趣味の総合サイト ホビダス
 

« 2012年5月 | メイン | 2012年7月 »

2012年6月:記事一覧

2012.6.18

●カリフォルニア土産 自分用

アメリカから帰国して数日。
毎朝6時~7時に目がパッチリとさめてしまう、
時差ぼけの一種を体験中です。
とても素晴らしいことではありますが、
いつまで維持できることやら......。

向こうでは読者プレゼント用のアイテムなど
ついついわんさか買っているうちに荷物がふくれあがり、
個人的な買い物はろくろくしていませんでしたが、
それでも買っちゃったものをご紹介しましょう。

その1:超音波メジャー

DSC_0320s.jpg

現地の工具ショップを視察していて、
値段がたったの12ドルだったので衝動買い。

レーザーポインターで示した部分までの距離を、
超音波で測定してデジタル表示してくれます。
容積/面積測定モードも備え、ピピっと計算してくれるスグレモノ。

こいつの場合、測定範囲は10mまでで、
測定する目標は超音波を反射する必要があるため、
布地や斜めの面には向いていませんし、
そもそも手で持つものなので厳密な測定向きではありません。

でもガレージの取材という、きわめて特殊な状況では非常に便利です。
いつも図面がある場合は拝借しているのですが、
そうでない時は現場でメジャーでおおざっぱな寸法(●.●m)を
測って、イラストレーターさんに間取り図にしてもらっているのです。

とはいえガレージというのはクルマにバイクにその他モロモロ、
とにかくモノが多くてむずかしいのですが、
こいつがあればピピッと一発!
スマートなガレージ取材ができそうですよ。


その2:ポケットサイズ非接触温度計

DSC_0324s.jpg

こいつもたしか10ドル程度。
赤外線で対象物に触れることなく表面温度を測定できます。
さすがに安物なので測定範囲は摂氏-33℃~110℃、
誤差もそこそこあるので、食品衛生や医療目的には使うなと
大きく注意書きがしてありました。

へビーにエンジンいじるわけでもないですし、
キッチンで揚げ物をするわけでもないのですが、
とりあえずなんとなーく買ってしまいました。安かったので。


その3:電子ノギス

DSC_0322s.jpg

紙の本の編集をやってる人間としては、
ぜひともほしかった憧れのアイテムです。

そもそものノギスとしての造りは結構アメリカンで、
軸からカチャカチャとややブレる感じがありますが、
デジタルだからまあオッケー。
インチとメートル法は簡単に切り替えられます。

これまた12~14ドルだったと思います。

どれも日本国内でも売ってはいるのですが、
3000~4000円が相場で、使用頻度を考えると、
たわむれに買うのはためらわれる金額でした。
1000円前後なら気軽に買えますね。

その他のより一般的な工具やツールボックスなども、
日本ではありえないようなオトク価格でカルチャーショック。
需要と供給のバランスで価格が決まるという仕組みは
中学や高校の政経で教わったことがありますが、
さすがDIY(Do It Yourself)カルチャーの本場アメリカ。

工具類がいとも安価に手にはいるため、
DIYをしてみようという気にもなりやすいですし、
そうする人が多いから、ツールも安くなるという循環です。

日本でも大型ホームセンターは全国に定着してきましたし、
DIYerがさらに増えれば増えるほど、
アイテムも安くなっていくことだろうと期待しています。

2012.6.13

●So-Cal住宅視察

今日はLA出張のラス日。
ホームセンターや工具ショップなどを視察しつつ、
オレンジサークル、アーヴァイン、サンタアナといった
南カリフォルニア地域の住宅やガレージ事情を
路上観察しておりました。

DSC_0128s.jpg

築50年や100年を超える建物がザラにあるのがアメリカ。
定期的にメンテナンスすれば、味わいを深めながらも
清潔感と機能性もしっかり確保することができます。

DSC_0131s.jpg

どうして日本ではそういう家づくりをしないのか?
街並みを美しく保とうとしないのか?
そんな素朴な疑問がずっと残ります。

DSC_0303s.jpg

これはサンタアナの中心部にある1900年建造の元・裁判所。
今は歴史資料館として使われているようです。

輸入住宅に興味のある人なら、
この辺をずっとドライブしているだけで面白く、
勉強にもなるので非常にオススメですよ。

DSC_0191s.jpg

これはLOWESというホームセンターで売っていた工具セット。
小粋なデザインの箱がイイカンジでしたので、
読者プレゼントにといくつか買ってしまいました。

そして現在、明日の帰国に備えて荷作り中......。
読者プレゼントをもろもろ買い込んでしまい、
自分の土産はそれほど買ってなかったり。

そっちの披露はまた帰国後にでも。
ではではー。

2012.6.12

●LA取材は続く

いやーそれにしてもズルいですねLA。

DSC_0001s.jpg
(ハンティントン・ビーチ)

なんでどうして、そこら辺をパチっと撮るだけで絵になるのか。

CA3I1063.jpg
(サンセット・ビーチ)

日本でいい感じのロケ地を見つけるのは大変なのに、
こっちは単なる道ばたでもそれっぽくなってしまいます。

DSC_0032s.jpg
(オレンジ・サークル付近)

もちろん今日も遊んでいたわけではなく、
ガレージやVWの取材&撮影をしていました。

CA3I1059.jpg

ガレージライフで以前に横浜のMOONEYES Area-1は
紹介したことがありますが、
ついにMOONEYES USAを取材することができました。
今年はMOONEYESが60周年というメモリアル・イヤーで、
このショップ&ガレージも半世紀ものの建物を使い続けています。
そらもう鳥肌もののクールなガレージですよ。

そんなこんなでクールでカッコイイ土地、
南カリフォルニアにインスパイアされて、
不肖バロンもオレンジ・サークルのアンティーク・モールで
クールな古着を買いました。

DSC_0059s.jpg

日本ではサイズがないので古着屋なんて無縁でしたが、
こっちではサイズに困らず服を選べる幸せ。
自分、デブじゃなかったんだ!

ファッションセンスがメキメキ上がってしまってヤバイです。

では明日、もう1日、あちこち動き回ります。
であであー

2012.6.11

●VW CLASSIC 2012

カリフォルニア州アーヴァインで開催された
全米最大のワーゲンイベント、VW CLASSIC。

DSC_1457s.jpg

初めて目の当たりにして、とにかく広いし、
台数もハンパないしで、まだVW酔い(?)してます。

DSC_0245s.jpg

ひとまず本筋と関係ない写真などアップしつつ。
しかしこういうおねーちゃんと話すためにこそ、
英会話への向上心がいや増すというもので。

DSC_1519s.jpg

今日も今日とて、帰っていくVWの流し撮りで。
明朝も早いので、とにかく寝ますですー。

2012.6.10

●明日はVW CLASSIC

カリフォルニアでの2日目が終了。
やっとホテルでネットにつなげました。
1日目は時差ぼけもひどくバタンキュー。
こちらは現地時間で9日の夜11時すぎです。

金曜はDKPのNight Cruise、
今日はバス集会のOCTOと、Toy Showなど。
そして明日は真打登場、VW CLASSIC 2012なので、
朝から晩まで体力勝負でシンノスケさんと動き回ります。

DSC_0213s.jpg

それはさておき、どこにいようが隙さえあれば、
流し撮りの修行に余念がありません。

DSC_0282s.jpg DSC_0296s.jpg

カリフォルニアはこの時期の日没が20時過ぎと
日がやたら長く、その他、気候も影響したものか、
光の具合が流し撮りに向いているような気がします。
気分の問題ですが......。

DSC_0816s.jpg

Toy Showにて、CLASSICのイベントポスターでおなじみの
アーティスト、Ron Petro(ロン・ペトロ)氏と。
レッツプレイVWsの読者プレゼントももらってきました!

てなわけで明日は決戦。寝ます!

2012.6.07

●北米初上陸!

今週はカリフォルニアではVW Classic Weekend。
不肖バロンも取材に行ってまいります!

行くからにはアメリカ人に英語でインタビューしなきゃいかんのですが、
今までアジア系やヨーロッパ系など、
非ネイティブの人としか英会話したことがないという......。
きわめてアヤシゲな行き当たりばったり、
なるようになるさケセラセラ作戦でございます。

ふだんはビジネス英語や図鑑英語(?)のような
偏った単語にしか触れていないので、
少しは英単語をバランスよく一夜漬けしようと、
大学受験時代に買った(しかしロクに使わなかった)
英単語集を引っ張り出したのですが......

「当局はその織物の不法取引を無慈悲に取り締まった」

みたいなシュールというか実用性ゼロの例文に閉口。
今はどーなのか知りませんが、受験英語ってなんなんすかね。

CA3I1022.jpg

これを英語の教科書と思って、飛行機の中で読んでいきます。
生きた英語というのは、こーゆーのですね!

なんかしら気の利いた読者プレゼントも買ってきますので、
おたのしみにー。

2012.6.06

●世界の自動車大図鑑

ネコ・パブリッシングの図鑑シリーズ、
今までずっと動物や恐竜など自然ネタが多かったのですが、
クルマ道楽の出版社として満を持して、
「世界の自動車大図鑑」を発売しました。

世界の自動車大図鑑

イギリスDK社による図鑑の日本語版で、
さすがヨーロッパだけあって、レアな図版も豊富。

CA3I1015.jpg CA3I1016.jpg

馬車に毛が生えたような自動車草創期からVWの誕生を経て、
スーパーカー、レースカー、大衆車、そしてハイブリッド、EV、
タタ・ナノといった最近のトピックスまで、
クルマの歴史を俯瞰することができ、
正直な話、ガレージライフ編集部のようなところですと、
資料としても重宝しそうです。

「このガレージのクルマ、どんなのだっけ?」
といった時に、ビジュアルインデックスとしても使えます。

CA3I1018.jpg CA3I1019.jpg

時代ごとのマイルストーンとなるクルマ、メーカー、エンジンも
詳細に解説していて、お勉強にもなります。
クルマの博物館が手元にあるような、
そんな錯覚におちいってしまう、独特の興奮がありますよ。

CA3I1020.jpg CA3I1021.jpg

イギリスの編集チームが作っただけあって、
イタフラやドイツだけでなくイギリス車まで
きちんと充実しているのがいいところ。
さすがに旧共産圏のクルマは情報がほとんどないのが残念ですが、
その辺のマニアの方は、また別の資料をそろえてらっしゃるでしょう。

カルマンギアもきっちり収録されているのが好感度大です。

フルカラー360ページの大判で税込6000円ポッキリは、
正直、かなりお買い得だと思っています。
書斎やガレージ、はたまた枕元のお供に、ぜひどーぞ!

ネコパブの通販サイトはこちらです。

2012.6.03

●EARLY BIRD CRUISE 5th

今日は朝から幕張にて、空冷VWショップSTROLLERSが主催するEARLY BIRD CRUISE(アーリー・バード・クルーズ)が行われました。今回で第5回目となります。

DSC_1000s

前日までの天気予報では雨80%だったのですが、結果としては雨が降らないどころか青空もチョイとのぞくほどのナイスな天候に恵まれました。「オレって強力な晴れ男!」と思った参加者は何人もいたハズ。不肖バロンもその1人で、マイ・レジェンドが更新されたと思ってます。

続きを読む "EARLY BIRD CRUISE 5th"