趣味の総合サイト ホビダス
 

« 2012年8月 | メイン | 2012年10月 »

2012年9月:記事一覧

2012.9.30

●スカイツリー周辺の下町散歩

土曜は都内でモロモロ打ち合わせの後、
夕方から友人と合流してブラブラお散歩してきました。

先日スカイツリー&ソラマチに行ってみたところ、
近すぎて撮影スポットもろくになく、
なおかつ真新しいショッピングモールには
個人的に魅力を感じられませんでしたので、
シブい下町にターゲットをしぼろうというわけです。

SH3D0004.jpg

まずは京成立石の駅前にある仲見世商店街。
昔ながらのアーケードがそのまま残る一画で、
総菜屋さんや飲み屋さんもいっぱい。
行列の立ち食い寿司店でまずはかるーく
寿司とビールをつまんでブラブラ散歩。

しかしスカイツリーは全く見えなかったので、
押上方面に電車で移動です。

DSC_0263s.jpg

この辺まで来るとスカイツリーはよく見えます。
何もカブらないスカイツリーを見たければ、
押上駅A3出口へいくのがよろしいかと。

しかし周りに何もないので、また放浪の旅に。

DSC_0274s.jpg

京成の曳舟駅からほど近い、
下町人情キラキラ橘商店街にやってきました。
ここも昔ながらのお店が立ち並んでいて活気があります。

DSC_0278s.jpg

コッペパンかじりながら歩いていると、
そば屋さんに呼び止められました。

DSC_0277s.jpg

お手製のグレープフルーツジュースが名物だそうですが、
今は時期でないのでお手製のグレープジュース。
果肉ゴロゴロ入っておいしいのがペットボトル1本250円。

アジフライは毎朝築地からアジを仕入れているとのことで、
たしかにおそろしく脂がのってふんわりした上等なアジ。
刺身でもいいようなアジの旨味がギッシリ詰まって150円でした。
一度は食べてみる価値アリ。
アジフライ観が変わります。

しかし、一度もそばを勧めてこないあたり、
すがすがしいというか、大丈夫だったんでしょうか......。

SH3D0005.jpg

こちら、レッツプレイVWsやガレージライフで
写真を撮ってもらっている1302カブリオレ&ウェスティ乗りの
Mカメラマンの奥さんのご実家。
アジフライで腹がふくらんでいて、
食べる根性がなくなっていてスイマセン。
しかし東京の下町って、鶏肉の専門店が多い気がします。

DSC_0283s.jpg

この辺の住宅街から望むスカイツリー。
やはり大きな建造物というものは、
ちょっと遠くから眺めたほうがアジがある気がしますねー。

この界隈、都営浅草線からそのまま京成押上線に乗れば、
東京の西側からでも意外とアクセスしやすいです。
ソラマチの混雑を避けて、下町散歩というコースはオススメですよ。

2012.9.27

●さらば、シアターN渋谷

ワーゲンもガレージも関係ない話ですが、
一番ひいきにしていた映画館、
シアターN渋谷が2012年12月2日をもって閉館となるそうです。

血しぶきとゾンビとロックンロールな映画を中心に、
大量生産で規格化された映画ばっかりの世の中で、
良心的かどうかはさておき、
ドブロクみたいに味わい深い作品を流してきてくれました。

ここんとこ拙ブログではあまり映画の話をしていませんでしたが、
シアターN渋谷の公式HPを見ていただければ分かるとおり、
大声で話すのはちょっとはばかられるような、
インモラルでアンニュイでバイオレントな映画を
会社帰りのレイトショーでチョクチョク見ておりました。

CA3I1278.jpg

最近見たのですと、『屋敷女』の監督の新作『リヴィッド』ですね。
"フレンチホラー"の注目作(?)ということですが、
ベタで安っぽいハッタリ仕掛けのスプラッターと
幻想的なリリカル演出が妙な具合に混じりあった怪作。

小学生でもわかるような興奮と感動を押し売りする大作映画に
ウンザリしてきますと、こーいった世間的にはちょっとアレな映画を
缶ビールちびちびなめながらダラーッと眺めるとゆーのが、
この上なくリラックスできるんですねー。
1カットでも良いシーンがあれば得した気がするので、
映画というものに対してとても、優しい気持ちになれますよ。

過去の全上映作品リストが公開されておりまして、
まだ仙台に住んでいたころ、上京したついでに
『ホステル』を見たのがこことのファーストコンタクトで、
その後、東京に住むようになったのと前後して、
『童貞ペンギン』(誤植ではありません)あたりから
定期的に通うようになったのだなーとか、
感慨はひとしおであります。

10月には『血の祝祭日』『ゴア・ゴア・ガールズ』などその筋の名作目白押し、
"ハーシェル・ゴードン・ルイス映画祭"が開催されるそうです。
ちょうど取材ラッシュとぶつかっており、まったく行けないのが残念。
DVDが家にあるだけでなんだか呪われそうな映画を
銀幕でまとめて見る幸福も、味わえるうちに味わっておきましょう。

なお、ここでかかってる映画のほとんどは、
『死ぬまでに観たい映画 1001本』には収録されておりません。
あしからず......。

『観たら死ぬ映画 1001本』なんてのも、
企画として良いかもしれないっすね。

映画の秋、全国ロードショーの映画の案内もしておきましょう。

ジョージ秋山の漫画を21世紀にアニメ映画化した
『アシュラ』は今週末、9月29日(土)公開。
久しぶりに、大人が観賞しても面白そうなアニメ作品です。
ファミリーで見に行くのは......どうなんでしょ......。

北野武監督最新作『アウトレイジ ビヨンド』は10月6日(土)公開。
じつは試写会に潜入して、見てきました!

椎名桔平はんは生き返りませんでしたが、
北野武はん演じる大友は実は死んでいなかった!
ストーリーについてはあまり触れないようにしますが、
片岡刑事のトリックスターっぷりがすごいです。
人が無意味にバタバタ死にますが、
笑いどころたっぷりの娯楽大作ですね。

豪華キャストも、他ではできない凶悪演技が楽しそうでした。

非常にどーでもいいことですが、この影響で、
本栖湖のMOSSYS VWクルーズのレポートでは、
うっすらと青いフィルターかけています。
さすがに北野映画レベルで青くしちゃうと、
クルマの色合いが分かんなくなっちゃいそうで
ひよってしまってますけれど......。

東京もすっかり秋っぽくなってきました。
たまには映画館にも行ってみてください。

2012.9.25

●13th VW AUTUMN その2 もろもろ編

ぼーっとしている間に、京都のイベントから1週間が過ぎてしまいました。東京もかなり涼しくなり、すっかり秋の風情ではありますが、VW AUTUMNって名前のイベントだし、まだまだセーフですね! 巻いて巻いて、イベントの様子をご紹介です。

20120916_319s

↑は毎年恒例、豪華ジャンケン大会の様子。ステージ前で1時間くらいずっとやってます。

以下、時系列デタラメ。写真はクリックすると拡大します。

続きを読む "13th VW AUTUMN その2 もろもろ編"

2012.9.19

●13th VW AUTUMN その1 カルマンギア編

うちのカルマンギアはとりあえず、修理後の東京への陸送も保険OKつーことで安心しました。あちこちの皆さまからご心配いただきましたが、当人はケロッとしております......。

20120916_006s

忘れないうちに、9月16日(日)に京都・嵐山高雄パークウェイで行われた13th VW AUTUMNのレポートをしていきましょー。写真はクリックで拡大。

20120916_002s

20120916_122s 20120916_123s

まず今日は、会場にいたカルマンギアを撮影できた分だけ全部ご紹介。

20120916_146s 20120916_147s

岡山ナンバーの三日月テールは1年くらい前にできて、イベントは初参加だとか。唯我独尊ゴーイングマイウェイなノリ、不肖バロンは一方的に応援しています。中も仕上げて完成形態になったところをまた拝見したいです。

20120916_076s 20120916_077s

昨年のベスト・カルマンギア受賞車、GARAGE VINTAGE奥村さんの角テール。どこか、去年から変わった点がありますよ......。

20120916_102s 20120916_104s

20120916_032s 20120916_130s

20120916_060s 20120916_198s

20120916_263s 20120916_293s

20120916_296s 20120916_287s

20120916_128s 20120916_212s

そして会場内の自由投票により選ばれた今年のベスト・カルマンギアは......

20120916_403s

20120916_439s

20120916_235s 20120916_236s

今どきのセンスで決めながら、デイリードライブを楽しんでいる様子が伝わってきます。若い人にどんどんカルマンギアで遊んでほしいですね! と思うようになった自分はすっかりオジサン気分です......。

そしてカルマンギア番外編としまして......

20120916_306s 20120916_310s

オレンジのビッグテール乗り、井上さんは8月12日の豪雨で、地下駐車場に停めていたカルマンギアが水没......。大阪のVWショップCHELM(ヘルム)にて復旧作業中とのことで、復活のためのカンパを募っておられました。テントにぶら下がってるガラス瓶がそれ。

20101002-03 258resized_2

これは2010年秋のカルマンギア100台ミーティングのときの写真です。

少しでもカンパやパーツ提供したいという奇特な方は、CHELMさんまで問い合わせてみてください。11月のBUG IN MIKIで復活するのが目標だそうです。

20120916_001s

忘れてましたが、不肖バロンのカルマンギアもいました。カルマンギアは全部で16台になりますかね?

偏向報道でおなじみのこのブログ、長い読者の方なら、タイプ1、タイプ3、タイプ3が「その他編」にまとめてぶっこまれる可能性もあると察しておられるかもしれません。ナンバー消す根性があるかどうか、なんですが、それはそのときの気分で......。

2012.9.18

●京都から無事(?)帰還

この3連休、日曜に京都で開催されたVW AUTUMNの取材のため、京都までカルマンギアでいってまいりました。

20120916_438s

なんだか1週間前に本栖湖で見たタイプ1がいるような気がしないでもないですけんども、それはさておき、イベントレポートは明日以降にさせていただいて......。

土曜日:昼間に連休渋滞をドップリ楽しんで京都まで9時間半。夜は飲んでから漫画喫茶宿泊。

日曜日:VW AUTUMNを取材してから名古屋に移動し、友人宅で家飲み。

月曜日:昼前に名古屋を出発して、新東名経由で日暮れまでに帰京できるといいな。

といったスケジュールでしたが、帰りの新東名上り・藤枝PAでトラブル発生です。

電気系がウンともスンとも言わなくなり、クルマを降りてエンジンルームを開くと......

DSC_0209s

バッテリーがシューシュー音を立てて蒸気を噴き出してました。あらぬところから。硫黄くさいし。おそろしく熱をもっていて、バッテリー切れではなく、むしろオーバーチャージの症状。JAFにバッテリー交換してもらっただけではどーしよーもないので、近くの空冷VWショップにお願いするのが一番です。

DSC_0213s

保険会社にトランポ手配してもらい、静岡県磐田市のVWショップ、FOREFRONT automotive(フォアフロント・オートモーティブ)までドナドナ~。ちょうど1週間前の本栖湖でご一緒したばかりで、縁というのはホンに不可思議なものでございます。

不肖バロン、静岡県の地理にはカラキシうとく、浜松~いろいろ~富士宮~御殿場という雑な脳内マップ(静岡の人スイマセン)。藤枝から磐田までって意外と距離があって、50kmくらいの旅でした。

DSC_0257s

自動車保険のトランポは15kmまでが無料とのことでしたが、ラッキーなことに特約に入っていたので、工場までの陸送費・現地からの帰宅交通費・修理工場からの陸送費は15万円までならOKとのこと。忘れた頃に役に立つ、保険のロードサービス。せっかく毎月保険料を払っているんですから、条件や特約はチェックしておいて、バンバン活用したいですね。

DSC_0255s

たまたま、三日月テールのカルマンギア3台が並ぶ図に。

DSC_0226s

さっそく別の12Vバッテリーをつないでオルタネーターの発電を調べてもらうと......

DSC_0223s

18V前後と、恐ろしい数値(12V車なら13.8Vくらいが正常値)。うひょひょ!

しばらくこのまま入院して、ジックリと、ついでに他のアヤシイところも診ていただくことに。

帰りの新幹線代も、磐田から都内までの陸送代も、保険会社もち。ありがたやー。

DSC_0236s

FOREFRONTのジャック社長。走り回るのがお仕事です。

DSC_0244s

こちらはメカニック担当の田中さんです。

しばしダベっていると、地元のお客さんもやってきました。

DSC_0259s

Yさんのタイプ2には、VINTAGE SPEED製のDehneスタイル・デジタルフューエルゲージ(一番左っすね)が装着されてました。

このYさんのもう1台のVW、1970年式シングルナンバーのタイプ1で掛川駅まで送ってもらってしまった次第。世間の皆さまのご好意に甘えて、のうのうと生きさせていただいております。

うちのカルマンギアが律儀にPAに駐車したところで力尽きたのもラッキーなら、発症したのが昼間だったのもラッキー。すっかり忘れてたけど保険の特約に入ってたのもラッキーで、これぞまさしく、日ごろの行いのおかげと申せましょう。

都内に戻って自宅に近づくと、近所のご主人がホンダCBXを磨きこんでいるところに遭遇。またしばし雑談。マシントラブルに見舞われたこの3連休ですが、個人的にはとてもイイカンジに締まりました。

てなわけでカルマンギアのその後と、VW AUTUMNレポート、その他もろもろ、明日からボチボチとアップしていきますね。

2012.9.14

●編集者のカバンの中身

かれこれ4年以上も使っていたカバンが
いよいよボロボロになってきていたので
そろそろカバンを新調しようとて、
浅草の『犬印鞄製作所』で買ってまいりました。

CA3I1296.jpg

頑丈な帆布製のトートバッグ。
A3まで入れられる大き目サイズであります。
前面のフラップに小物の収納ポケットがチョイとありますが、
基本的にはただの大きな袋ですねー。

収納なんてあまり細かく分けても、どうせ使いこなせないんです。
タフネスとデカさ、それだけが真実です。

編集というと校正用紙の束というイメージですが、
すっかりデジタルな昨今、そんな状況も少なかったり。
たいがいはPDFでネット経由の校正で済んでしまいます。

でもまあ、図鑑なども扱ってると、
打ち合わせに重厚長大な図鑑を何冊も持っていくのもザラ。

また、1泊くらいの取材出張なら、着替えとデジタル一眼レフを
無造作にカバンに突っこんでいけるキャパシティは欲しいとこです。

しかし一方、前のカバンから中身を引越しようとすると、
普段はいかにモノが入っていないか痛感しました。

CA3I1295.jpg

・FOB COOPの無地A5ノート(個人的に屋外取材用のベスト)
・Amazon Kindle
・文庫本
・ボイスレコーダー
・携帯の充電器(シガーソケット、コンセント、USB)
・こわれたままのベコベコ名刺入れ
・ペン
・よくわからんお守り
・歯医者からもらった謎の薬

商売道具っぽいのって、ボイスレコーダーと赤ペンくらいですね。

以前はUSBメモリや小型ハードディスクも持ち歩いてましたが、
インターネット経由でデータのやりとりや共有するのが
この2年ほどですっかり普及しました。
セキュリティを考えると、データ類はなるべく携帯しないようにしています。

ちなみにノートに貼ってあるステッカーは、
VW Classic Weekの恒例行事、
DKP Cruiseが毎年行われるNick's Burgersの看板。
大阪のガレージビンテージさんにもらってしまいました。


んでまあ、今度の日曜は京都で空冷VWのイベント、
VW AUTUMNが開催されますので、
こんなカバンに着替えとカメラをぶっこんで、
カルマンギアで取材に参上する予定です。

13th-thumb-543x767.jpg
(クリックで拡大)

どういう日程で行くのかまだ決まってませんが、
クーラーレスのエコカーとしましては、
連休の渋滞にだけは関わりたくないところです......。

また、福岡では同じ日曜日、
アメ車、VW、国産旧車が集まるCustom for Life 1st
というイベントが開催されます。

いよいよイベントの秋って感じですねー。

気候はまだ、残暑というより夏っぽいですが、
人もクルマもオーバーヒートしないよう気をつけつつ、
イベント会場に集まりましょう。

それでは良い3連休を。

2012.9.12

●浅草・上方落語・スカイツリー

今日はお休みをいただいて浅草まで。

上方落語家・桂よね吉さん(桂米朝一門)による
東北支援チャリティー落語会へ行ってきました。

CA3I1283.jpg

関西から東北へ向かう道すがら、
東京のみんなで路銀のカンパという趣向です。
浅草アミューズミュージアムにて
間近で上方落語を堪能いたしました。

明日から東北各地でチャリティー落語会、入場無料です。

・9月13日(木)14:00~
 宮城・仙台●七郷中央公園仮設住宅集会所内

・9月14日(金)14:30~
 岩手・大船渡●真宗大谷派 西光寺 本堂

・9月15日(土)12:30~
 岩手・宮古●グリーンピア三陸宮古 内 潤鳳の間

桂よね吉さんと桂二乗さん、
それに生のお囃子が行きますので、
お近くの方は上方落語を楽しんでください。

CA3I1286.jpg

ちなみに浅草寺の二天門の前の消防署。
ポリカ(?)で大きくシースルーになった
ガレージドアが開閉するところを拝みたかったのですが、
幸か不幸か、出動はかかりませんでした......。

CA3I1292.jpg

ついでに、噂のスカイツリーをようやく近くで拝見です。
しかし東武の押上〈スカイツリー前〉で降りますと、
あんまりに近すぎて、見上げられるスポットが限られますね。

横着して浅草から電車で行ってしまいましたが、
浅草からゆっくり散歩しながら、少しずつ近づく様子を
楽しむのがオススメかと思われます。

なお、スカイツリーの展望台は映画館より高いので登ってないっす。

CA3I1290.jpg

ソラマチの中。

えーとつまり、30代独身男性の変態趣味者には、
これといって刺さるお店はないわけですが、
ファミリーやカップルで休日をつぶすには
よろしーんじゃないでしょーかー。

お台場のダイバーシティ東京でも感じましたが、
こういう大きな商業施設で総合的にテナントを募ると、
どーしても、どこも似たような感じになっちゃいますね。

古本屋、古着屋、骨董屋などアンティークショップばかり
ズラズラ集まった巨大ショッピングモールとか、
とがったコンセプトでの挑戦をどこかに期待したいところです。

もちろん、コケても責任は取れませんが......。

2012.9.09

●Mossys Camp & Cruise @本栖湖

この土日は富士五湖の一つ、本栖湖のキャンプ場にて、山梨県のVW乗り有志による1泊2日のイベント“Mossys Camp & Cruise”が開催されました。

去年は山梨の人々で第1回を行い、今年は県外にも声をかけての第2回。不肖バロンも、どういう趣旨のミーティングなのかまったく知らず、「飲みにおいで~」というお誘いをいただいてフラフラと出向いた次第です。

取材というより、「酒を飲みに」行くというノリでしたので、土曜は始発まで目黒で飲んだくれて、昼過ぎまで爆睡。日暮れ近くにようやく会場に着きました。

DSC_0562s

カメラこそ持って行ったものの、三脚はしっかり忘れる記者魂。

山梨のみならず、神奈川、千葉、静岡、新潟などからかなりの台数が集まったため、キャンプサイトは近場で分散。主にコテージ泊でしたので、バーベキューと酒が中心であります。

DSC_0571s

飲みながら撮った写真はことごとく手ブレで、夜の写真はこれだけ。あちこちの皆さんと盃を酌み交わし、最終的に、3時台まで飲んでいたような……。

(以下、日曜のクルーズ編。長いです。写真はクリックすれば拡大表示)

続きを読む "Mossys Camp & Cruise @本栖湖"

2012.9.03

●ガレージライフvol.53発売中です

9月1日の土曜日に書店に並んでいたのですが、
ブログで告知するのをすっかり忘れてしまってました。



ガレージライフ 53 最新刊

今号、ガレージライフvol.53の表紙は、
手づくり木製キットガレージ×スーパーセブン。
いかにも王道なエンスー的ガレージですが、
振り返ってみると表紙でこのノリは久しぶりだったりします。

巻頭特集はズバリ、「キットガレージを楽しもう!」。

ガレージを手に入れる方法はいろいろありますが、
最もお手軽かつ身近なのは、ある程度規格化された
キットを購入してガレージを建てるコース。

その中でもさらに、自分で全部建てるセルフビルド、
躯体まではプロに任せて、ペイントなどは自分でやるハーフビルド、
ぜーんぶプロにやってもらうフルビルドと、
細かく見ていけばまことにいろんなスタイルあるわけです。

いずれにせよ好き放題に「遊べる」余地が多いのが
キットガレージの良いところで、そこにはガレージ道楽、
ガレージライフの原点とも言えるスピリットがあるのですよ!

ほかにも実例ではレアなイタ車の収まるガレージや
フェラーリ、カウンタックなどスーパーカーガレージ、
面白い形状のアーチビルディングのガレージなど紹介しつつ、
アメリカに出張した際に取材してきた
MOONEYES USAのガレージ&ショップの様子も紹介しています。

CA3I1267.jpg

1950年代に建てられて、手動の跳ね上げ式ドアも
そのままに今なお使われているガレージは、
レジェンドと現在が共存していてそらもう鳥肌モンでした。
それがどこまで誌面でお伝えできているものか、
読んでいただければ幸いであります。

あ、あとHOME DEPOTはじめアメリカの
ホームセンターやツールショップの様子も、
少ないページではありますがギッシリ詰め込みましたよ。


なお今日はマトモな本の紹介だけであります。
土日にはしっかり飲んだくれてたんですが、
上野の立ち飲み屋とかでドップリ昭和に浸ってますと、
写メとか撮るのも忘れてしまうのですねー。

しかし食い物の写真がないと、
このブログの存在意義がそもそもないのも事実。
次はしっかりハムカツでも写メってきます。