趣味の総合サイト ホビダス

潜入! カー・マガジン書庫

| コメント(0)

こんにちは!編集部の細田です。

みなさん、突然ですがこのブログのタイトルをご存知でしょうか。

このブログ、

『潜入! 裏カー・マガジン』

の名がついています。さらにタイトル下の説明文には

『カー・マガジンの裏舞台が垣間見えるかもしれません!?』

の一言。

先ほど更新しようとPCを立ち上げたとき、
正直、あまりカー・マガジンの裏舞台まで踏み込めていないなぁ......
と思ってしまいました。
タイトル通り、潜入している感をもっと出そう!
そんな思惑から、本日はカー・マガジンの書庫を紹介しようと思います。

実をいうとカー・マガジンの書庫はお宝の山なのです。
懐かしいものから珍しいものまで、色々と出てきますので是非ご一読ください!

最初はやっぱりこちらの棚から。
20150730book_01.JPG
書庫というだけあり、当然ながら歴代のカー・マガジンは揃えてあります。
(いくつかの号にヌケがあるのはここだけの話です......)
すぐに過去の記事が確認できるというのは、
新しい記事を作っていくうえでもかなり役に立つものなのです。

20150730combine_images.jpg

こちらはまだ本誌が『スクランブル・カー・マガジン』だった時のものになります!
当時は略して"スクラン"と呼ばれていました。
こういったものが保管されていると、長く続いてきたんだなとしみじみしてしまいます。
僕はまだ入って1年も経っていないんですが......。
ちなみに、カー・マガの"スクラン時代"を経験しているのは現在の編集部では
ナガオ編集長のみとのことです。まさに"人に歴史あり"です。

さて、カー・マガジンのバックナンバーが保管されている棚の手前には
このような黒いファイルが大量に置かれています。
20150730book_03.JPG
こちらがなにか、みなさんは想像がつきますか。

20150730book_04.JPG
実はこれ、実際にカー・マガジンで使用された写真のポジフィルムなんです。
使用したカットはこのようにファイルに入れて書庫に保管を、
使用されなかったカットは別室にて保管されています。

過去に使用した写真を再使用する際は、フィルム時代のものはここから探し出し、
スキャナーを使ってデジタル化してから利用することになります。

近年のものならデータから引っ張ってきて使うだけなので、随分楽なんですが。

しかし、ポジフィルムってすごくきれいですね。
(携帯のカメラではうまく撮れませんでした......)
20150730book_05.JPG
僕はギリギリ銀塩フィルムカメラも使ったことがある世代なのですが、
ポジフィルムはプロやセミプロの方が使うモノだった印象が強く、
ネガフィルムしか見たことがありませんでした。

写真を撮り終わった後のポジフィルムは当然ですが着色もされていて、
光にかざして見ると、まさにそれが一つの作品のよう。

こういった過去のものと触れ合えるのもこの書庫のいいところです。

20150730book_06.JPG
一番奥の棚には『CAR GRAPHIC』がところ狭しと並べられています。
50年以上の歴史を持つ自動車雑誌、やはり学ぶべき点が多いのでしょう。
他社さんの発行物とはいえ、1区画を与えられています。

20150730book_07.JPG
今まで紹介した側の正面に置かれる棚には自動車の関連書籍が集められています。
イタリア車、フランス車、ドイツ車、イギリス車といった具合に
おおざっぱに分けられた区画の中には、和書・洋書問わず高そうな本が並んでいます。

20150730book_08.JPG
こちらはその中から引っ張り出した一冊。マセラティの歴史が詳しく綴ってある
『Maserati The Grand Prix, Sports and GT cars, 1926-2003』です。
その名の通り、初のレーシングカー『ティーポ26』を製造した1926年から
2003年までレースの記録から、スポーツカー、GTカーの情報までがたっぷり英語で記載されています。
20150730book_08-2.JPG
この本が発売されていた当時、マセラティの最新市販車両はこちらの『4200GT』、
いわゆるマセラティ・クーペでした。
車両紹介からスペック表、
果てはエンジンの型式名やシリアルナンバーの情報まで盛り沢山!

ここから目線をさらに下へやるとそこには段ボールの山が......。
20150730book_09.JPG
これは恐らく、以前いたビルから越してきたときに持ってきて、
そのままになってしまった書籍やクルマのカタログかと思われます。

こういった段ボールの数は多く、
また、現状お見せした通り棚もぎっちぎちに詰まってしまっているため、
今後は書庫の整理を進めていく所存です。

と、今回は色々なモノで溢れかえっているカー・マガジンの書庫を紹介させていただきました。
「本棚を見ると持ち主の人間性がわかる」なんてことはよく言われますが、
カー・マガジンがどんな雑誌なのか、こういったことから興味を持っていただけると幸いです。

今後も色々な場所へ潜入していこうと思います!
是非お付き合いください!

ギョーカイ新聞の気になる記事

| コメント(0)

こんにちは!編集部の細田です。

突然ですが、世の中には専門紙・業界紙といわれる新聞が多いのをご存知ですか。
木材や建材の流通、生産といった事柄を主に取り扱う『日刊木材新聞』、
セメントをはじめ、生コンやコンクリートに混ぜる骨材など
が得意な『セメント新聞』。
その他にもパン・おかしの専門紙『ベーカーズタイムス』や
宗派にとらわれず、仏教全般の出来事を伝える『仏教タイムス』など
その業界の関係者でなくては見たことも聞いたこともないであろう
新聞が世の中にはたくさんあります。

カー・マガジン編集部にもある専門紙が毎日届いています。
それが自動車専門紙としては世界最大級の販売部数を誇る『日刊自動車新聞』です。
新たに発表された車両の情報はもちろん、
自動車関連企業の役員の就任ニュースや
販売店のリニューアル情報まで、
全ての記事が自動車に関連したモノとなっています。
月に一回の締め切りで大変な目に遭っている僕としては、
日刊で紙面を作るなんて到底信じられないことです......。
今回は、そんな日刊自動車新聞にて興味深い記事を
発見したので、是非紹介いたします。


20150723old.jpg

まず1つ目ですが、JAFの東京支部が7月19日に品川区の東京運輸支局で
50歳以上のドライバーを対象とした講習会を行ったという記事。
加齢に伴う身体能力の変化を認識して、運転を見直すのが目的とのことで、
当日は座学をはじめ実技、視機能診断まで充実した内容だったようです。
長年の運転で覚えてしまった良くない癖を直しつつ、
現状の身体能力を把握できる貴重な機会だと思います。

日本の一般家庭に自動車が根付いて数十年が経ち、
高齢の方が運転することは珍しくありません。
そんな流れの中でこういった取組みが広がっていくと、
身体能力の衰えによる事故を未然に防ぐことが出来、
結果としてドライバー寿命も延びるかと思います。
なので是非ともこのようなイベントが普及していくことを期待しております。

と、いうのも私の祖父がなかなかの高齢ドライバーなのです。
まだまだ元気いっぱいで、運転は大丈夫だと思うのですが、
心配なことには変わりません。
とはいえ、趣味のゴルフをするためにはクルマが必要なことも
十分知っています。なので、こういった話があると自然と意識が向いてしまいます。
それに、いつかは自分にも関係してくることですし。
興味を持った方は是非参加してみてください。全国で開催しているようです。
http://www.jaf.or.jp/eco-safety/safety/senior/schedule.htm

そして2つ目はこちら。

20150723times.jpg

『タイムズカーレンタル』では
"クルマ好きが一度は乗ってみたいと憧れるクルマ"を貸し出す
『Service X』というサービスを昨年8月から行っているのですが、
今回、5台のクルマを追加で導入するとのことです。

気になる車両は
 ポルシェ・ケイマンS(987型)
 オペル・スピードスター
 アウディ・RS6(C6型)
 メルセデス・ベンツ SLK55AMG(R171型)
 BMW・M3(E92型)

とのことです。

個人的には一度は乗ってみたいと思いながらも、
実物をみたことすらないオペルのスピードスターが気になるところです。

以前ロータス・エリーゼのフェイズ2に乗っていたことがあったのですが、
何をするのも気持ちのいい、素晴らしい車両でした。
オペルによると、オペル・スピードスターとエリーゼの共通する
コンポーネンツは1割とのことですが、その走り味はどんなものなのか。
いずれ機会を作って乗ってみたいと思います。

また、こういったサービスは実車の購入にもつながるような気がします。

趣味性の高いクルマというのは、実際に購入を考えた際に、
人によっては色々な不安要素を感じてしまい、
結局、踏み出せないということも多いかと思います。
しかし、実際に長い時間乗ることで、
タウンユースで使用できるか、長距離のドライブが楽しめるのか、
はたまた、自分の家の駐車場に収まるのか
試乗では見えてこないことを多く知ることができます。

かくいう僕も、スピードスターはエアコンレスのクルマということで、
購入したいという気持ちを持ったことはありません。
しかし、実際に乗ってみて気持ちが変わり、購入
なんてこともあるかもしれないです。

色々な可能性をもったサービスだと思います。

3つ目の記事になります。

20150728mikasa_01.jpg

日本機械学会が
『ミカサ』のオートマチック・トランスミッションを『機械遺産』として選定した。
という内容になっています。

そもそもみなさんは『ミカサ』ってご存知でしたか。
1955年に岡村製作所が自社製のトルコンA/Tを載せて発売した
国産初のA/T車とのことです。

恥ずかしながら、私は全く知りませんでした。

このミカサ、水平対向2気筒エンジンを搭載したFF車らしいのです。
横置き4気筒のエンジンとギアボックスをフロントに収めて
前輪駆動としたパッケージングが当時革新的だったミニの登場が1959年ですから、
2気筒とはいえ、1955年の時点で
このようなクルマが日本に存在していたというのはとても興味深い話です。

現在も『オカムラいすの博物館』にて保存されているようなので、
興味が湧いた方は是非、行ってみてはいかがでしょうか。
http://www.okamura.co.jp/company/museum/

と、書いたところで岡村製作所が椅子を造っているあの岡村製作所だと気づきました。
岡村製作所といえば、ジウジアーロデザインのオフィスチェアー、『バロン』が有名ですね。
我が家ではバロンという名の犬を飼っているのですが、
ジウジアーロがデザインしたクルマを所有しているため、その存在を知った時は
「この椅子を買うしかない!」
と思ったものです。値段を調べたら、とても自分には買えない代物でしたが......。

以上、3つほど個人的に気になった新聞記事を紹介させていただきました。

最初はなんとなく読んでいただけの日刊自動車新聞でしたが、
さすが専門紙と言いたくなるような記事が多く、今は楽しく読んでいます。
専門紙だから取り上げられる記事、
取り上げるべき記事が存在するという点ではカー・マガジンでも同じです。
色々な媒体から参考にできるべき点は吸収していこう、
そんな風に思いました。

夏の祭典、TOHM!

| コメント(0)

こんにちは!編集部の細田です。

7月19日、海の日は姉妹誌主催の『ティーポ・オーバーヒート・ミーティング2015』
へ駆り出されておりました!

この日、岡山国際サーキットには全国から大勢の自動車好きが集結!
地元岡山ナンバーや、姫路ナンバーはもちろん、
東京の足立ナンバーまで本当に色々なところから
様々なクルマが参加していました。


さて、イベントは19日のみだったのですが、
18日の朝から我々スタッフは岡山国際サーキットで準備をしなければならなかったために、
17日の昼に東京を出て、クルマで移動していました。
ちなみに会社がある東京の目黒から岡山国際サーキットまでは実に約630㎞!
初日に宿泊する姫路までは約580㎞の道のりです。
このクルマ移動もイベント前の恒例行事となっているのは、
Tipo読者の方はご存じでしょう。

しかし、その日は台風11号が関西地方に上陸し、大暴れ。
台風の中へわざわざ突っ込んで行ってしまった我々は各所の通行止め、
それに伴う大渋滞に巻き込まれ、散々な目に合うことになってしまいました。

20150728TOHM_02.JPG

草津で休憩時の交通情報。
まさかこの時はあんな目に遭うとは思ってもいなかったです......。
ちなみに赤いところが通行止め区間です。


特にその中でも渋滞のドツボに嵌ってしまったのが、
私とTipo編集部員竹内さん(別名、どすこひ2世)が乗っていたVWポロ GTI組。

13時半に東京を出発した我々含む6組が
19時には500㎞越え地点である神戸まで移動出来ていたのです。
しかしその後、宿がある姫路市に最速組が到着したのが24時だったとのこと。
60㎞少しの距離に5時間を要した計算になります。
対して我々ポロ GTI組は......
なんと翌朝6時の着でした。
それも、高速道路を下りてから到着するまでの11時間のうち、
大半である10時間を神戸市内10㎞を抜けるのに費やしました。

他の組が食事を摂ったり、休憩をしつつ5時間で目的地に辿りついたのに対し、
我々はこれといった休憩もとらずにこの有様。

いつまでも動かない道にしびれを切らし、
別の裏道へ入ると、余計に動かなくなるという
負のスパイラルに陥った我々は
ピーク時で500m/hという信じられない移動速度を記録。
"バカ組"という不名誉な称号を頂戴する羽目になった次第です。


翌18日はイベントの事前準備が忙しかったために、
ほとんどのスタッフがイベント当日は睡眠不足でした。
しかしそんなスタッフの眠気と疲れも吹っ飛ばす、あることが。

それは1977、'78年のF1でグラウンド・エフェクト革命を巻き起こした名車、
ロータス78のデモランです。
この時ばかりは運営スタッフも少しだけ作業の手を止めて、
名機DFVのV8サウンドを伴って走り去っていく78の姿を目に焼き付けました。
まさかこんな間近でみることができるだなんて!
眠い目をこすりながら、必死にF1の放送を見ていた小学生の時の自分に自慢してやりたいです。

2015071901.JPG
写真はロータスF1、2台を前にTipo副編集長のナパさんや、
カメラマンが大はしゃぎしているところです。
本当にみんな、一気に目の色が変わりました。
ちなみに手前が先述のロータス78。
奥はツインシャシーという革新的なパッケージングを採用しながらも、
それがレギュレーション違反との指摘を受け、
グランプリへ参加することができなかった幻の車、ロータス88です!

20150719.jpg 
F1マシーンの他にもメルセデスAMG GTやKTM X-BOW GTなど
滅多にお目にかかれないクルマと触れ合うことができ、
大興奮!AMG GTとは今回が初のご対面ということもあり、
目の前でついつい正座をしてしまうほどです。
今回は運転したり、横に乗ることは叶わなかったですが、
何れそういった機会が得られることを切に願うばかりです。
しかし、ロングノーズ・ショートデッキのスタイリングは本当に見ていて惚れ惚れする......。


一日を通して大盛り上がりだった『ティーポ・オーバーヒート・ミーティング2015』
もちろんここに書ききれていないクルマや催し物も沢山ありました。

イベントの詳細に関しては、Tipoの8月6日発売号に掲載されますので是非ご覧ください!
そして是非、来年の参加をご検討ください!

Tipoの公式サイトはこちらから!
http://www.tipo-mag.com/

みなさん、こんにちは。
編集部の細田です。


本日は一件、イベントのお知らせがございます!

その名も
『クールジャパン・オールドカーズフェスティバル in SHIZUOKA2015』


10月25日日曜日に『静岡県のツインメッセ静岡 南館』にて開催される
クルマの展示・販売会とのことです。

展示される車両は基本的には1983年以前のものということで、
読者の皆様的にもドストライクなものが多いのではないでしょうか。

さらに、30店舗以上のプラモデルや模型関連グッズを中心としたフリーマーケット
『モデラーズminiフリマ19』も同時開催!


クルマやパーツ、模型の掘り出しものを探しに行くのも楽しそうですね。

また、来場者先着100名様へミニカーのプレゼントがあったり、
中学生以下先着200名様へダンガンレーサーがプレゼントされるとのことです。

入場料は高校生以上600円(中学生以下無料)です。


出展される方も募集中とのことですので、興味を持たれた方は以下のURLよりご確認ください!

http://www.shizuoka-create.jp/OCF.page/ocf.html

開催場所はこちら!
20150723.gif

本日25日はカー・マガジン447号の発売日です!

| コメント(0)

こんにちは!編集部の細田です。

今日はCar MAGAZINE 447号の発売日になります。
2015-07-24_01.png
新入り編集部員の私が最新号の紹介をさせていただきます。

巻頭特集は『歴代アルファロメオ・ベルリーナ!』

ご存じかと思いますが、6月24日に新型ジュリアが発表されました。
今回はそれを受けまして、
イタリア本国で行われた新型ジュリアのレポートと共に、
歴代のアルファ・ベルリーナ『4枚ドアセダン』を振り返ろうという企画となっています。

世間的にはアルファロメオは、"伊達男が乗るイカした車両"というイメージでしょうか。
マセラティのM/T車をヒイヒイ言いながら維持している自分としても、
アルファはずっと気になるメーカーです。
ただ、自分が自動車部出身ということもあり、
一にも二にも後輪駆動車!な思想に染まってしまっていまして、
近年のアルファは"自分で所有するにはなかなか踏み出せない"ポジションなのです。
しかし、今回はFRづくし!ということで気になる車両ばかりの登場です!


2015-07-24_03.png


まずは新型『ジュリア』の特集です。アルファ伝統のFRが復活ということで、
気になっている方も多いのではないでしょうか。
こちらのページでは6月24日の発表会の模様が事細やかにレポートされているほか、
車両のディテール写真、カッシーナやモデナの工場についても触れています。

続きますは歴代ベルリーナの特集です!


2015-07-24_02.png

やはり外せないのは『ジュリア・ベルリーナ』。
アルファロメオの4ドアセダンの原点を、弊誌顧問吉田拓生が探ります。


2015-07-24_05.png

その後はオーナーさんご協力の下、大雨の中で取材した3台の『アルフェッタ』です。
トランスアクスルレイアウトをはじめとする
"メカニズムが優れた車両"とのイメージが強かったのですが、
初めて生で見るとスタイリングも実にセクシーで惚れ惚れしてしまいました。
この日、取材に協力してくれたオーナーさんは意図せずアルフェッタ3台体制をとることに。
うち一台を今後手放す予定とのことですが、
また知らず知らずの間にアルフェッタを増車してしまうのではないかな......なんて思っています。

さらに戦後初のV6ユニットを積んだ『6』、75周年記念車の『75』を経て、

2015-07-24_06.png

『ティーポ4プロジェクト』で共同開発となった
『164』と『ランチア・テーマ』の最強モデルを揃えた
『ALFA 164Q4×LANCIA THEMA 8.32』や

2015-07-24_07.png

'90年代のDTMで大暴れをした『155』の回顧ページなど
さすがアルファともいうべきアクの強いページが続きます!


2015-07-24_08.png

もちろん、「アルファロメオは"ハコ"だけじゃない!」
ということで創業時からの歴史も辿っていきます。
レースと密接に関わった高級自動車メーカーの歴史は読みごたえ抜群です。

2015-07-24_09.png

巻頭特集に続きましては17年振りのポルシェの優勝で沸いた『ル・マン24時間』の特集。
相変わらずドイツ勢の強さを見せつけられる結果となりましたが、
是非、来年こそは日本のメイクスに優勝をしてもらいたい!

2015-07-24_10.png

ヤングタイマー(1980年代の車両)にスポットを当てるページでは、
ポルシェの4気筒FR、『944 TURBO』。
空冷フラット6のRRというイメージが強いポルシェの名を冠したこのクルマが、
当時どのような評価を受けたのか想像に難くないですが、そんな先入観を捨てて、再評価します。

2015-07-24_11.png

気になる新車はマツダターンパイクにて今買えるM/T車を一気乗りした
『M/T車の集い』がなんといっても印象的です!
この特集に際してFFのプジョー208GTIに2日間乗りましたが、
やはり自分の手足のように動いてくれるM/T車の面白さというのは特別です。
上で後輪駆動がどうこう書きましたが、いいものはやっぱりいいです。
日本国内でもM/Tがラインナップされている車種というのが
再度徐々に増えてきているように思えます。
是非、M/T車が絶滅危惧種から外れる日が来ることを祈ります。

2015-07-24_12.png

その他の新車では2気筒エンジン、ツインエアーを載せた4WDパンダ、
『FIAT PANDA CROSS』などを紹介いたします。

2015-07-24_13.png

そういえば、アストンマーティンの起源がヒルクライムにあることをご存じでしたか。
こちらのページでは聖地アストン・クリントンと
アストンマーティンの関係を改めて紹介します。

2015-07-24_14.png

その他にもマツダがフィーチャーされて話題となった
『グッドウッド・フェスティバルオブスピード』のイベント記事、


2015-07-24_15.png

ついに完成した『フィアット500D』のレストア記事などもあります。

その他、ここで紹介しきれなかった魅力的な記事がまだまだ続きます!
他のコンテンツも気になるという方、
紹介された記事を詳しく読みたいという方は是非ご購入下さい!!

カー・マガジンの最新刊はお近くの書店、またはこちらから是非ご購入ください!
http://www.neko.co.jp/?p=91005http://www.neko.co.jp/?p=91005

2016年11月

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

アーカイブ

 

趣味の総合出版社 ネコ・パブリッシング
Copyright © 2005-2015 NEKO PUBLISHING CO.,LTD. All right reserved.