趣味の総合サイト ホビダス
 

« 2008年4月 | メイン | 2008年6月 »

2008年5月 アーカイブ

2008年5月 1日

コイノボリ

skyfish.jpg

外がキモチいーねぇ。
そういえば、倉庫にシドニーのおもちゃ屋で買ったコイノボリがあった。
こいつをツリーハウスの上に揚げた。
いいね、いいねー。忘れてて悪かった。
ちょうど、こどもの日が近い事だし。
ツリーハウスで回ってる、風車と同じ配色。
多分、同じ店で買ったと思う。

ツリーハウスを造った残りの材料がいっぱい残ってて、
この木の下で1800×900のテーブルを作った。
仲間と庭でパーティするためのテーブル。
今日はデッキに置くベンチを。これは1500×500。
ちょうど黄緑色のペンキがあって塗ったら、ナイスなベンチになった。

今、スクリーンポーチで乾燥中。
注意”ペンキ塗りたて”

2008年5月 4日

ガーデン・ファニチャー

これが、木の下で造ったやつだよー。

軒下に放置してあった、ツリーハウス造ってもらった時の
残りの垂木で造ってみた。
ペンキは、10年前に使った残りが使えたし。
(硬化も分離もしてないんだよ!びっくり!)

だから、この3点のガーデン・ファニチャーの製作費用は0円!

080503-1.jpg

080503-2.jpg

ただ、シロウトが造ったやつだからね。
キレイな色塗ってごまかしてるけど、
コーヒーテーブルは、足が垂直じゃないし・・ ;
ベンチは一度に大人3人座らないで欲しい・・ ;
足のカット面が斜めだからさ、ガタガタするよ・・ ;
ま、でこぼこ面(野外)で使うやつだからさ。
気にするなよ。

それよりも、ここ数日でツリーハウスに珍しいお客さまが!

まず、蛍。
何か階段を登ってる虫がいるなーと思ったら、蛍だもん。
目覚めたばかりで、動きが鈍かったけどね。
毎年、1匹だけうちのあたりに飛んでてね、
はぐれ蛍だと思ってたら、ここに住んでたんだー。カンゲキ!
6月中旬あたりに、また会おうなっ。

次は、きつつき。ウッドペッカーッ!
うちに来た人が、見つけたんだけど
木の幹を登ってた。
初めて見た!カンゲキ!
普通の鳥は、幹を登らないからね。
登るなんて、きつつきは足が前傾してるんだろうね。
幹に穴掘ってるとこもみたい。

今は、蚊がいないベストシーズン!
うちの庭で遊べるのは、5月と11月だけだから・・・。

2008年5月 5日

ノスタルジック☆エッセイ③

「第3話」ストーブ当番

essey-3.jpg

あの頃の冬の学校はダルマストーブを使っていて、木や石炭をガンガン燃やして教室を暖めていた。
今思うと面白いのは、そのストーブに火をつけるのを子供たちでやっていた。

ストーブの蓋を開けてマッチで火をつけるだけじゃないよ。
冷え切ったストーブに木や石炭をくべてボウボウと燃えるまでの
すべてを任される「ストーブ当番」ってのがあったの。

上級生の5、6年生になると、この「ストーブ当番」がまわってくる。
当番は焚き付け用の焚き木を家から持って登校し、始業の30分前に
全校6教室の火をつけるのが仕事。

家で焚き木を準備するのを忘れても、登校の途中の道端に落ちてる木を拾っていけばいいから
安心だった。枯れた杉の葉が一番いきおいよく燃えるので、それを集中的に拾う。
時には、生の杉の葉を燃やしたりして大変だった。それをしちゃうとどうなるか知ってる?
すんごい勢いで白い煙が出てねぇ、教室中が煙だらけになっちゃうんだ!

煙を追い出す換気のために全部の窓を開け放すからみんな寒くて、おまけに煙で目も痛くて大変!
もう教室の天井に雲みたいにもやがかかって「誰だ!!今日の当番は!?」って先生に叱られ、
またクラスメートからも非難の嵐。この煙騒ぎで授業開始が遅れるから嬉しかったけどね。
しょっちゅうこういう事があったよ。

しかし、よく子供たちにこんな事をやらせていたと思わない?
今だったら「火事を起こしたらどうする?とか子供が火傷でもしたらどうする?」なんて問題になるね。

何もかもが、つくづく平和な時代だったなぁ・・・・。

つづく
第4話は「恐ろしいお灸」

2008年5月12日

T-Rexの溶接アート☆4回目

どうよ!この雄姿!!このプロポーション!まいったか。
だいぶん、いいカンジになってきたでしょ?
向こうにいるのが、工房のオーナーのJUNさん。(見えないってば;)

t-rex051201.jpg

こうやって火花散らして、金属を溶接すんのよ。
グラインダーって刃で、鉄を切断したり。こっちの方が火花がスゴイ。
危ないけど、オモシロイ!

3人寄るとナントカ・・っていうように、いろんなアイデアが出てきて発展する。
造りながらいろんなモンダイにぶつかるけど、あー、楽しい♪

t-rex051202.jpg

連載の月曜日だけど、ちょっと待ってて。
カミング・スーン・・・。

2008年5月15日

ノスタルジック☆エッセイ④

第4話「恐ろしいお灸」
essey-4.jpg

うちのしつけは厳しかった・・・。
今では虐待と言われるほど昔の親のしつけは、どこの家でも容赦なかった。
そんな乱暴な環境の中で当時の子供たちは、雑草のようにたくましく育っていった。

子供の頃の恐怖ランキングのダントツ1位は、「神様の部屋でのお灸」だ。

確かにいろんなイタズラをしたが、子供の事だから大目に見て欲しかったなぁ。
1度の悪さでは、この体罰には至らなかったが前歴がいくつか重なると「ドッカン!」と叱られて、
そこからはいくら謝っても許してはもらえず神様の部屋への直行コースである。
仏壇の前に正座をさせられ、裸になった肩の肌の上によもぎの草をてんこ盛りされる。
これが「お灸」の体罰なのだ!
線香で火をつけられ高温度の熱がじわじわと体をいじめていく、いわゆる”SM”の世界。

そのお灸は、泣き叫んで反省の色の誠意を見せるまで止めてもらえない。

あーっ!思い出したら熱くなってきた~・・・。
何度か兄と一緒に、神様の部屋でこの儀式を受けた覚えがある。
このように母サダコは厳しかったが、それは母1人の決断ではなく
背後にモリイチというおじいちゃんのトップ指令があったようだ。
子供は厳しく育てるという、古い松山家の伝統教育のとばっちりをボクたちも受ける事になったのだ。

体罰の第2ステップとして真っ暗な蔵に監禁という、もう今では虐待事件として大犯罪、大ニュースになってしまう悪事を、我が家では平然と行われていたのだ。
しかし、今のガキにこんな事したら閉所恐怖症ストレスで死んじゃうぞっ!
また、そのオハナシはいつか・・。

当時のしつけはいささか行き過ぎではあったが、今の時代のしつけは甘すぎる。

この中間ってのがむつかしいんだよなぁ・・・。

つづく

2008年5月17日

レオ・シューウェルのペンギン

penguin.jpg

約15年前に、名古屋の松坂屋の地下にあった「モノ・ショップ」でこのペンギンを発見した!

他にもう一体小さな犬もあったけど、このペンギンに一目で魅了された。
金額を見たら36万円とあったのであきらめて店を去ったけど、
どうしても忘れられなくてまた店を訪れた。
店員に金額を確認したところ、どこかに電話をして8万円でいいと言われたので即決で購入。

それからは、松山家の宝物になった。
(ボディのパーツには、Leo Sewell 1987 とサインがある。)

2007年の秋に映画のロケでうちの家が使われることになり、美術装飾のスタッフと監督が
うちの家具やインテリア小物の確認をしている時に、このペンギンも気に入ってくれて
そのままリビングのオブジェとして使われた。

英治が、トンネルからドロドロになって帰ってきたところで
慶子ママに「どこに行ってたのか」って責められるシーンで画面に大きく登場する。

いまさらなんだけど、このボディにあったサインをネットで調べてみたら
Leo Sewell(レオ・シューウェル)さんってアーティストで有名だった。

レオ・シューウェル

フィラデルフィアのゴミ捨て場の近くで育ち、そういう材料を利用して動物などの
オブジェを造り、彼独特のユニークな世界を確立した人。

うちにあるのは、ガラクタのおもちゃや家庭用品のゴミなどで
造られているけど、他にも素材はステンレスやアルミや真鍮などさまざま。
等身大の飼い猫から、24フィートのステゴザウルスまで。
博物館や空港などいろんなところに、彼のオブジェがあるみたい。
彼のウェブサイトで、他の作品を見る事ができるよ。

今、一番会ってみたい人になった。

2008年5月24日

ヤサイを入れる箱

yasai-box1.gif

昼から雨が降るっていうから、午前中に工作した。
今日のお題は”ヤサイを入れる箱”

アンティークのこんな箱って、オークションで見ると結構高いよねぇ。
兄の家に果物を収穫する時に使ったような外国の古い箱があったから
その箱に焼印されてる文字を写真に撮ってきて・・・
塗装済みの板が何枚かあったから、真似て造ってみた。

①写真に撮った文字部分の画像を、適当な大きさに引き伸ばしてプリント。
②その文字部分を、デザインナイフで丁寧に切り取る。
③裏にスプレーのりを噴く。
④板に当てて、黒ペイントスプレーをする。

こんなステンシル入れるだけで、雰囲気のある箱が出来た。
あとは板の小口の塗装をするだけ。
ダンボールやスーパーの袋じゃイマイチだからね。
こうやってキッチンの隅に置いて、ヤサイを入れておくだけでカワイクない?

yasai-box2.gif


2008年5月26日

T-Rexレポート

今日で、合作のT-Rex造りは5回目。

t-rex052601.jpg

t-rex052602.jpg

前日まで、それぞれバタバタ忙しかったためにみんなお疲れモードだったけど・・
今日は、表面にガラクタやおもちゃをつけるところまで進んだ。
おもちゃ類を集めた箱から、カラダの曲線に合う形状のものを探して造形していく。
これが、めちゃくちゃ楽しかった♪
金属の無骨な骨組みに、愛嬌が出てきてカワイくなった。
やっと完成が見えてきたよ。

昼は、JUNさんのお母さんの手料理をいただくんだけど
オフクロの味がすごい美味しくてね~。
いつも、すみません。ご馳走さまです!

作業は工房の外でやってるために、
終わると4分割に解体をして片付けないといけないのでそれが大変。
解体しても、そうとう重いからねー!フーッ・・・;

だから、次回は合宿をしようよと提案した。
朝から夜までやって飲んで泊まって、また朝からやる。
これで、ほぼ完成するんじゃないかな。
ただ、あまり飲み過ぎないように注意!作業の能率が落ちるからね。

一緒にやってるマスちゃんの家に泊まるんだけど、ここの家はすごいよ!
2階にプレイルームがあってね。
バーみたいになってて、ビリヤード台も置いてあるしっ!
セントラルヒーティングだから、全室が一律に空調されてるの。
日本でランドリーシューター※のある家なんて初めて見たよ。
(※2階の壁にある穴から、洗濯物を放り込むと階下の洗濯室に落ちてくるやつ)
豪華でセレブな、山の中のホワイトハウス!!
この家こそ、田舎の中で浮いてるんだよ。
そのうち、映画のロケに使われるかも・・。

whitehouse.gif


あ、ノスタルジックエッセイ連載のアップ。
まだ、絵が描けてないんだ;
待ってる人、待っててね。
(毎週月曜日更新じゃなく、不定期連載にヘンコー!)

2008年5月30日

あの空をおぼえてる

うちのアメリカンハウスが深沢家の舞台になった映画「あの空をおぼえてる」が
ゴールデンウィークはじめの4/26に全国で公開されてから
今日、5/30(金)にほとんどの劇場で上映が終了する。
ぴあ映画満足度ランキングの堂々第一位!になったってのもすごい。

anosora1.jpg

結構ロングランだったよね。
「今日、映画観てきました!」「すごくよかったです;」とたくさんのメールがいつも届く。
静かに心に響く、い~い映画なんだよね。

まだ、あと1週間上映している劇場は全国で以下の9館だよ。
監督の出身県と、ロケ地になったご当地の劇場がちゃーんと入っている。

【6/6(金)まで観られる映画館リスト】
・山形/MOVIE ON やまがた
・東京/新宿バルト9と丸の内TOEI(2)
・大阪/梅田ブルク7
・山梨/甲府武蔵野シネマ5
・長野/佐久Amシネマ
・岐阜/シネックスマーゴ
・福岡/ソラリアシネマ
・広島/広島バルト

↓上映時間はここから確認できるよ。
上映中の映画館

まだ観てないヒトがいたら、是非どうぞー!
うちの2大名物の”ネズミの穴”と”ペンギン”もしっかり登場するからね。
ボクも最終日の最終上映回に、もう1回行く予定。

anosora2.jpg

DVDが手に入ったら、”どれだけ騒いでもいい鑑賞会”をアメリカンハウスでやる予定だよ。
煎餅をバリバリ食べても、ガハハ!と大声で笑っても、携帯電話鳴らしてもOk!
みんなでビール飲みながら、騒いで観るのだー。楽しみ♪

About 2008年5月

2008年5月にブログ「こだわりマッツのブログ」に投稿されたすべてのエントリーです。新しい順に並んでいます。

前のアーカイブは2008年4月です。

次のアーカイブは2008年6月です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

Powered by
Movable Type