趣味の総合サイト ホビダス

明日、26日はカー・マガジン最新号の発売日です!

| コメント(0)

明日、土曜日の3月26日は、カー・マガジン455号の発売日です。

CM455_COVER.jpg

Bowさん描き下ろしの表紙画から伝わると思いますが、
特集は『ピッコロ・イタリア人生 ―小さなイタ車と過ごす幸せな日々― 』と題して、

CM455_02.jpg
アウトビアンキA112アバルトに加えて、今や希少なエレガント!

CM455_03.jpg
さらにフィアット500をベースとしたジャンニーニ590GT!

CM455_04.jpg
ヌオーバ500は、山形にある知る人ぞ知るチンクエチェントの聖地に行ってきました!

CM455_06.jpg
アバルトは話題のあのクルマが登場します。

CM455_07.jpg
安心してください、モレッティも登場します。

CM455_08.jpg
その他にもリトル・イタリアンの王道モデルといえるパンダや、


CM455_10.jpg
知る人ぞ知るフィアット128

CM455_09.jpg
知っている人はどれくらい!? 的カルトカー(失礼!)、
フィアット・ランチア・デ・ルーカも誌面を飾ります!

ヒストリックモデルから新車まで、
これほどバラエティに富んだモデルが登場するのはカー・マガジンだけ!

CM455_11.jpg
特集以外のページには、
フォード・コーティナ・ロータスや、

CM455_12.jpg
編集長の欧州旅行記、続編。

CM455_14.jpg
究極の屋根開きはどっちだ? と勝手な裏テーマが頭に浮かんだ
ケータハム160 vs ベントレー・コンチネンタルGTスピード・コンバーチブル。

CM455_15.jpg
新連載として、デザイン面から新車の魅力を探るコーナーがスタート。
最初に取り上げるのは『アストンマーティンDB11』です。

CM455_16.jpg
フラット4+ターボ・エンジンの搭載で話題となった"718"ボクスターも紹介していますが、
元祖モデルもしっかりとご紹介。

CM455_17.jpg
そして瞬間的な破壊力はないものの、
徐々に、そして確実に心を揺さぶるプジョー104の"100ドロコーナー"も必見です。

コンテンツ満載のカー・マガジンは、
お近くの書店、または下記URLから購入可能です!
http://car-mag.jp/latestissue/

===== 追伸 =====
3月26日は新刊の発売と合わせて、
読者参加型イベント、
カー・マガジン・ウィークエンド・ミーティング2016 春 in マツダ ターンパイク箱根
を開催します。
ドライブがてら、友人家族お誘いあわせの上ご来場ください!
参加車両はなんでもOKです!

日時:2016年3月26日(土)
会場:MAZDAターンパイク箱根
神奈川県小田原市早川2-22-1(小田原料金所が受付です!)
http://www.htpl.co.jp/
内容:カー・マガジン読者ミーティング(参加車は何でもOKです!)
参加費:無料

タイムスケジュール
9:00 小田原料金所にて受付開始
 *入場券代わりのステッカーを配布しますので、必ず小田原料金所通過をお願いいたします!
10:00〜11:00会場でフリータイム
11:00〜ジャンケン大会&集合写真
12:00頃終了予定

カー・マガジン454号が発売されます!

| コメント(0)

明日、2月26日といえば、
WRCの9タイムスチャンピオン、セバスチャン・ローブの誕生日!
シトロエン&ローブのコンビで、
ラリーシーンだけでなく、
WTCCでも活躍したことはご存知の通り。
ちなみにフランス人ドライバー繋がりでいうと、
昨日24日はアランプロスト、その前の日は......。
話がそれましたが、明日2月26日はカー・マガジン454号の発売日です。
最新号では『ロータス2016』と題して、
ロータスを特集しています。

CM454_blog_01.jpg
上はBowさん描き下ろしによる表紙画。

CM454_blog_02.jpg
そしてこちらが、カー・マガジンのロゴなどを入れた最新号の表紙です。

今回は、
CM454_blog_05.jpg
・チューブラー・フレーム

CM454_blog_06.jpg
・FRPモノコック

CM454_blog_04.jpg
・バックボーンフレーム


CM454_blog_07.jpg
・アルミ・モノコック

という4つの視点から、ロータスの魅力を探っています。
CM454_blog_08.jpg
実車だけでなく、ロータスの社史、
さらにミニカーによるタイプナンバーの変遷も知ることができます。


その他にも、
CM454_blog_11.jpg
ラリー・モンテカルロ・ヒストリック & レトロモービルといった、
海外イベントレポートや、
お馴染みJCCAニュイヤーミーティングといった国内イベント。

CM454_blog_12.jpg
レギュラー企画の100ドロコーナーでは、
実践編として激レアサーブを
実際に購入したオーナーを紹介しています。

CM454_blog_09.jpg
ボルボP1800や

CM454_blog_10.jpg
オーテックザガートステルビオなども誌面を飾ります。

CM454_blog_14.jpg
もちろん新型アルピーヌの速報や、
気になる新車も総ざらい。
ここでは紹介しきれないほどの
コンテンツ満載のカー・マガジンは2月26日発売です。
お近くの書店、または下記URLから購入可能です!
http://car-mag.jp/latestissue/

===== 追伸 =====
3月26日に読者参加型イベント、
カー・マガジン・ウィークエンド・ミーティング2016 春 in マツダ ターンパイク箱根
を開催します。
ドライブがてら、友人家族お誘いあわせの上ご来場ください!
参加車両はなんでもOKです!

日時:2016年3月26日(土)
会場:MAZDAターンパイク箱根
神奈川県小田原市早川2-22-1(小田原料金所が受付です!)
http://www.htpl.co.jp/
内容:カー・マガジン読者ミーティング(参加車は何でもOKです!)
参加費:無料

タイムスケジュール
9:00 小田原料金所にて受付開始
 *入場券代わりのステッカーを配布しますので、必ず小田原料金所通過をお願いいたします!
10:00〜11:00会場でフリータイム
11:00〜ジャンケン大会&集合写真
12:00頃終了予定


カー・マガジン453号が発売されました!

| コメント(0)

CM453_blog_01.jpg
告知が遅くなりましたが、
1月26日に新年一発目となる
カー・マガジン453号が発売されました。

巻頭特集は『真冬のオープン』と題して、
ドロップヘッドクーペやカブリオレ、スパイダーなど
いわいる"屋根開き"グルマを特集しています。
さまざまなシチュエーションでその魅力を探究。

では写真多めで、今月も誌面紹介いたします。

CM453_blog_02.jpg
上のBowさん描き下ろしの絵に、
タイトルなどを組み合わせて完成した
最新号の表紙がこちらです。

CM453_blog_03.jpg
特集のトップを飾るのは、
ケータハムセブン160。
ハイグリップタイヤではなく、
なんとスタッドレスタイヤに履き替えて、
雪を求めてドライブを楽しみます。

CM453_blog_04.jpg
つづいては、世界的にも希少なバウアーが手掛けた、
ベントレーRタイプ。

CM453_blog_05.jpg
さらにオープンモデルのアイドル、
アルファ・スパイダーも取り上げています。

CM453_blog_06.jpg
その他にもMGBや、


CM453_blog_07.jpg
知る人ぞ知る名車、
2代目ロータス・エランもピックアップ。
なんとこの個体は珍しいNAモデルです。
ここで盛り上がった方は、相当おスキな方ですね。

CM453_blog_09.jpg
その他にも新旧モデルを網羅しつつ、
購入可能な個体も紹介しています。

モダンなモデルの狙い目はズバリ、
ポルシェ・ボクスター!

CM453_blog_10.jpg
その他にも、
20台以上の趣味的な販売車両で物欲をくすぐります。
今号を読んでいただければ、今すぐにでも走り出したくなること間違いなし。
ただし、天候は要チェック!

CM453_blog_11.jpg
特集以外にもニューモデルから、
アストンマーティンDB9GTやアヴェンタドールSV、
さらにAMG GT-S、488GTBといった"スーパー"スポーツも紹介。

CM453_blog_12.jpg
年代は違いますが'90年代のスーパーカー、
タイプ964の911ターボも誌面を飾っています。
なんとこの個体の走行距離はおおよそ2800km。
それを物語る奇跡のようなコンディションです!

CM453_blog_13.jpg
今はなき玉川サーキットの回顧展を通じて、
在りし日の姿を紹介した記事など今月も盛りだくさんです。
この幅ひろーい、
年代のふり幅は、
カー・マガジンの魅力かと。

CM453_blog_14.jpg
カー・マガジンオリジナルステッカーの
プレゼント紹介コーナーもありますので、
欲しい! という方は応募要項を確認の上、
ぜひご応募ください!

カー・マガジン最新刊は
お近くの書店、または下記URLから購入可能です!
http://car-mag.jp/latestissue/

20160127Du1.JPG

はじめまして、広告部本田と申します。昨年2015年末にドゥカティ・スクランブラーが納車され、カー・マガジンWebでもレポートをさせていただく事になりました。
ドゥカティ・スクランブラーのパフォーマンスは私には丁度良く、その楽しさをカー・マガジン誌面でもレポートしてまいりますので、あたたかく見守って下さい。
購入先は、機能美を兼ね備えるさまざまなスペシャルパーツをリリースするモトコルセ・グループに属し、整備にも定評のあるドゥカティ渋谷。
ドゥカティ渋谷のスタッフの方に、エンジンだけではなくギヤの慣らしも兼ねた高速道路を使った慣らしを教えてもらった。まず500キロまでは、おおよそ4,000回転までを目安に4-5-6速とシフトアップし、6-5-4速とシフトダウンと繰り返し走行。次の500キロはおおよそ5,000回転まで目安に同様にシフトアップ、シフトダウンをアクセルを開け、煽るように繰り返し走行。1,000キロ超えたら、1,100キロまでは、通常のギヤチェンジに戻し6,000回転まで回す。1,200キロからは7,000回転までと、回転数を上げていく。私の場合、年末年始の3日間を使い、エンジンとギアの慣らしを済ませた。左腕に負担の掛かる慣らし走行であったが、暖冬で天候に恵まれた青い空のもと、学生時代に購入したバイクで、目的地を決めることもなく、アクセルをまわし、クラッチを握り、ギアをチェンジし、無心に走り続けた、あの至福の時が蘇ってきた。慣らしの走行でもバイクって楽しい!

20160127Du2.JPG

取材協力:ドゥカティジャパン(http://scramblerducati.com/jp
ドゥカティ渋谷(http://www.motocorse.jp/

カー・マガジン452号付録の中身は!?

| コメント(0)

CM452_calendar_.jpg

 カー・マガジン最新号となる452号には、特別付録として卓上カレンダーがついております。 既にお楽しみ頂いている方も多いかと思いますが、実は車名が入っておらず、実際お問合せも頂いています。過去1年間に掲載したものからセレクトしていることと、台数が多い月は入りきらない......という事情で入れなかったのですが......え!? わ、わ、わ、忘れたわけじゃないですよ!?!? ほ、ほ、ほ、本当ですってば(汗)。

 というわけで!? このブログに車名掲載させて頂くことになりました! 下記でご確認ください!!

●1月
アルファロメオ・ジュリア1300GTAジュニア
●2月
手前向かって左から
ポルシェ911ターボ(930)/フェラーリ・テスタロッサ/ロータス・エスプリ・ターボ/ランボルギーニ・カウンタック5000S
2列目向かって左から
ポルシェ911RS(993)/フェラーリF355/ロータス・エスプリS4S/ランボルギーニ・ディアブロ6.0
3列目向かって左から
ポルシェ911GT3(996)/フェラーリ360モデナ/ロータス・エスプリV8 GT/ランボルギーニ・ムルシエラゴLP640
●3月
ローバー・ミニ・クーパー1.3i
●4月
ロータス・ヨーロッパ S1
●5月
ホンダS800(手前)/ホンダS660
●6月
ポルシェ917
●7月
アルファロメオ・ジュリアGTAストラダーレ(左)/アルファロメオ・ジュリアGTAコルサ
●8月
ロータス・ヨーロッパ S2
●9月
モーリス・ミニ・クーパー(手前)/モーリス・ミニ・マイナー
●10月
アルファロメオ・ジュリア・スーパー
●11月
モーガン3ホイラー(右奥)/サンビーム・タイガー(左)/オースチン・セブン・スペシャル
●12月
BAC MONO

もしカー・マガジン最新号をまだお手持ちでない方は
お近くの書店さん、または下記からぜひご購入ください!
http://car-mag.jp/latestissue/

2016年11月

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

アーカイブ

 

趣味の総合出版社 ネコ・パブリッシング
Copyright © 2005-2015 NEKO PUBLISHING CO.,LTD. All right reserved.