趣味の総合サイト ホビダス
 

« 桜三景 | メイン | あたたかすぎです »

2009.4.10

●Karmann Karmann über alles ~~

我らがカルマン社が破産してしまったそうです・・・・・・。

カルマン社といえばその名の通り、古今東西の宇宙で最もナイスなクルマ、
カルマンギアを世に送り出したドイツの超老舗コーチビルダー。

カルマンギア乗りにとってみれば、VW社が太陽なら、カルマン社は月。
VWが産みの親なら、カルマン社は育ての親のようなものです。

昨年の10月に山中湖で行われた「カルマンギア100台ミーティング」には、
カルマン・ジャパン社の方々が、マークス・シェードリッヒ社長をはじめ、
大勢で参加してくださいました。

 

そしてイベントの参加者全員に貴重なカルマン・グッズを放出!!
カルマン帽子やカルマンTシャツ、カルマン社のカタログ(ドイツ語)などなど、
それはもう恐縮してしまうほど。

1973年にカルマンギアの生産が終了してから35年も経つというのに、
カルマンギアとオーナーたちを大事にしてくれるその姿勢に、
会場のカルマンギア乗りたちは感激したものです。

この時にいただいたカルマンギア・キーホルダーは、
マイ・カルマンのキーを付けて常に携帯しておりますです。

近年はすっかりオープンボディの架装に特化したコーチビルダーとして、
ゴルフやニュービートルやメガーヌやその他モロモロ、
とにかくオープンボディならカルマン社に任せておけば安心、
みたいな存在でありました。
日産のマイクラC+Cなんかもカルマンでしたね・・・・・・。

やはり自動車産業への歴史的な荒波は、
オープンカーみたいな遊び気分全開のジャンルを直撃なんでしょうか。

破産とは言っても、再生へのシナリオを模索中なようですし、
なにより、オープンボディの貴重なノウハウは、
人類のチャラチャラした未来のために、絶対に残さねばなりません。

まずはカルマン・ジャパン社の皆さんの安寧を、お祈りしています。

カルマン社の詳しい解説はB滝さんがブログで書いておられます
たぶんカルマン社に関して日本語で最も詳細な文章になってますよ・・・・・・。

今月末の「ガレージのある家」とワーゲン本の2本立て同時進行で、
素敵にシビレル綱わたりを満喫中ではありますが、
もはやわが心は千路に乱れ、原稿書くとかそういうコンディションではありません!

・・・・・・ウソです。んなわけないじゃないですか。
キョウハ シゴトノ クギリガ ツイタノデ、
カエッテ ユックリ ネテ リフレッシュ。
アスノ タメ、エイキヲ ヤシナウ ノダ!!