趣味の総合サイト ホビダス
 

« 2009年1月 | メイン | 2009年3月 »

2009年2月 アーカイブ

2009年2月 1日

日曜工事

ここ数日、すごい強風。突風!
大雨や強い風が吹くと家にダメージがないかと心配になる。

外出から戻ると、庭に屋根材のアスファルトシングルの切れ端が落ちてた。
嫌な予感がして
慌ててツリーハウスに上がって屋根を見ると一部がめくれあがってた。

090201-1.jpg

やっぱりな・・・強い突風だったもんな。
それにしても、なんでこんな風にめくれちゃうの?って・・・。
自分でやった施工方法が適当だったからね。
だいたいこの辺、釘打ってなさそうだよね;

ま、いいや。
気を取り直して、さっそく補修工事に。
自分でやったから、どこをどう直せばいいってのはわかる。

散らばった破片や補修用の屋根材を組み合わせて復元した。
補修工事作業時間は、約30分で終了。
まだ、ダメージ箇所が小さくてよかった。

屋根材もあと数年したら、シーダーシェイクに張り替えたい。
木を縦割りにしたウェスタンな屋根材なんだよ。
↓ ↓ ↓

090201-2.jpg


そういえば、今日は建材市場ってとこに行ってきた。
今度、あるカフェの店舗デザインをやらせてもらうことになりそうで
なんでもここに輸入建材が破格で売ってるって聞いたから。

行ってみて驚いた。
アメリカで行ったホームセンターのようだった。
輸入したけど間違っていたとか、変更があって使わなくなったとか
そういう理由でどこかで余っちゃった建材なんだろうね。
それに値段が安い!
うちが輸入したアメリカン・スタンダードもあるじゃないか。

店内のすべてのアイテムをくまなくチェックして
使えそうなものを写メに納めて、いくつかツバつけてきた。
ハウス関係のモノを、こういう場所で物色するのって大好きだから
本当にシアワセな時間だったよ。

2009年2月 4日

1月に観た映画

2009年1月 17本
(邦画7/洋画10☆劇場1/DVD13/スカパー3)

・アルゼンチンババア
・陽気なギャングが地球を回る
・スターシップ トルーパーズ3
・トラフィック
・ザ メキシカン
・ホテルルワンダ
・あひると鴨とコインロッカー
・マルコヴィッチの穴
・バタフライ エフェクト
・スィニートッド
・きみにしか聞こえない
・ブエナビスタ ソシアルクラブ
・めがね
・恋空
・紀元前1万年
・チェ28歳の革命
・アフタースクール

今年から観た映画を記録する事にしようと思って。
ほとんどが家のTVだったけど、本当は1人で劇場で観るのが一番好き。
観た映画の中から選ぶと
「バタフライ エフェクト」「めがね」「マルコヴィッチの穴」「アフタースクール」がよかった。

ちなみに次回のシネマプラスVOL.28は、上の洋画の中から描く予定だよ。

2009年2月14日

牛柄模様のゲートウェイ

メインのHAL9000型コンピューターが完全にイカれてしまって
とりあえずサブのSAL9000型ノートパソコンで間に合わせていたけど、
以前から欲しかった”Gateway”GT5098j ってのを買ってきた。
故障原因は、マザーボードのチップが焼けちゃったらしい。

マックもあるから、デスクにはパソコンが3台ズラリと並んだ。
古いマックは今は住所録だけしか使ってないけど捨てられないね。
ポンコツのビートルを手放せないのと似てる。
デザインがいいからね。そこに置いておくだけでうれしいんだ。
時々起動してつけっぱにしておくと、スクリーンセーバーが働いて
”フライング トースター”が動き出すからそれだけでもカワイくてね。

gateway.jpg

”Gateway”も
牛柄のロゴがかわいいからって、それだけの理由で前から欲しかったメーカー。
それにしても牛乳メーカーじゃないのに、何で牛柄模様なの?って思ったら
アイオワ州の農家で設立されたPCブランドなんだって。
農家出身だからこの牛柄にしたってのが、なんともしゃれているじゃないか!

新しいマシンはいいねぇ!ワーイ、ワーイ!!

2009年2月16日

ニッポンの零戦

知り合いの元パイロット、H君のお誘いで復元された零戦の実機を見てきた。

なんでも、趣味で零戦の模型を作るために本物のディティールを確認しに
行きたいっていう事で、飛行機マニアの兄と一緒に同行させてもらったのだ。

それにしても、模型作りのためにここまでやるかっ!

1人乗りとはいっても、さすがにホンモノはでかいねーっ!
なんと、操縦席にも座らせてもらった。
照準器越しの前方の視界はこんなだよ。

090216.gif

操縦席は深くて”たこつぼ”にでも入ったような感じ。

おまけにボディがペラペラの金属板で
敵機からの射撃をくらったら、もう終わりだったらしい。

館長の方から
ここに”活動映画銃”というフィルムカメラを付けたんだよ とか
このカウルフラップを開けたところにクランクをはめてエンジンをかけた
とか、三菱では戦闘機用の小さなエンジンを作れなかったので
エンジンだけは中島製(今のスバル富士重工)なんだよ とか
「ほぉー!」と、戦争当時を想像しながら説明を聞いた。

これで、隣国の上空を飛び回り空母などを攻撃をし玉砕していった
日本兵を考えるとフクザツな想いになるけど。

うちの父親は昔、飛行機の生産工場にいたせいで
子供の時にうちの家で使われていた
リヤカーには飛行機(飛燕:ヒエン)のタイヤがついていたな。
その工場でもらってきたらしいけど
そんな貴重なものを荷車なんかにつけるなよ; オイ!

今日は、なかなか実現できない零戦見学だったので
楽しかったなぁー!


2009年2月23日

カフェのデザイン#1

以前から知り合いのFさんから
今住んでいる家でカフェを始めたいとその店舗デザインの依頼があった。

どうせやるなら全部やらせて欲しいので
・店舗デザイン
・資材の選別と手配
・家具、食器、小物の演出
・ロゴデザイン
・コーディネイト~監修 までのすべてをプロデュースする。
本当はまずアメリカのホームセンターに飛んで買い付けをしたいけど
予算的に厳しいので余りを出してから考えたい。

”アメリカンハウス”を造った時のように楽しい仕事♪
4月末(予定)にマッツ印のカフェが岐阜市内にオープンするよ。

「1階の部屋を店に使いたい」というFさんの要望を
「梁がむき出しになった2階のリビングにしましょう!!」とのっけから計画をくつがえす。

2月22日

shangrila0222.gif

Fさんの家は玄関に、こんなコンクリートの門がある。
この門の間に鉄骨の階段を造って、2階にある物干し場を店の入り口にする。
このコンクリートの門は地震で倒れる危険性があるために
階段を担当する近所の金子鉄工所のアキ兄ちゃんと撤去にでかけた。

ハンマーで壊して固定された部分の鉄筋をむき出して酸素で切断。
1.5トンある石板をユニックで吊りおろす。
横のブロック塀は残してアクセントにしたい。
この中央から階段を上がってカフェに入るアプローチ。

ダイナーの写真集などを参考に階段の手摺りのデザインを考える。
鉄工所で70mmの平板や13mmの丸棒など
資材の現物を確認して細かい指示を出した。
曲線に加工する部分があるから、その時は加工作業に立ち会って
曲げ具合のビミョーな部分を確認するつもり。

Myチェーンソウ持参で邪魔になる樫の木も切り倒してきたよ。

というように、カフェのレポートをしていくので
またお楽しみに・・・。

2009年2月26日

カフェのデザイン#2

2月26日

今日は、階段入り口にくるコンクリートの壁の加工工事。
重い鉄のハンマーを振り回してガタガタした山状に壊す。
壊したブロック上の小口の仕上げは左官用のコテでモルタルを塗った。
完全に硬化したら、白ペンキを塗る。

shangrila0226-1.gif

いよいよ、金子鉄工所で鉄骨階段の製作がはじまる。
アパートに上がるところによくあるような鉄の階段だけど全然ちがうよ。
幅があって(120センチ)、長くて傾斜がゆるくて、デザインがかっこいいからね。

ところで・・・
玄関ホールの床にはこんなデザインタイルを貼りたい。
欧米では定番のクラッシックな床タイルなんだけど
これが日本国内ではなかなか見つからない・・・。

shangrila0226-2.gif

このブログ見てる人で
どこかで貼ってあるの知りませんか?
何か情報があると助かります。

このデザインタイルは、ピクサーアニメの「レミーのおいしいレストラン」の
厨房の床にも貼られていたタイルなんだよ。
人間が来た時に、ネズミたちがこの粒の模様部分に隠れていたから
覚えている人も多いんじゃない?
白いタイルの中に小さな粒タイルがダイヤ状に配置されててカワイイ。

それにしても、カフェのプロデュースって楽し~い♪

つづく

2009年2月28日

カフェのデザイン#3

2月28日

090228-1.gif

カフェをやる施主のFJ くん夫婦と建材市場という資材のアウトレットに行った。

前回の下見でツバをつけて取り置きしてもらっておいた
ステンドグラス、ストアドア、洗面台、トイレット、カルチャードストーンなどを買いに。

実際にカフェを運営する奥さんのFKさんの意見が重要なので
買う前にモノを最終確認してもらう。
その後、いろんな工事の確認やデザイン面の打ち合わせ。

駐車場が小さいので、庭の垣根を削って拡張する工事も追加となった。
これも階段担当の金子鉄工所がやってくれるというから助かる。
いろんな専門業者が増えると支払う先も増えるから
業者はなるべく少ないほうがいい。
途中から追加の工事が増えて資金オーバーになる事だけが怖い。

デザイナー 兼 職人のボクとFJ くんとで出来る所はセルフビルドする。
土木工事、左官工事、大工工事、ペンキ塗装工事…何でもやっちゃう。
大変なんだけど、でもこれが楽しい。
自分たちで造った店という達成感がたまらない。

金子鉄工所では階段の製作が始まっているので
ボクは、T-Rex 製作をしている工房のJUNさんところに行って
手摺りにつける飾りを造らせて欲しいとお願いをした。

鉄棒などを、曲線にぐるぐると曲げる機械を持っているからそれを借りて
自分で加工するのだ。階段はこんなデザイン。
アメリカの”ダイナー”によくあるような感じにした。

090228-2.gif

鉄材を加工するのは
初めてやるんだけど、鉄専門芸術家のJUNさんがいるから心強い。

※あ、”T-Rex”はどうなったって・・・?
  そうそう、みんなの仕事などの予定が合わなくて、途中で止まっているの。
  仕上げがもう少しなので、気長に発表を待っててね。ガオォォー!

About 2009年2月

2009年2月にブログ「こだわりマッツのブログ」に投稿されたすべてのエントリーです。新しい順に並んでいます。

前のアーカイブは2009年1月です。

次のアーカイブは2009年3月です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

Powered by
Movable Type