趣味の総合サイト ホビダス
 

« 2011年6月 | メイン | 2011年8月 »

2011年7月:記事一覧

2011.7.28

●サイン本の価値は

レッツプレイVWsとガレージライフの
取材&編集作業がいよいよ本格化してきました。
これからお盆明けまでが夏の天王山であります。

先日VWの取材でオーナーさんといろいろ話をしている中、
昨年亡くなられたイラストレーター、
小野寺ケンさんがちょっと話題にのぼりました。

直接の面識はないのですが、
日本の空冷VWシーンを語るときに
欠かすことのない人物の一人です。

で、家に帰ってなんとなーく「書庫部屋」(散乱中)へ
久々に入ってみたら、崩れかけのままの本棚から
ポロッと、ケンさんの本が落ちてきました。

CA3I0224.jpg

ネコ・パブリッシングから1996年に出た本ではありますが、
これはどこかの古本屋で買ったものなんですねー。
ネコに入社する前のことだから無罪だと思います。

続きを読む "サイン本の価値は"

2011.7.24

●OSHINO DEAD 2011 その2

今日は8月のレッツプレイVWsに向けて、
VWの撮影に出かけていました。

ロケ地までの移動中はMカメラマンの
1302カブリオレの助手席に乗っかって、
撮影車の後ろを走っておりました。

のどかな風景の中を空冷フラット4のエンジン音とともに
駆け抜けるVWの眺めは、それだけでハッピー。

暑さはさておき、空冷VWでツーリングしたいですねー。


さてところで先日のOSHINO DEADは、
実は、カルマンギアで初のソロキャンプでもありました。

oshinodead2011 597_resized.jpg

行ってみればVWがいてすぐ友だちなわけですが。

続きを読む "OSHINO DEAD 2011 その2"

2011.7.21

●OSHINO DEAD 2011 その1

さて、日数が空いてしまいましたが、
先の3連休のレポートをば。

富士山麓は朝霧高原「ふもとっぱら」で
7月16~18日の3日間にわたり開催された
OSHINO DEADとは、Grateful Deadをリスペクトする
人々によるジャム系のロックフェス。

Grateful Deadは日本ではなぜかマイナーですが、
60年代以降のヒッピーカルチャーとは
切っても切りはなせない伝説のバンドであります。

ヒッピーの集まるところ、空冷VWも集まるはず......
そんな目論見から、潜入取材を試みた次第なのです。

このフェスに出演するFUNK'A'DADS PSYCHEDELIC EDITION
ドラマー、Linnさんがタイプ2乗りというご縁で、
東京からアーリーバスとカルマンギアの2台で連なり、
東名高速の渋滞を満喫しながら現地へ向かいました。

oshinodead2011 002_resized.jpg

FUNK'A'DADS(ファンカダッズ)のメンバーは
3台体制で、バスには3人が乗車。
カルマンギアと違って文明の利器・三角窓がありますが、
止まってしまえば気合い勝負なのは同じです......。

続きを読む "OSHINO DEAD 2011 その1"

2011.7.18

●フェスより帰還

富士山麓の野外フェスで2泊3日、
ようやっともどってまいりました。

1泊が取材で、もう1泊はアソビ。
日焼けしまくって体中がヒリヒリしとります。

oshinodead2011 647_resized.jpg

見る人が見れば分かる(?)
こんな趣旨のフェス&取材です。

詳しくはまた後で~。
とりあえず寝ます......。

2011.7.15

●東京おのぼり散歩

今週末の3連休、仙台では東北6県の祭が集合し、
復興への狼煙とするべく、
「東北六魂祭」という
イベントが開催されるそうです。
ホテルなど宿泊施設はほぼ埋まっているとか。

また、17日(日)は岡山国際サーキットにて
毎年恒例、ティーポ・オーバーヒートミーティングが開催。

日本全国、暑い夏モードとなりつつある中、
各種イベントもこれから連発になります。


ちなみに先週末は、関西から東京に転勤してきた友人2人と
浅草~水上バス~お台場~新橋で飲み
という東京観光の王道コースを巡ってきました。

CA3I0209.jpg

続きを読む "東京おのぼり散歩"

●カルマンギア1円スタート

寝る前に速報を1つ。

群馬県の空冷VWショップR's Performanceから、
ヤフオクでカルマンギアが1円スタートで出品されています。

http://page13.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/r79789920

詳しくはオークションページをご覧いただいた方が早いですが、
1968年式カルマンギア・カブリオレで色はブラック。
最低落札価格や即決価格など一切ナシとのこと。

ルーフの状況などは要注意のようですが、
とりあえず屋根つき保管できる環境の人は要チェックです。
もちろん最終的には自己責任でご判断を。

たとえ2円で落札でも売るとの意気ごみです。
すでに5万2000円まできているものの、
終了は19日の14時22分だそうで、
おそらくしばらくは皆さん様子見、
最終日にデッドヒートが予想されます。

いったいいくらで落札されるのか......?

2011.7.14

●ガレージのある家vol.22発売

愛知、大阪、奈良、福岡、熊本と、
今回はとりわけ出張しまくった感のある
「ガレージのある家vol.22」が本日発売になりました。


ガレージのある家 22

今号の特集は「施主と建築家をつなぐ 建築プロデュース会社」。

建築家との家づくりのための新たな仕組みとして、
この10年ほどで急速に広がったのがプロデュース会社です。

施主と建築家の間に入って、施主のイメージや要望に
マッチした建築家を紹介してくれたり、
複数の建築家によるコンペを行ったりして、
建築のシロウトでもストレスなしで
理想の家を実現できるようにサポートしてくれる存在です。

そのシステムを具体的に分かりやすく解説しながら、
実際にプロデュース会社を利用して建てた
ガレージハウスの実例を紹介しています。

さらにプロデュース会社でガレージハウスを建てたor建てている
8組のオーナーさんに大集合してもらっての座談会もあり、
ガレージのある家を検討している方には
大いに参考になる内容になったかと思います。

ぜひ書店やネット通販でお買い求めください。

続きを読む "ガレージのある家vol.22発売"

2011.7.12

●ねこ×雑司ヶ谷

ネコによるネコのためのネコの雑誌、「ねこ」。
本日新刊発売です。

ねこ 79号

内容をよくみると、今号の特集は
「電車で巡るねこの旅 都電荒川線」。
まさにズバリ、うちの近所なのでした。

隣の編集部が担当していているのですが、
これがまったくのノーチェックで......。

しかも都電雑司ヶ谷~鬼子母神のボリュームが大きく、
日頃、どうにもネコの多い地域だとは思っていましたが、
これでようやく、ネコのメッカとして全国区になった気分です。

なんといっても主役は、赤丸ベーカリーのエアコン室外機に
いっつものっかっている通称「牛くん」。
さっきも帰り道に顔を合わせてきましたが、
なかなかシャッターチャンスを与えてくれない憎いヤツです。

そんな雑司ヶ谷の隠れアイドルが、
ついにその全貌をカメラの前に!!

他にも、鬼子母神の境内の駄菓子屋マダムと「石松」や、
御嶽坂下のお稲荷さんにいる「みたけ」、
その名も「旅猫雑貨店」という和雑貨の店など、
雑司ヶ谷界隈の人間なら絶対チェックの内容となっています。

副都心線が開通してから何度か、
このエリアが雑誌で取り上げられたことはありますが、
地元住人として「買わねば!」と思ったのはこれが初ですね。
いやいや身びいき抜きで。

雑誌で取材におうかがいすることは慣れてきましたが、
こうして自分の地元が本に載るというのは、
やはりメデタイ気分になるものだと感慨ひとしおなのでした。

さっそく、旅猫雑貨店さんのブログでも紹介してもらっています。

おそろしくローカルなアピールポイントですが、
遠くの方も、都電荒川線の散歩ガイドにイチオシであります。

●第19回 東京国際ブックフェア

先週の木曜から日曜まで有明の東京ビッグサイトでは
「第19回 東京国際ブックフェア」が開催されておりまして、
不肖バロンも見に行ってまいりました。

国内の版元も数多く出展し、
会場限定の割引販売も多数。
散財の予感に心ときめきます。

海外の出版社エリアでは今年はスペインがフィーチャー。
個人的には、サウジアラビア大使館とイラン大使館に
ホットな視線を注いでおりました。

CA3I0204.jpg

アラビア書道の実演コーナーは大人気。

装飾的でありながら幾何学的にキッチリとデザインされた
アラビア書道の作品の数々は非常にフェティッシュでして、
以前はアパートにサウジアラビア国旗を飾っていたくらいの
隠れファンなのであります。

どこでサウジアラビア国旗を手に入れたのかは、
未だに謎です......。
ある時、しこたま酔っぱらって、目が覚めたら持っていたのでした。
(盗んだわけではない、と思います、たぶんきっと)

続きを読む "第19回 東京国際ブックフェア"

2011.7.07

●第四回 爆音映画祭

吉祥寺の老舗映画館、バウスシアターで
毎年恒例となっている「爆音映画祭」

一昨年はオールナイトで「地獄の黙示録」「2001年宇宙の旅」を
見ることができましたが、去年はなんだかんだで行けず。

今年は〆切も明けたので、「キック・アス」を
レイトショーで見てまいりました。 

CA3I0203.jpg

いやー、爆音ってホント素晴らしいですね。
映画の中身どうこうはさておき、
劇中でSparksの名曲が1分くらい流れまして、
それをデカイ音で聴けただけでもお、
個人的には大大大満足です。

最近はヘッドホンの高級機も売れているようですが、
やはり音楽はできることなら、
ハラワタに響く爆音で味わいたいものです。

続きを読む "第四回 爆音映画祭"

2011.7.04

●死ぬまでに食べたいもの 近江編

「ガレージのある家」の校正作業も大詰めで。
ようやくブログを書くゆとりができました。

さて1週間前の関西出張の思い出です......。

宿泊先は、なぜか彦根にしてしまいました。
取材先とはまったく関係ないのですが、
位置的に、宿代も交通費も変わらないのでなんとなく。

大阪方面はちょっと続きすぎたので、
趣向を変えて近江の国の名物をいただこうという寸法です。

てなわけで夕方に彦根駅前のビジネスホテルに着いて、
とりあえずは泣く子も黙る徳川四天王・井伊直政公をばパチリ。

CA3I0184.jpg

ひこにゃんは忘れてました......。
彦根駅周辺のポスターを見ますと、
今は大河ドラマがらみで石田光成ゆかりの
佐和山城のほうをプッシュしているようでした。

名城と有名な彦根城の方は、
夕焼けにシルエットを拝んだのでそれで満足。
15分も歩けば行ける距離ですが......暑いし......。
根性のなさだけは自信があります。

続きを読む "死ぬまでに食べたいもの 近江編"