趣味の総合サイト ホビダス

カー・マガジン443号が発売されます!

| コメント(0)

CM443_Cover.jpg

3月26日、カー・マガジン443号が発売されました。
今回の表紙を飾ったのは、フェラーリ・テスタロッサ、ポルシェ911RS、
ランボルギーニ・カウンタック!
特集は"近代スポーツカー究極の4択"と題して、
ポルシェ、フェラーリ、ランボルギーニ、ロータスといった
4メーカーの中から80年代、90年代、00年代の
気になるモデルをチョイスして、
一気に集めて試乗するという企画です。

今回も前号と同じく、豊富な写真とともに今月号をご紹介!

CM443_01_Top issue.jpg
揃った役者は、
・ポルシェ911ターボ(タイプ930)、RS(タイプ993)、カップカー(タイプ996)
・フェラーリ・テスタロッサ、F355、360モデナ
・ロータス・エスプリ・ターボ、S4S、V8GT
・ランボルギーニ・カウンタック、ディアブロ、ムルシエラゴ
12台が並ぶとやはり壮観。
ですが、この中にあってもカウンタックの存在感は圧倒的。


CM443_02_80s.jpg
この年代に"ささる"人が多いかも、
カウンタック、エスプリ・ターボ、テスタロッサ、930ターボ。


CM443_03_00s.jpg
続いては911(タイプ996)カップカーとエスプリV8GT、
この異色の組み合わせが何ともステキ。
特に、この2台の走行シーンはパーソナルベスト!


CM443_04_90s.jpg
もちろん個体のディテール&ヒストリーも掲載しています。
これでもか、と続く12台にぜひ酔いしれてください。

CM443_05_beetle.jpg
巻頭特集が終わって箸休め、の企画なんてありません。
VWザ・ビートル・レーサーvs1303GSRや、

CM443_06_geneva.jpg
ジュネーブショーの模様、


CM443_07.jpg
ショー繋がり?ということで、
名古屋のアウト・ガレリア"ルーチェ"さんで開催中のパナール展を紹介。
かなり濃いめな企画展を、森口将之さんがこれまた濃くレポート。
濃いめの二乗で、もはやドロドロ(←褒め言葉です)。

CM443_08_alfa.jpg
続きましては、アルファのニューモデル、ジュリアってどうなるの?
を、生産が予想される聖地アレーゼ、ではなくモデナへ突撃。
その真相は誌面にて。

CM443_09_bow classic.jpg
そろそろ、クルマを見るだけではなく、
買いたい、という欲求が膨らんできたころでしょうか?
そんな方へオススメがBow's Classics探検隊。
クルマを買った瞬間、次の獲物を探し出す探検隊は、
激レアのイタリアン・トライアンフを捕獲。
博士、またまたトラを買ってしまうのか?

CM443_10_75.jpg
お次は100ドロ。
今回は75が登場します。
実はこの75、非常にレアなディーラー物なんです。


CM443_11_rare.jpg
「最近、国産のレアな売り物探してるんだよねー」という方へ捧げる、
カロッツェリア・ワタナベのバジリスク。
こんな激レア車がfor Saleですよ。

CM443_12_mg.jpg
ここまでレアな物件が連続したことを反省(?)して、
趣味車指南では極上コンディションのMGミジェットMk-1を紹介しています。

CM443_13_106.jpg
アシグルマをお探しの方には、
プジョー106グリフ。
5ドアで内装も上級な仕立てとなっております。


CM443_14_clio.jpg
新車のアシルグルマを探している方は、
こちらの正規未導入車、ルノー・クリオ・エステートなんていかがでしょうか。


CM443_015_s660.jpg
その他にもホンダS660の試乗記など、
ここでは紹介しきれないほどコンテンツ満載です。
どうぞ本日発売のカー・マガジン、お手に取ってお楽しみ下さい。

購入はお近くの書店、またはこちらから!
http://www.neko.co.jp/?p=78474

春の "Festival of Sideway Trophy" 開催!

| コメント(0)

2015_sideway Poster.jpg
桜の開花宣言が続々と届いて、ようやく春が来たかと実感する今日この頃。
春といえば、桜と同じくヒストリックカーイベントも花盛り。
4月25日には、弊社主催の"NEKO AUTO MOBILE FESTIVAL"が、
千葉県にある袖ヶ浦フォレスト・レースウェイにて開催されるのは既報の通り。
そして5月17日には、同じく袖ヶ浦フォレスト・レースウェイを会場に、
「2015 春 Festival of Sideway Trophy」が開催されます。
上記のポスターから、イベントの雰囲気が伝わってくるかと思いますが、
コース上で熱戦を繰り広げるのは、

1969年までに生産されたスポーツカー(EVERGREEN CUP)
1969年までに生産されたサルーンカー(TINTOP CUP)
1972年までに生産されたウイングのないフォーミュラカー(HISTORIC FOMULA CUP)
1960年代スタイルのクラシックカーによるパレードラン(RAC MEMORIAL RUN)

さらにクラシックバイクを対象に、
MANX TROPHY、VINTAGE TOURIST TROPHY、THRUXTON TROPHY、
CAFÉ RACER'S TRIBUTE RUNなどが予定されています。
この他、イベントの趣旨に合った服装で来場した人の中から
プレゼントの進呈や"ベストドレッサー賞"の表彰も行われるそうです。

『2015 春 Festival of Sideway Trophy』
開催日:5月17日(日)
開催場所:袖ケ浦フォレスト・レースウェイ
レース形式:完熟走行+予選+グリッドスタート決勝
入場料:3000円
問い合わせ:SIDEWAY TROPHY開催事務局(事務局長金子)
TEL:03-6432-7662
e-mail:ecossecars@k2.dion.ne.jp

特別な体験会を開催!

| コメント(0)

Garage_image.jpg
カー・マガジン本誌で紹介しました、
ヒストリックカーガレージと居住スペースが融合した、
「ジャコバンスクエア」の1日体験会が、
3月8日(日)に開催されます。
詳しい場所や時間については、
以下のリンク先からご確認ください。
ジャコバンスクエア
http://barn.shumilog.com/2015/03/01/%E3%82%B8%E3%83%A3%E3%82%B3%E3%83%90%E3%83%B3%E3%82%B9%E3%82%AF%E3%82%A8%E3%82%A2%E3%80%80%E3%80%80%EF%BD%9E%E4%B8%80%E6%97%A5%E4%BD%93%E9%A8%93%E4%BC%9A%E9%96%8B%E5%82%AC%EF%BD%9E/


事前予約などは必要ないようなので、
急に時間が空いて、なんて方も問題なしですよ。

クルマと合わせて住まいにもこだわりたい方はチェック!


| コメント(0)

CM442blog_cover.jpg
カー・マガジン442号が発売されました。
巻頭特集は「愛すべきミッドシップ」と題して、
その名のとおり、ミッドシップモデルを大特集。
CM442blog_02.jpg

なかでもロータス・ヨーロッパ&エリーゼ、
そして気になるアルファロメオ4Cをメインに取り上げております。
CM442blog_03.jpg

クルマの進化と合わせて、
スチール、アルミ、カーボンと異なるフレームを持つ3車が、
どのような性格を持っているのかにも注目です。

ちなみにヨーロッパは、S1とスペシャルが登場。
CM442blog_04.jpg
なんとスペシャルはノンレストアの個体とあって、
オリジナルを知る上でも貴重なサンプルともいえます。


その他'80年代アストンマーティン・ヴィラージュ
CM442blog_05.jpg


'90年代のプジョー406クーペ
CM442blog_06.jpg


そして最新モデルで気になるクルマといえば、ニュー・マツダ・ロードスター!
NAからNDまでの進化を追います。
CM442blog_07.jpg


その他にもカロッツェリアの今や、
CM442blog_08.jpg


モーターライター山口京一氏が、
キャロル・シェルビー氏が"アシ"として使っていたコブラ427に試乗した話。
CM442blog_09.jpg


そして打って変って、冬ならでは話題として、
雪道をクルマで遊んできたといったゆる~い(?)レポートまで紹介しております。
CM442blog_10.jpg


ここまで読んで物欲を刺激された方には、
並行モノのディフェンダーや、
CM442blog_11.jpg


極上コンディションのポルシェ356B、
CM442blog_12.jpg


趣味&実用性を兼ね備えた新車のようなフィアット126、
CM442blog_13.jpg


とどめはレアなVWニュービートルRSiをご提供しています。
CM442blog_14.jpg

本日より発売のカー・マガジン442号はお近くの書店、
またはこちらから
http://www.neko.co.jp/?p=74790


追伸、
4月25日に袖ケ浦フォレストレースウェイにて、
サーキットイベントを開催することが決まりました。
興味のある方は、
3月1日にオープン予定の下記URLをチェックしてください。
https://www.hobidas.com/naf2015/
CM442blog_15.jpg

| コメント(0)

sideway.jpg
秋はヒストリックカーイベントがもっとも多く開催されるシーズンとあって、
毎週末のように、編集部員総出で各地へ取材へ出かけております。
11月30日には、袖ケ浦フォレストレースウェイを舞台に開催される
「2014秋 Festival of Sideway Trophy」の取材を予定しています。
このイベントの特徴として、
サーキットで開催されるためタップタイムを競うのはもちろんですが、
英国で開催されている"GOODWOOD REVIVAL MEETING"のように、
エントラントやゲスト、スタッフまでも、
参加車両が生産されていた当時の衣装や、
スタイルにこだわって参加していることも挙げられます。

コース上で熱戦を披露するのは、
1969年までに生産されたスポーツカー(EVERGREEN CUP)、
サルーンカー(TINTOP CUP)。
さらに、ヒストリックフォーミュラや1969年までに生産されたスポーツバイク、
マン島レースで活躍したシングルエンジンモデルも登場と、
このイベントを見ればクルマ好きの心を満たしてくれることは間違いなし!
レース以外にもクルマ、バイクのパレード走行もプログラムされているので、
「レースはちょっと......」という方も要チェック!!

エントリー締め切りは11月16日ですので、参加予定の方はお忘れなく。

『2014秋 Festival of Sideway Trophy』
開催日:11月30日(日)
開催場所:袖ケ浦フォレストレースウェイ
問い合わせURL:http://www.ecossecars.com/sideway/policy/index.html
e-mail:ecossecars@k2.dion.ne.jp

2018年12月

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

アーカイブ

 

趣味の総合出版社 ネコ・パブリッシング
Copyright © 2005-2015 NEKO PUBLISHING CO.,LTD. All right reserved.