趣味の総合サイト ホビダス
 

« 2010年1月 | メイン | 2010年3月 »

2010年2月 アーカイブ

2010年2月 1日

ノスタルジック☆エッセイ⑥

【第6話】わんぱくブル公 

glico6.gif

オマケ付きの定番グリコに飽きた頃、「アーモンドグリコ」という縦長の箱のキャラメルが出た。
アーモンドの粒が入ってて香ばしい味だったな。
オマケはなかったけど箱のマークをたくさん集めると、電動で動くおもちゃがもらえたんだ。
これにはときめいた・・。

第1弾は「わんぱくブル公」という散歩できる犬のおもちゃ!
確か、"ワンワンッ"って喋って 激しく動いていたなぁ。
これを手に入れるために毎日のおやつを「アーモンドグリコ」に返上して、このマーク集めに夢中になったよ。
でも、毎日「アーモンドグリコ」なんて飽きるよ。とても食べきれないもん・・。
だから、中身のキャラメルを裏の原っぱに投げ捨てた日も多かった。
でも何十枚も箱のマークを集めないと「わんぱくブル公」をゲットできないから、何十日もアーモンドディだった。

第2弾は「せっかち君とおとぼけ君」という2体のトーキー人形で
のっぽの「おとぼけ君」はのんびり喋り、チビの「せっかち君」は早口で喋る。
今思えば、コレはアメリカのセサミストリートの人気キャラのパクリだな・・。

この2つを手に入れるためにどれだけのアーモンドグリコキャラメルを食べたか解らないけど
とりあえず2つの目標は達成した。
あ、「おしゃべり九官鳥」ってのもあったわ!

その後、明治製菓が ぬいぐるみの「オレ・ゴリラ」を発表した。
可愛いゴリラのぬいぐるみは、すごい人気で社会現象になった。
街ではダッコちゃんのようにみんなが連れて歩いてた。

次の「クタクタジャガー」は芯のないふにゃふにゃのぬいぐるみで、これも人気だった。
また、これをゲットするのにはとてつもない量の明治のチョコレートを食べなくてはいけなかった。
あんなに大事にしていたのに、どこに行ってしまったのかな・・。
そのおもちゃに飽きた頃、親が処分したのか。
今、持ってたら超プレミアもんなのに・・。

いつかタイムマシンが出来たら、持って来たい物が山ほどあるよ・・。

つづく

2010年2月 4日

アメリカンハウス*クラブ④

ある日、近くに住んでいるという maroちゃんという22歳の女の子から
「アメリカンハウスに行きたい」とメールが来てね。

サンダーバード隊員のようなカッコイイパパと一緒に、当人のカワイイ女性が
うちのドアを叩いた。

Dr.スランプのマンガも大好きで、いろいろ話がはずんだよ。

maroちゃんはとにかく行動的な子で、アッパレ!だよ。(※ 死語か?;)

彼女は、フランスとか薔薇が大好きでそうこうしてるうちに
ワーキングホリディで1年フランスに行ったと思ったら
帰国後、薔薇をいじれる職業に就き、そしたらまたフランスに行き
とうとう向こうで結婚しちゃったんだよ。
現在、フランスのシャモニー在住!

豊かな人生を送っているので、嬉しくなるよ。

日本にいた時も、自分の部屋はキャンピングカーなんだから。
自宅の庭に設置して住んでたんだよ。

americanhouse_clib_4.gif

サンダーバード隊員のパパもまた魅力的な人で
去年、「モーツァルト」というログハウスカフェを始められたんだ。
関インター降りてすぐだから、近いヒトは行ってみて。
注)日曜日が定休日だよ。

正確な住所は解らないけど、このあたり( 幹線道路沿い)

モーツァルトの場所

パパは、なんとかというオーケストラ(なんだっけ?)のメンバーで、欧州で演奏されてたよーな人。
ママも、イーオンフラックスのような髪型の素敵な人だし。
コーヒー飲みながら、ゆったりとクラッシックな音楽が聴けるカフェなんだよ。

ボクも早朝(4時~7時)にパソコンで流す音楽は
もっぱら、iTunesラジオのバロック音楽なんだけど、ランダムに流れてくる数々の名曲を聴くのが楽しみなんだ ♪ (日中のお気に入りは、ラブサイケデリコ、加藤ミリヤ、ゆず、ブルーハーツだよ)

「モーツァルト」では、maroちゃんが選んだフランス雑貨も売ってるんだよ。

2010年2月 8日

Time Machine!の製作①

T-Rexメンバーが集まって、次の作品のためのサミット会合があった。

足の長ーい象を造るとかいうプランが固まってたみたいなんだけど
ボクが、駄々をこねて「Time Machineを造りたーい!」って提案した。
ちゃぶ台をひっくり返しちゃってごめんねー!

「タイム・マシン/80万年後の世界へ 」H・G・ウェルズの同名SF小説が1960年に映画化されたのを
つい数日前にスカパーで観たんだよね。

そのオリジナルの古典名作を観る前に、2002年にリメイクされた「タイムマシン」(H・G・ウェルズの曾孫が監督)を先に観てたから順番が逆なんだけどね。

このリメイク版の方のタイムマシンのメカデザインが凄いのよ。
DVD持ってるから、最近また2回観た。
その影響もあって、数日前から科学者みたいにタイムマシンの事をずっと考えていた。

だから「タイムマシン」を造ることに。
そうと決まったら、ボクら速いよ。
わずか、1~2時間足らずで仮組みが完成しちゃったんだから。

3人寄ればもんじゃ焼(?)で、それぞれが次々と「これ、ここにどう?」とかパーツを配置して
あっと言う間に全体像が組みあがっちゃったもんな。

100208.gif

もう、なんとなくタイムマシンの雰囲気出てるでしょ?

それにしても、これだけのジャンクパーツがJUNさんの工房にあるのがすごくない?
面白そうなのが、工房の中にいーっぱい積んであるからごそごそと探して来て
組み合わせるだけなんだよ。

今度は、光るよーっ!動くよーっ!お楽しみに ♪

あ、もし映画関係の人が見てたら、このタイムマシンを撮影用に貸し出しますよー。
邦画「サマータイムマシン・ブルース」をしのぐ傑作を製作してくださいっ!

↑ 観てない人必見!おもしろいんだよーっ!


2010年2月10日

Newオフィス計画①

娘が大きくなってきて、自分の部屋が欲しいと言いだしたので
ボクのオフィスを提供する事にしたよ。

うちの170坪の敷地内には、もともと小屋があるんだ。
ダサイ建物なんだけど、重宝するからそのまま倉庫として使っていたの。

そのうち壊そうと思っていたんだけど
そういう目で見たら、リフォームのベースにはもってこいじゃないか!

ドアはもらったやつがあるし、小窓を追加して
看板付けてこーんな風にペイントしよっと!

なんか、カワイイでしょ?

100210.gif

①倉庫内の物の片づけ
②断熱材の施工
③床貼り
④壁貼り
⑤造りつけの本棚造り
⑥内部ペイント
⑦窓とドアの施工
⑧外部エイジング塗装
⑨屋根部シーダーシェイク施工
⑩看板製作
⑪照明やエアコンの電機関係の仕上げ
⑫引越し

作業工程を列挙すると大変だけど、燃えるなぁ~!!
やったるで、やったるでー!

2010年2月13日

バレンタインDay♪

わーーーーーっ!!

こんなチョコ、初めて見たーっ!
これは、たまらないなー。
もったいなくって、とても食べられないよぉ。
なんと、ボルトはネジがきってあってナットがちゃんとクルクルはずれるんだっ!
しばらくこのまんま置いておこうっと。

100213.gif

※キーのシルバーの部分だけは、プラスティックだよ

誰にもらったかは、内緒なんだけどね;
コレを選ぶところが、ツボをよーく知ってるじゃん。

そのうち、匿名でコメントがあるかも。

本当にありがとう!

2010年2月17日

タイヤショップのデザイン①

カフェのデザインをしたFJクンのつながりで
飛騨高山の会社から、あるタイヤショップの改装デザインの依頼を受けた。

半分はタイヤ交換をするピットで、店舗がある方はビーチクルーザーの専門店。
あまり予算はかけられないけど、他にないような目立つ店にしたいという要望でこんな風に描いてみたよ。

tiremart.jpg

外壁は薄汚れているので全塗装して、タイヤのキャラクターを大きくあしらう。
店舗は60年代のアメリカのような雰囲気にと言う事なので
入り口ドア建具をサッシから木製に取り換え、庇(ひさし)部分の小屋根に杉板(シダーシェイク)を施こす。
突き出し看板を付けたり番地表示をしたり、ちょっとしたアレンジ次第でどうにでもなる。

工事の進行がわかるレオイさんのサイト

店舗部分は古いアメリカ風なので、ここだけはエイジング塗装(経年効果)をするよ。
ここで登場するのは、チームパートナーのTaskクン。
去年の秋に、古びたお城のような美容室を塗ってくれた人だよ。

末から3月あたまにかけて高山で泊りでの出張塗装工事だよ。
問題は寒冷地なのでちゃんと工事が進むのかという心配がある。
ボクも最後の日だけ、立ち合いに行くよ。

雪が降ると運転がイヤだから、高山本線に乗って駅弁食べながら行こーっと♪

お楽しみに!

2010年2月18日

Newオフィス計画②

内部のレイアウトを描いてみたけど、こーんな感じにするよ。

100218.jpg

壁面の棚に資料雑誌類がぎっしり収納された絵の仕事ができるコーナーと
工具がズラリと並んだ、万力のついた作業台でいつでも何かが造れるようにする。

壁はバトン材ってのを取り付けて凹凸のある白壁にする。

床の処理は、うーん...まだ決めてない。
そのうち何か浮かぶだろう。

今は、半分が土間で半分が畳敷きになってるからねぇ
床面の施工から始めないといけないんだ。

早く取りかかりたいけど、今かかえてる仕事を全部片付けてからだな。

あっ!その前に薪の材木を運んで来て次の冬の準備をしなきゃ!

あっ!!その前に確定申告を終わらせなきゃいけなかった;

うー... 唯一のストレスなんだよな、毎年コレが...。

2010年2月21日

Newオフィス計画③

2月21日

日曜日で時間があったので、オフィス計画を始動したよ。
(だから、早く確定申告終わらせなさいってば;)

といってもまずは、とんでもない状態の倉庫内の片付けからなんだけど;
山積みになった大量のダンボールを解体・梱包して
ストックしてあった建材(材木類)を小屋からどんどん出して庭の隅っこに移動した。

整理をしていたら、角材も結構あるし未使用の断熱材も1包ある。
Pタイルもオークのフローリング材もレッドシダーのサイディングの端材もある。
フローリング材は、家を造った時にソリがあってはねたやつなんだけど
18ミリ厚もある上等なオーク材なので足りるなら全面に張りたいなー。

ゴミ類では、異常にたくさんあるのが発砲スチロールの箱と板。
何回ものキャンプで魚介類や肉を用意した時のやつだよ。
コレってゴミに出すの嵩(かさ)があるから、分別ゴミ袋がいくらあっても足りない。

市からの"ゴミ収集カレンダー" の注意事項をみたら
「発砲スチロールは手の拳くらいの大きさに砕いて出せ」って書いてある。
うわっ、メンドクサ!

で、いい方法を思いついたっ!
これをカットして、断熱材にする事にしたよ。
屋根も壁も床にも、たくさんの断熱材がいるから一石二鳥じゃん!

不用品で使えるものは何でも活用したい。
で、天井の一部分に"ずわいがに"の箱などをカットして施工してみた。

100221.jpg

コレで断熱効果があるかどうかは知らないけど
この上に合板を貼って白くペイントするのだ。

これでいいのだ。

つづく

2010年2月22日

Time Machine!の製作②

前回、仮組みをしたタイムマシンの本製作が 南飛(なんぴ)のラボで始まった。

本体のシャーシとなるベースは、なんとルームランナーをひっくり返したモノだよ。
コレがタイムマシンになってしまうんだから面白い!

Dr.JUN は構造を考えながら、お得意の溶接で組みつけるのが得意だし早い。
本体に、BTFエンジンやハイパーライトなどを次々と組んでいく。

100222-2.jpg

Dr.Masmix は、ホバー・コンバージョンのフレームの製作。
ホイールからの出力で浮上する大事な部分。
(T-Rex 展示交渉などプロジェクトのマネージメントも担当)

Dr.MATS は、フラックス・キャパシターとそれを制御するタイムサーキットを製作。
タイムトラベルを実現するための装置で動作には1.21ジゴワットの莫大な電力を必要とする。

100222.jpg

電源供給装置はミスター・フュージョン方式を採用したい。
生ゴミ等を投入すると、それを原子レベルにまで分解、核反応を発生させる画期的なシステムだ。

あー、面白いっ!

TO BE CONTINUED...

2010年2月24日

T-Rexの公開レポート③

今朝の中日新聞に記事が出たよ。

100224.jpg

おーいっ!3人の名前を載せてくれよ~;

ここの銀行の駐車場にMyパンダをちょっと止めておいたら
「勝手に止めるな」みたいな張り紙をされた;
岐阜ナンバーの黒パンダは作者なので、今後はフリーパスにしてくれよ。

記事には「1年余をかけ...」って書いてあるけど
実質3人が集まって製作にかかった日数は、わずか8日間なんだよ。

他にも、いろんなオファーが来ているけどまだ言えない。
はっきり決定したらここにアップするからお楽しみに♪

2010年2月25日

Time Machine!の製作③

ついに、こんな本を見つけちゃったよー。

「タイムマシンをつくろう!」だってぇ??こんな本が出てる事にビックリ!
小説じゃないんだ。科学書だよ。
マジかよー!

100225-1.jpg

著者のポール・デイヴィスさんは、宇宙物理学者で科学書を20冊以上も書いている人なんだって。
「アインシュタインの特殊相対性理論や一般相対性理論、カール・シュヴァルツシルトのブラックホールに対する見解、ホーキングの理論など、物理学の巨人たちのさまざまな理論を検証しながら「タイムトラベル」に関する自らの見解と課題となる点を述べている」

第1章「未来への行き方」
第2章「過去への行き方」
第3章「タイムマシンの作り方」
目次を見てるだけでワクワクする。

科学書だから難しそうだけど面白そうじゃん。( 読んでも意味が理解できないかも;)
と、とりあえず 買って読んでみるぞぉ。( ビクビク;)

T-Rexは、おもちゃ類のパーツが多かったけど
今度のタイムマシンは徹底的にメカニカルにしたいので、そういうパーツを探してる。

本体も激しい時間の旅で壊れたりしないようにしっかり造り込みたい。
溶接しなくても済むような部分は
なるべくドリルで穴を開けてボルト類をスパナでキッチリと固定したいんだ。

100225-2.jpg

左は、軍用ヘリコプターのコンソールライト A-11で、12Vつなぐと赤く光るらしい。
右の計器は、西ドイツ軍の航空機用気圧計。

誰か、こういうジャンクパーツ類があったら提供してーっ!

About 2010年2月

2010年2月にブログ「こだわりマッツのブログ」に投稿されたすべてのエントリーです。新しい順に並んでいます。

前のアーカイブは2010年1月です。

次のアーカイブは2010年3月です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

Powered by
Movable Type