趣味の総合サイト ホビダス
 

« 2006年5月17日 | メイン | 2006年5月19日 »

2006年5月18日

開催目前! エントリー車輌ピックアップ紹介

前回は出場車リストをご紹介しましたが、
開催も目前になってきましたので、
その中から何台かをピックアップしてご紹介しましょう。


▲1935年式BENTLEY 3 1/2 Liter Derby Special


▲1939年式BENTLEY Vanden Plus 4 1/4 Liter

“ヒストリックカーツアー”の名のとおり、
歴史あるクルマたちが多数登場する今回のイベントですが、
今回もっとも年式の古いクルマは、
1935年製のBENTLEY 3 1/2 Liter Derby Specialと
1939年製の同じくBENTLEY Vanden Plus 4 1/4 Literです。
御歳約70歳というこの2台の迫力は圧倒的!
とても戦前に誕生したとは思えないほど美しく磨き込まれたこれらの名車を、
間近に見られるだけでなく、実際に走行するんですから、
これは見逃したら一生後悔しますよ。


▲1966年式ASA1000GT

次にご紹介するのは1966年式ASA1000GTです。
聞き慣れない方もいるかもしれませんが、
実はこのモデルはフェラーリが小型スポーツカーに進出すべく
開発されたクルマだったんですが、
途中で生産化が断念され、ASA社によって100台ほどが作られためずらしい一台です。

ほかにも、スーパーカー世代の永遠の憧れ、
ランボルギーニ・カウンタックLP400やディノ246GT、
国産ではダットサン・フェアレディやホンダS500などもその勇姿を見せてくれます。

普段は博物館に飾られているようなクルマたちが、
新緑美しい日本の道を疾走する「Japan Historic Car Tour 2006」。
ぜひ会場でお待ちしております!


▲ランボルギーニ・カウンタックLP400


▲ダットサン・フェアレディ1500

投稿者 ジャパン・ヒストリックカー・ツアー事務局 : 2006年5月18日 20:21

スペシャルゲストは小林香織さん!

いよいよ目前に迫ってきましたジャパン・ヒストリックカー・ツアー2006。準備に当たっているスタッフの目も、血走ってきました。

前回は出場車の紹介をしましたが、今日は20日の横浜赤レンガ倉庫にやってくるゲストをご紹介します。

3月の「タイムマシーン・フェスティバル」で虜になった方も多いのではないでしょうか。そう! ジャズ界のアイドル、サックスプレイヤーの小林香織さんです! その美貌は、写真を見ていただければ語るまでもありませんが、類い稀な才能も兼ね備えた注目のアーティストなのです。

当日はJHCT2006のテーマミュージック「Energy」を中心に、ミニライブ&サイン・CD即売会と、小林香織さんの魅力を存分に感じていただける企画をご用意しております。

ライブは2ステージ(12:45、14:30)ありますので、演奏の余韻を楽しみながらスタートを迎えるもよし、スタートイベントを見てからゆっくり楽しむもよし、もちろん両方参加すれば、休日のいい気分がさらに盛り上がること間違いなしです。

初めて演奏を聞くという方は、ぜひお出かけ前にオフィシャルHPをチェックしてみてください。

小林香織オフィシャル・ホームページ

投稿者 ジャパン・ヒストリックカー・ツアー事務局 : 2006年5月18日 16:38