趣味の総合サイト ホビダス
 

« カメラ小僧デビューです | メイン | ガレージのある家vol.18 »

2010.4.07

●インタビューされました

いつもは取材する側なのですが、
なぜだか先日、インタビューを受けることになりまして。
やっぱ、なんだか気恥ずかしいものです。

早くもウェブマガジンにアップされました。
平日開店ミシマガジンというウェブマガジンで、
特集 第11回 「大人買いしたくなる図鑑たち」という記事です。

世界サメ図鑑

世界サメ図鑑をはじめ、DKブックスの大図鑑シリーズなど、
ネコ・パブリッシングの図鑑シリーズについて、
いろいろと無節操にしゃべり倒したのですが、
上手くまとまっていて、「さすがプロだなあ」と感心することしきりです......。

ミシマガジンを運営しているのはミシマ社という出版社で、
2006年に創業したばかりの新しい版元。
取次を通さず、全国の書店に直販するという新しいスタイルで
出版業界の注目を集めている会社ですが、
出している本も香山リカさん、内田樹さん、齋藤孝さんなど有名な方の本から、
「海岸線の歴史」といった面白い切り口の本など
いろいろ意欲的に出しているのでチェックしていました。

特にこの2月に出たばかりの「未来への周遊券」という本は、
サイエンスライターの最相葉月さんと作家の瀬名秀明さんの
往復書簡というスタイルで、
未来とか科学とか生命とか宇宙とかを考えるという本です。

往復書簡というスタイルって、話がかみ合わなかったりして
破綻することがしばしば(かなりの確率で)ありますので、
担当の編集の人もドキドキだったのではと思いますが、
まだ買ってなかったりしますスイマセン。

この本も含めて、装丁の多くをクラフト・エヴィング商會が
手がけているというあたりも、こだわりでしょうね。

瀬名さんは何の接点もないのですが、
田舎大学の先輩というだけでやはり妙な親近感があり、
(都会の大学とちがって、著名なOBがすごく少ない)
ブログも著作もチェックしています。
あ、シンポジウムを聴講しに行ったことくらいはあります......。

サークルの後輩が同人誌でインタビューを敢行していて、
うらやましくもありつつ、かなり秀逸な(マニアックな)記事になっていましたが、
部数がオソロシク少ないのが残念なところです。
そのうちウェブで公開してくれることを祈ります。

たしかインタビュー場所が仙台は定禅寺通りの端にある
ブックカフェ・火星の庭という古書店&カフェでした。
コーヒー飲みながら店内の本を読むもよし、
気に入ったら買っていくもよしというスタイルで、
もう10年以上もやっているんでしょうか。
学部生の頃は近所に住んでいたのでちょくちょく通ってました。

コジャレや流行だけの薄い品ぞろえではなく、
幅広く面白い本にこだわってラインナップしているので、
散歩がてらに店内でゆっくりしていれば、
誰でも何か、ピンとくる本に出会えるのではないでしょうか。


と、やたらローカルなことを書いていたら、
なぜか急に盛岡のじゃじゃ麺が食いたくなってしまいました。
仙台よりさらに北上しますが......。

昼に盛岡でじゃじゃ麺を食って、
南下して夕方に塩竈で寿司でも食って、
夜は仙台で昔のなじみの飲み屋に行く、
というコースを夢想してしまいました。

あ、来週末、4月17・18日の土日は仙台ハイランドで
PRA OPENIG NATIONALS with VW Drag Festaです。
昨秋に初めてやって好評だったキャルルック・チャレンジもありますので、
エントリーしていなくても空冷VW好きなら、
見て楽しんで、爆音で楽しんでと、おいしいイベントであります。

不肖バロンはその土日、ぜんぜん違う方向へ出張ですが......。
今から、出張先の名物料理のチェックに余念がありません。

コメント

バロン様
仙台ご出身なのですか?
わたくし、岩手、盛岡出身です。予備校は仙台の文理予備校。。。
定禅寺通りなんて懐かしすぎます。
思わずコメントしてしまいました。
昨年の秋以来帰っていなくて、B滝さんの秋田話なども聞いていますと、無性に帰りたくなってきました。
じゃじゃ麺、パイロンですかに?
もちろん、チーたんも。

>62Ladyさん

大学が仙台で、3年前まで、けっきょく9年も仙台に住んでました。
仙台文理は知人がバイトしてます……。

仙台にいた頃は1303Sに乗っていたのですが、ちょうどこの季節、仙台~盛岡のドライブが気持ちいいんですよね。
GW前後に東北道を北上すると、岩手に入ったあたりで桜の花びらが舞っていて壮観です。
パイロンでじゃじゃ麺食べたことありますねえ。

もしおヒマがあれば、来週末の仙台ハイランドでは土曜はミーティングやスワップ、日曜がドラッグレースですので、ドライブがてらに見物に行かれるのもオススメですよ。
定義山の三角あぶらあげもついでにオススメです。

都内でもいくつか、盛岡じゃじゃ麺の店があるようですので、遠からず実食レポートをしたいと存じます!