a-haが何故かカーマガに登場!?

| Category: | コメント(6) | トラックバック(0)

a-ha.JPG

a-haって、憶えてます?
30代後半以上の方には、けっこう懐かしい名前じゃないですか?
そう"Take on me"で有名なa-haですよ。
日本じゃ完璧な一発屋でしたが、地元ノルウェーはもちろん、
ヨーロッパではけっこう根強い人気があって、
とくにドイツじゃいまでもトップアーティストなんだとか。
個人的にかなり好きだったので、情報はずっと追ってたんですが、
昨年、2010年限り(つまり今年限り!)で解散を発表したのです。
で、最後の来日はいつかしらん、と思っていたら、なんとサマソニに出るというではありませんか。
さっそく単独インタビューを敢行!
えっ、なんでカーマガでa-haかって?
意外とa-haとクルマって関係深いんですよ、これが。
まあ、詳しくは次号のカー・マガジンをお読み頂くとして、
ご覧の通り、サイン入りCDプレゼント(!)もあったりするので、
お近くにa-haファンがいらっしゃったら(あんまりいないかもしれませんが)
ぜひカーマガをご紹介ください!!

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://auto.hobidas.com/ap/mt-tb.cgi/4580

コメント(6)

何処かで聞いたまさかな名前と思ったらそのまさかでしたか。
懐かしいです。
しかも今年で解散ですか?
残念です。

その節はお世話になりました。
楽しいインタビューでしたね。
今月末発売の号に掲載でしょうか?

こちらこそ、ありがとうございました。
慣れない取材でご迷惑おかけしましたが、無事すんでホッとしてます。
と、同時に、これで終わりかあ、と一抹の寂しさも……。

さて掲載の件ですが、8月26日発売号に掲載します。
よろしくお願いいたします。

楽しみにしていた本日発売日に書店に立ち寄り、早速買ってきました!
運転免許さえ持っていない私ですが、店員さんにお願いしてみたところカバーをかけてもらうことも出来、一生の宝物の1つとなりました。
当時の私は高校生でa-haのファンでありましたが、90年代にはいって洋楽の雑誌や地上波でのテレビ放送がなくなって洋楽自体の情報が遮断されてしまってからは、だんだんa-haを含めて洋楽全般的にだんだん興味が薄れていきましがが、ただ当時、電気自動車の開発や環境問題などに関心を寄せていたa-haであったのは知っており、今回のこちらのインタビューでa-haがノルウェーに初めて電気自動車を輸入したのを知ることができて、とてもよかったです。
インタビュー掲載、ありがとうございました。

インタビューの掲載、ありがとうございました。

a-haはデビュー当時からずっと好きで89年に初めてノルウェーへ行ったのですが、旅行中たまたま立ち寄った街で大気汚染の環境展が開かれていて、そこでたまたま手にしたベローナの冊子に車の横に立つモートンの写真がありました。
(車の中にマグスもいました)
ノルウェー語が読めず、長い間内容が分からなかったのですが、最近のネット翻訳で電気自動車の試乗をしたということが分かり、今回の記事でそれが初めてノルウェーに輸入された電気自動車だったことも分かりました。

8時間充電で走行距離は約60km、最高時速90kmで加速は普通のガソリン車と変わらないという、赤いFiat Pandaでした。
この時はまだまだ初期段階と書かれていましたが、最近マグスが試乗した車はずいぶん進歩していましたね。

音楽雑誌ではなかなか聞いてもらえない質問をしていただき、短いインタビューの空気まで伝えていただいて本当に嬉しかったです。
ありがとうございました。

とんとんさん、rikuseimantaさん、コメントありがとうございます。
本来、"25"のプロモーションのためのインタビューだったにもかかわらず、3人とも真摯に答えてくれていたのが印象的でした。
マグス(旧来のファンの方らしい呼び方ですよね!)はもちろん、モートンもクルマについてはいろいろと話してくれました。ポール先生の「無免許」発言にはやられましたが…(^^ゞ
とりあえず"25"買わねば!!

コメントする

2020年2月

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29

アーカイブ

 

Copyright © 2005-2015 NEKO PUBLISHING CO.,LTD. All right reserved.