趣味の総合サイト ホビダス
 

« 2010年11月 | メイン | 2011年1月 »

2010年12月:記事一覧

2010.12.27

●思い出す ソファの正しい 使い方

引っ越して以来、かれこれ3年かかっている
部屋のお片づけプロジェクトですが、
ついにガラクタの山の下からソファを発掘いたしました。

CA3E0703.jpg

仕事柄、いろんなお宅のいろんなソファを拝見してきましたが、
拙宅にあるのは仙台郊外のリサイクルショップで数千円。
超・安物でございます。

これまで、ソファなるものは

1.床に座るときの背もたれ
2.ガラクタ置き
3.まれに客人用の寝床

と扱ってきたものですが、
ソファにだらしなく寝転がって本を読むと、
こいつあ快適で仕方ありませんね。

これ以上、部屋を片づけようという意欲が、
メキメキ減衰していくのが分かります。

以前に収納芸人・オーケイ小島さん
収納セミナーに参加して、見事、
「ゴミ屋敷住人レベル」の称号をゲットしたものですが、
あと少しで、汚名返上できそうな気配。

残るは、ゴミ置き場と化しているベッドです......。

続きを読む "思い出す ソファの正しい 使い方"

2010.12.24

●クリスマス サンタの服は なぜ赤い

それは寒さの厳しいフィンランドの地で、
赤唐辛子を衣服に縫いこむ風習に由来しているのです。

肌に唐辛子が直接ふれることで血行が促進され、
ポカポカとしてくるカプサイシン効果。
北欧の人々は何百年もの間、
そうして文化を引き継いできたのですね。

それはやがて長い月日を経て、大陸もわたり、
巣鴨名物・赤パンツとして、
今なおマダムたちの冷え性対策に役立っております。

というデタラメ起源説を今、考えつきました。
徹頭徹尾、真っ赤なウソですので信じないでください。


クリスマスカラーつながりということで、
最近マイブームのラーメンです。

CA3E0699.jpg

関東限定ですが、日高屋の「韓流 辛ラーメン」。
キムチの酸味よりもニラの風味が強めのピリカラに
かるーくとろみを付け、とき卵まで入っている絶品。
目白駅からわざわざ家の反対方向へ歩いてまで食べています。
最後にライスをぶっこむと最高です。

赤と緑、ライスを入れれば白まで入って3色そろい、
まさにクリスマスフードなのでございます。

続きを読む "クリスマス サンタの服は なぜ赤い"

2010.12.20

●マッコリと 雑多な酒を チャンポンに そをバクダンと 人はいふなり

先週末も、とある忘年会にお邪魔してきました。
場所は新大久保の韓国料理店。

その前の週もマッコリ飲み過ぎて痛い目にあいましたが、
どうもこの年末はマッコリに縁が深いようです。

音楽の世界でも少女時代やKARAなど、
いわゆるK-POPが日本のメディアを席巻したこの1年。
従来の「焼肉屋さん」ではない韓国料理の店も
いつの間にかずいぶん増えてにぎわっています。

噂では、新大久保のディープなコリアンタウンに
若い女性のお客が増えているとか?

ともあれ、マッコリは口当たりさわやかで飲みやすい割に、
実はドッシリとアルコールが回る骨太のドブロク系。
それにサイダーを加えてさらに飲みやすくした上で
焼酎をガッツリ加えていただくとか、
マッコリをビールで割って飲むとか......。
楽しみ方の幅はなかなか広いものです。

「バクダン」という通称があるとおり、
もちろんガッツリ回るんですけどね......。
今回は自分ではなく、つぶれた人を病院まで引きずりました。
チャンポンで飲むのはヤバイから控えましょう。

CA3E0693.jpg

関係ないですが、夜道の野良猫であります。

続きを読む "マッコリと 雑多な酒を チャンポンに そをバクダンと 人はいふなり"

2010.12.15

●ガレージの語源について

ガレージライフ編集部にきて丸2年。
ふと、「ガレージの語源て何だべ?」と気になりました。

ちょうど書庫部屋を片づけて、ある程度専門的な本にも
アクセスできるようになりましたので、
ネットも使いつつ、さらっと調べてみましたです。

以下、おヒマな方だけどーぞ......。

続きを読む "ガレージの語源について"

2010.12.13

●シートヒーターで極楽ドライブ

忘年会シーズンです。

先週末は有楽町近辺で飲んでいたのですが、
しこたま酔ってふと気がつけば、タクシーの中でした。
周囲は家の近所の見慣れた風景。

「護国寺に着きましたよ」と運転手さんに言われて目が覚めて、
さてお会計は......

「磯子からで2万○○円」

?????

どうやら、山手線に乗ればいいものを、
間違って京浜東北に乗って終点まで行った模様(推測)。
反対方向どころか、三浦半島の入口っすよ......。
その間の記憶はゼロです。

だったらせめて現地のホテルやネカフェでも入ればいいのに、
タクシーなんか拾っちゃったようです。
オノレの帰巣本能が心底、本当に憎たらしい。

しばらくお金を使わないようにヒッソリ生きていこうと、
週末は薄暗いアパートの中でじーっと、
ミノムシのようにひたすらじーっと過ごしていました。

しかしそれだけでは間がもたないので、
カルマンギアでご近所グルグルのプチドライブに。

このたび、こんなニューアイテムを導入してみましたよ。

20101212 004resized.jpg

ホビダスオートで扱いを開始したばかりの「シートヒーター」です。

続きを読む "シートヒーターで極楽ドライブ"

2010.12.08

●健診は 血圧正常 さあ酒だ

今日の健康診断は、体重が去年プラス1kg、
血圧は75くらい~126くらい(うろ覚え)で正常値でした。

血液検査の結果などはさておいて、
気分としては勝ったも同然であります。

昼はさっそく戦勝祝い。インド料理屋でガッツリランチをば。

CA3E0689.jpg

辛さを"very hot?"と聞かれたので"extreme hot!"と答えたら、
本当に狂ったような辛さの真っ赤なカレーを食べるハメに。

今なお胃袋が熱く燃えているような気がしますが、
これもカプサイシンで代謝がどーこーで、
健康にいいような気がいたします。

続きを読む "健診は 血圧正常 さあ酒だ"

2010.12.07

●MOONEYES YOKOHAMA HOT ROD Custom Show 2010 ~クルマ編~

明日はいよいよ健康診断。直前の数日だけで4~5キロ落とすという荒技のため、なんだかボーっとしておりますです。分母が分母なので、普通の人で言う2~3キロではありますが……。

えー、第19回 横浜ホットロッド・カスタムショー2010のクルマ紹介編でございます。あまりに枚数が多かったので、セレクト作業で力尽きました。

まずは空冷VWのエリアから。

20101205 031resized

FLAT4からは2台がエントリー。1つは、1953年式のダネンハウアー・ウント・シュタウス(Dannenhauer & Stauss)。1950年から1955年までの5年間だけ活動していた、ゴットフリート・ダネンハウアーと義理の息子クルト・シュタウスによるコーチビルド会社が産み出したVWベースのカブリオレ。

20101205 029resized

現存するのは世界で数十台といわれる希少なクルマですが、今回のHRCSでは足まわりまでキレイな状態のボディをディスプレイしておりました。

続きを読む "MOONEYES YOKOHAMA HOT ROD Custom Show 2010 ~クルマ編~"

2010.12.06

●MOONEYES YOKOHAMA HOT ROD Custom Show 2010 ~にぎわい編~

日曜日はパシフィコ横浜にて毎年恒例、MOONEYESによる第19回 横浜ホットロッド・カスタムショー2010が開催されました。

20101205 141resized

今年のメインゲストはロバート・ウィリアムス&スザンヌ・ウィリアムス。あまりの人だかりに、正面からの撮影は断念しました。

20101205 094resized

お立ち台の真裏サイドからロバート・ウィリアムス氏を激写! 正面からの画像はガッツ隊長のブログをご覧ください......。

続きを読む "MOONEYES YOKOHAMA HOT ROD Custom Show 2010 ~にぎわい編~"

2010.12.03

●ガレージライフ新刊発売中

熱を出してお休みをいただいておりました。
体調が悪いな~と思った時、
まずまっ先に疑ったのはノロウィルスでしたが、
胃腸系ではないのでひとまず安心(?)。
ただの熱&のど系の風邪でした。
夜の東北道を爆走していて体が冷えたのが原因でしょうか......。

ともあれ、宮城の牡蠣は全然オッケーです!

ガレージライフ 46

さて、12月1日に「ガレージライフ vol.46」が発売になりました。

全国の書店に並んでいるかと思いますが、
見当たらなければウェブでご購入くださいな。

続きを読む "ガレージライフ新刊発売中"

2010.12.01

●みちのくへ ちょいとカル飲み ツーリング ~松島編~

カモメを撮影して腹が減ってきたところで、
冬の三陸を代表する軟体動物、
牡蠣を食べることにしました。

20101127-28 146resized.jpg

松島さかな市場の一角に冬季限定で出現する「焼きがきハウス」。
何年か前から始まったサービスですが、
今ではすっかり松島を代表するスポットとなっています。

続きを読む "みちのくへ ちょいとカル飲み ツーリング ~松島編~"