楽しく、貴重な時間を過ごすことが叶い、この場を借りて御礼申し上げます。
最後に、丸餅(FIAT500)の状況は、用心して昨晩エンジン始動したところ、チョークを約3/2引いた状態で2回のトライにて始動出来ず、ノーチョークプラスアクセルを煽る方法を5回以上トライして、大変苦労して始動したものの、早朝のエンジン始動でも昨晩に続き同様に大変苦戦し、辛うじて始動出来た状況でした。
エンジン始動後は大変快調でしたが、以前から気になっていたフロントタイヤのトーインが本日大分狂ってしまい、ステアリングを左に相当切らなければ直進出来ない程になってしまいました。
正面から確認すると、助手席側のタイヤがややポジティブキャンバー、運転席側がややネガティブキャンバーが付いており、恐らくフロントの板バネの運転席側の経たりに起因するものと思われます。
本日のアイドリング800~1000r.p.m.、油温90℃+、走行97.9km、給油9.77l、燃費は10.0km/lでした。

丸餅(FIAT500)

| Category:

DSC02435のコピー.jpg

本日、丸餅(FIAT500)は、今週末の3月25日土曜日に、大磯ロングビーチ第一駐車場で行われる「カー・マガジン・ウィークエンド・ミーティング」参加に向けて、ワックス掛けをしました。機関も快調なため、これでイベント参加の準備が整いました!
尚、昨日と本日両日共、W124にて出掛け、改めてエンジンのスムーズさ、重厚な乗り心地共に感銘しました! 直近の走行77.0km、給油17.44l、燃費は4.41km/lでした。アクセルを踏み込んで胸がすくような加速を体感した分の付けが回った燃費結果でした。

丸餅(FIAT500)

| Category:

DSC02430のコピー.jpg

本日、丸餅(FIAT500)は、43.9km走行しました。
朝のエンジン始動は、チョークノブを約2/3引いてクランキングし、2回目のトライにて始動。
機関は大変快調でした。午後から気温が結構暖かくなり、今年初めて油温が約100℃まで上がりました。本日のアイドリングは約800r.p.m.前後。
給油4.94l、燃費は8.88km/lでした。ロー、セカンドギア共に約3500r.p.m.あたりでシフトアップした走行結果です。
また、先日アバルト製オイルパンサイドに装着の油温計センディングユニットのコードを、金属部分との接触を保護する保護処置を行いました。

2017年10月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

アーカイブ

 

趣味の総合出版社 ネコ・パブリッシング
Copyright © 2005-2015 NEKO PUBLISHING CO.,LTD. All right reserved.