趣味の総合サイト ホビダス
 

« 新刊が続きます | メイン | スナップオン×ガレージライフなマグネット »

2013.2.25

●レッツプレイVWs新刊はヤナセ特集

いやーバタバタしている間に2月ももうすぐ終わります。
ぜんぜんブログ更新してませんでしたねースンマセン。
あ、『ゴーストライダー2』見ないと......。

てなわけで明日、2月26日は半年ぶりとなる
『レッツプレイVWs vol.42』発売日でござーます。

レッツプレイ let's play vws 42

かなり久しぶりとなるヤナセ特集でして、
編集部ではヤナセの資料と格闘しながら記事をつくってました。
ヤナセ物の空冷VWを、タイプ1、タイプ2、タイプ3、
そしてカルマンギアまでバランスよく紹介してる、つもりです。

正直、不肖バロンなんて1979年生まれですから、
ヤナセ時代のリアルタイムな記憶などゼロ。
考古学みたいに資料をひも解きながら、
生き証人たちに取材する、という作業でした。
間違ってる記述があったら「ケケケ」とスルーするか、
編集部までご指摘のお便りを暖かくお送りください......。

NCM_0156.JPG

ページのレイアウトも当時のヤナセカタログを意識してみました。
クルマのディテールが妖しくマニアックなブツなので、
ここではボカシを入れてしまってます。

「カルマンギヤをご覧ください
 ――どこからどこまで非のうちどころがない美しさ」

というキャッチフレーズも、
こちらが酔っぱらって書いたものではなく、
当時のヤナセカタログからの借用なのですよ!

奇しくも東北の地では、30年くらいずっと車庫保管で
眠っていたカルマンギアが2台も復活したばかり!
ともに、「ヤナセ純正」という要素もありつつ、
当時のオーナーのオーダーで付け加えてもらったとおぼしき、
ちょっと珍しいディテールも満載。

「当時の状態を残す」という意味と、
「このクルマだけのディテールあれこれ」という意味、
2重の意味で「オリジナル度の高い」カルマンギアです。
非常に興味深い2台ですので、
ぜひ本をチェックしてみてください。

NCM_0127.JPG

なお、この青白カルマンを仙台に取材に行った折には、
「宮5」が2台並んでいてとても眼福。
1969年式タイプ1は仙台ヤナセから納車以来、
ずっと現役とのことでした。

NCM_0132.JPG

このファミリーのガレージには、メッサーシュミットも。
東北地方のクラシックカーイベントに出没しており、
レッツプレイVWsでおなじみラーメン大好きB滝さんとも
やっぱりお知り合いでありました。
世の中せまいですねー。

レッツプレイVWs新刊はこのほか、
West Coast Ridazの赤バス×2や、
OBSESSONのオクラサ・ブラザーズ、
アメリカのタイプ2コレクター、
横浜Hot Rod Custom Showレポートなどなど......

気づけば最近のレッツプレイの中では
タイプ2の掲載台数もかなり多くなっております。

2千円分お楽しみいただけるだけの
ネタをコッテリとぶち込んで煮込んでますので、
冬のヒマツブシにぜひぜひお買い上げください!!

東北取材の時のメシネタはまた日を改めて......。
ではではー。