趣味の総合サイト ホビダス
 

« バウスカ自動車博物館のラトビア国産車 | メイン | 春はお別れの季節です »

2013.3.08

●カルマン復活!

今年でちょうど50歳を迎えるうちの1963年式カルマンギア。
昨年末からずっと不動の状態が続いておりましたが、
先日ようやく、MY BOWSに引き取りにいけました。

まだ完調にはほど遠い状態ですが、
とりあえず公道を転がることはできます。
気づけば3か月ぶりくらいにドライブしますと、
ちょっとやそっと不調だろうが、
理屈抜きにハッピートゲザーなのであります。

NCM_0158.JPG

でもって隣のDaytona編集部のクルマ磨き企画にモデル出演。

NCM_0159.JPG

リアのエンジンフード下部、バンパーがジャマで
洗車の際に手抜きしまくってた部分が汚れまくってましたが、
イマドキの最新ケミカルで拭くと
みるみるキレイになってくれました。
VWのカーショーでビッカビカに磨き上げている
オーナーさんたちには、心底頭があがりませんねー。

さっそく、3月9日が〆切のストVジャンボリー
エントリーしないといけません。

そうそう、レッツプレイVWsホームページの
イベントカレンダーを更新しておきました。
http://www.lets-vw.com/comm/event/

4月からはほぼ毎週、全国どこかでVWイベントです。
東京も今日はすっかり春めいて暖か。
これから乗り回すシーズンをエンジョイしてください。

以下、うちのカルマンの現状と今後の課題を
自分専用にメモです。

【年末からの顛末】
エンジンがかからない状態で、不肖バロンではどーしよーもなくなったのでレッカーでMY BOWSへ搬入。

MY BOWSで試しにキーをひねったらエンジンかかっちゃった......

ただし絶不調。ガスは来てるけどまともにアイドリングしない。

キャブを替えたりプラグ替えたりしてみたけど、やっぱダメ。

圧縮を計測してみたら、2番と4番がほとんど圧縮きてなかった。
圧縮2とかまでしか出てない。

なのでタペット調整したことで、とりあえず圧縮の問題はクリア。
むしろ不思議なのは、じゃあ年末までなんでフツーに走ってたのか......。

ついでにリア左アクスルシールからのオイル漏れがひどく、
バックプレートもホイールも濡れてる状態。

リア左のドラムはオーバーホールしてホーニング、アクスルシール交換。
右もカップとゴムのキット交換。

ブレーキ周りの調整後にサイドブレーキも調整。
クラッチケーブルもマトモな張り方に調整。

と、ここまでが主な流れ。
まだキャブの調子は完調とは言えず、
信号ストップでエンジンストップはちょくちょく起こります。


【今後の課題】
・フロントの足周り要チェック!
 キングピンがガッタガタ、リンクピンも×
 ブレーキ時にフロントの方にゴリゴリ感あり。

・ミッションマウントが前後ともヒビ進行して分離寸前!

・クラッチにジャダリングあり

・段差でリアがギュコギュコときしみ音。
 グロメット?

・エキゾーストバルブがやや沈みこんでるので、
 今回の症状は再発の可能性アリ。
 次に出たら、トミー毛塚のVWハンドブックを見ながら、
 自分でタペット調整やってみる。

・キャブレターの不調→いずれ交換の方向で

・ペダル位置を調整

・ステアリングホイールの遊びが大きすぎる問題

・ワイパーのモーターもそろそろもう寿命

・左ドアが落ち気味で締まりが悪いこと

・ドアウィンドウが上がりきってなくスキマあり

・スウェーバーのズレ

・最終的にはヘッドのオーバーホールモ


とまあ、忘れないように書き出しておきました。

今年の5月28日が次の車検の期限。
このままMY BOWSさんに見てもらう流れですが、
どこまでツブすか、予算と相談ですなー。