趣味の総合サイト ホビダス
 

« 2010年12月 | メイン | 2011年2月 »

2011年1月:記事一覧

2011.1.31

●ニューイヤーミーティング2011 ~おクルマその1~

お台場のニューイヤーミーティングで撮りまくってしまった写真、折角ですので、なるべくご紹介して、イベントの雰囲気をお伝えできればと思います。今日はその第1弾として、カーショーのエントリー車からセレクトしました。

20110130 366resized

セレクト基準はズバリ、ナンバーが写っていないこと。ナンバーを画像処理するのがシンドイんで......。後ろに写っているクルマのナンバーが見えちゃってるのもしっかりチェックする、徹底的に厳正な基準でございます。

続きを読む "ニューイヤーミーティング2011 ~おクルマその1~"

2011.1.30

●ニューイヤーミーティング2011

今日は今年最初の大規模なクルマイベント、
ニューイヤーミーティング2011を見に、
お台場まで行ってきました。

20110130 151resized.jpg

昼前に着いたら、天気も良好で会場は
芋の子を洗う状態と言えるほどの人だかり。

かるーく一通り見たら早めに切り上げて、
スーパー銭湯でも行くっぺえと思っていたのですが、
台数も密度も高かったため、
気づけばカーショーの9割がたも写真を撮りまくり、
いろいろな方とお話しをしていれば、
閉会式までずっと会場にいたのでした。

20110130 392resized.jpg

イベントは16時まででしたが、
15時半頃から冷え込んで雪まで舞い始め、
みんな早めに撤収作業を開始。
雪はすぐに止みましたが、
結果的に、みんな迅速な撤収ができたようでした。

アホほど写真を撮りましたので、
明日から少しずつ、アップしていこうと思います。

まずは風呂でゆっくり体を温めます。

2011.1.28

●肉厚

今日は「ガレージのある家ベスト100 vol.2」が発売です。

過去の「ガレージのある家」で紹介してきた
ガレージハウスの実例から100件をセレクトして紹介。

CA3E0727.jpg

この通り、A4変形判のくせに立ってしまうほどのボリューム感。
(ミニカーは付属しません)

1冊2500円と、少々お値段は張りますが、
ビルトインガレージのある家を検討している方なら、
ほぼ間違いなく自分の好みにマッチする例があるはず。

ダイジェスト版とはいえ間取図も豊富に収録してますので、
家づくりの資料集として非常にオトクな1冊かと思います。

続きを読む "肉厚"

2011.1.25

●油断の神様

次号ガレージライフとレッツプレイVWs vol.38に向けて、
ぼちぼちと取材など動き始めてきました。

先週末は、今年最初のガレージ取材に愛知まで日帰り出張。

見知らぬ土地、まだ見ぬガレージ、そして未知の味。
おのずとテンションも上がろうというものです。

CA3E0714.jpg

取材前にコメダ珈琲店で腹ごしらえのランチをば。
直径16cmのデニッシュパンにソフトクリームを乗せた、
このシロノワールなるものが、名古屋圏を代表する
キング・オブ・スイーツと聞き及んでおります。

かむ度に押し寄せる温と冷の落差が歯にしみ、
そろそろ歯医者に行こうと思いました。

続きを読む "油断の神様"

2011.1.20

●オートモーティブ・ワールド 2011

寒さがしみて出不精になりがちな冬、ここんとこは休日も積ん読消化モードだったりで、ブログネタが枯渇気味であります。

そんな中、昨日は有明ビッグサイトで水・木・金と開催のオートモーティブ・ワールド2011に行ってまいりました。

20110119 165_resized

第3回 【国際】カーエレクトロニクス技術展
第2回 EV・HEV 駆動システム技術展
第1回 クルマの軽量化技術展

が同時開催の展示会で、クルマの最先端、EVのトレンドを探ろうというわけです。

続きを読む "オートモーティブ・ワールド 2011"

2011.1.12

●大正100年のガレージライフ

ふと気づいてしまったのですが、
今年は大正100年にあたるのですね。
西暦1912年が大正元年なので間違いありません。

同じことに気づいた人はあちこちにいるようで、
いくつかの自治体では、
大正浪漫にちなんだイベントが企画されているようです。

大正時代はまだ、クルマなんてものは高嶺の花。
ごくごく限られた人々の、最先端の道楽でした。

白洲次郎といえば、ボンボン道の教祖さまみたいな存在ですが、
そんな若き次郎青年が、ケンブリッジに留学して
クルマ道楽にのめりこんでいた、そんな時代です。

それよりチョチョイと年上になる、
大倉財閥の2代目、大倉喜七郎(本物のバロン=男爵!)も外せません。
明治末の1907年にイギリス・ブルックランズサーキットで開催された
第1回レースにフィアットに乗って参戦し、堂々の2位。
そして日本初の自動車輸入会社である
日本自動車株式会社を1913年に設立し
(前身の大日本自動車製造合資会社は1909年)、
1910年末には日本自動車倶楽部という
これまた本邦初のオーナーズクラブを設立しています。

日本のクルマ趣味の黎明期と言えますが、
この時代のガレージ事情も、
ちょっと気になりますね......。
時間を見つけて調べてみようと思います。

CA3E0708.jpg

あまり関係ありませんが、1907年にできた新宿御苑です。

続きを読む "大正100年のガレージライフ"

2011.1.06

●実はワーゲン 生息多数 行ってみたいな タイの国

ただの七五調もそろそろ飽きてきたので、
七・七・七・五という都々逸のリズムを身につけよう、
というのが今年の密やかな目標だったりします。


ところで、ふと、日本と南北アメリカ、ヨーロッパ以外の
空冷VW事情はどうなっているのだろう?
と気になってしまいました。

そこで試しに、微笑みの国、タイのVW事情を
ちょっとネットで調べてみると、
実はかなり空冷VWフリークの層が厚いようです。

タイ語はまったく分からないので、
英語だけで追っかけてみました。
以下、そのメモ的なものになりますです......。

まずは昔のタイでのVWのTVCM:

YouTubeで検索すれば、
とりあえず何かしら引っかかってくるので便利ですね。
言葉が分からないとなおさらです。

続きを読む "実はワーゲン 生息多数 行ってみたいな タイの国"

2011.1.05

●ベルト穴 一つ肥えての 仕事初め

年末年始の暴飲暴食のおかげで
気づけばベルトの穴がスライドしてしまってました。
体重計はオッカネエから乗ってません。

今日からネコ・パブリッシングも仕事初めですが、
当面は大人しく、節制に努めたいと思う所存であります。

ところで帰りの地下鉄で映像広告を見ていたら、
三菱地所グループのCMに
VWタイプ2が出演していました。

この赤いレイトバスのCM、どうやら、
昨秋からTVでシリーズをやっていたんですね。
TVが家にないので、全く知りませんでした。

キャンペーンの公式ホームページでは
一連のCMのほか、メイキングも視聴できるようです。
ガレージのスタジオもディテールまで
ガッツリ作りこんでますので、一見の価値はアリかと。

仙台ローカル的には、泉パークタウン編も見逃せないですね。


そうそう、空冷VWイベント情報を2011年分、更新しました。
今年は4月3日のSTREET VWs Jamboreeがイベントシーズンの皮切り。
これから日程の決まるイベントも多いかと思います。
大小問わず、イベント情報を編集部までお寄せくださいませ~。

2011.1.02

●うさぎ年 お屠蘇の供は かぐや姫

あけましておめでとうございます。

暮れから元旦までずーっと呑みっぱなしで、
2日にして早くも休肝日にしています。

山梨の知人のところに行ってきましたが、
ひたすら呑んでは寝、起きては呑み、
シラフ時間ゼロの年末年始。

紅白歌合戦も断片的に見ていたようですが、
知人のLPコレクションを漁ったりしながら
ずっとベロベロ酔っぱらってました。

今年はウサギつながりで、かぐや姫が復活の予感ですよ!

20110102 002_resized.jpg

帰りの中央道で、とってつけたように年賀ショットをば。

今年はGW明けにカルマンギアの車検を通すことと、
体重を夢の2ケタ台に突入させることが目標であります。

2011年も、よろしくお願いいたします。