趣味の総合サイト ホビダス

2007年5月アーカイブ

栃木県日光市で・・・その1

| コメント(4)

kami1.jpg
ココは栃木県日光市・・・・そろそろ追い込みに入ってきたK氏邸。 工事が始まったのは去年の暮れ・・・もうかれこれ半年・・・^^。工事の進行が遅い???  いやいや・・レジェンダリーホームの物件の中ではかなり順調な方だとおもうな・・・^^。


kami2.jpg
アレ!?っとおもったヒトは感が鋭い! そうこのドアはこの前ビッグサイトで開催された『スタイルハウジング・EXPO2007』で展示してたドアなんだ!! 
このドア・・・モチロン今までにもない、まさに正真正銘!今回初めてのデザインで・・・もちろん2度と製作することもであろう・・・一点モノの玄関ドア!!! 製作はおなじみカンダクラフト^^。
たとえばこのドア一つにとっても、なんとなく・・・「こんな感じカナァ・・・」なんてK氏のイメージを聞いて・・・・どんな木にしようか?どんなデザインにしようか?オレとカンダさんで決めながら・・・つくって・・・・そして製作途中の感じをみて・・・「ちょっと色を入れてみようか!^^」とか・・・「鉄は錆びた感じがいいね!」とか・・・・・そしてやっと一つのドアが出来たんだ^^。このドアを取り付けにいった次の日、K氏の奥さんから電話があって・・・「展示会のブログにかっこいいドアがあるなァ・・・って思って見てたら、まさかウチのドアだったなんて^^!!! ビックリしたけど凄くうれしい!!!」って興奮気味に言ってた。。。 喜んでもらえたみたい^^。

kami3.jpg
内装工事も順調・・・・^^白い壁に古い梁がアクセント・・・^。

kami4.jpg kami5.jpg kami6.jpg
そこかしこにK氏のイメージが表現されてイイ感じ・・・^^。

・・・・・・ドア一つとっても、こんな感じに出来ていくんだけど・・・^^。こっからはオレの考え・・・オレらレジェンダリーホームのつくる家では、施主がみんな積極的に工事に参加するんだ・・・^^。それがペンキ塗りだったり、レンガ貼りだったり、ドアノブや照明器具を探してきたり・・・・どんな形でもいい。。 でね・・・家をつくっていく過程をオレらと施主でともに歩み・・・・そして一つの家をつくっていく・・・・。そして・・・・そこにはストーリーがあり・・・・たくさんの苦労や・・・・それ以上の喜びがあり・・・・そして・・・・魂が宿る・・・・^^。 一生住む家だもん・・・もしかしたらオレらみんなが死んでいなくなってもなお住み継がれるかもしれないし・・・・だから3ヶ月や4ヶ月で出来てしまう家ではなく・・・・ひとつひとつ思いを刻みながら・・・あせらずゆっくりとつくっていけばイイんじゃないかな・・・・^^。
そんなヒトの『いえづくり』をオレは精一杯応援していきたいな・・・・^^。

『CLOCKWORK HOME』に・・・

| コメント(4)

cl1.jpg
最近レジェンダリーホームの雑貨屋『CLOCKWORK HOME』にたくさんイイ感じのモノが入荷してる・・・^^。特に時計や鏡・・・^^。ディスプレイしきれないくらいあるんだ^^。

cl2.jpg
奥のキッチン・コーナーも充実^^。カップ&ソーサーから蛇口、ディッシュクロス・・・ナベ敷きまで・・・^^。

cl3.jpg cl4.jpg cl5.jpg cl7.jpg cl8.jpg
でね、とてもお買い得なのがこのステンド・グラスのライト。全部ハンドメイドのシェードなんだ^^。こんなちょっとした照明もココロを癒してくれる・・・^^。 お店にいくのが最近のオレの密かな楽しみ♪ ←オーナーが毎日来るのは当たり前!!!って怒られそうだけど・・・・^^;。

カントリーホームに暮らす・・・その1

| コメント(3)

y4.jpg
ここは佐野市の山奥・・・埼玉県から田舎暮らしに移り住んでくる若いY氏夫婦がカントリーホームを建設中・・・^^。山奥!?・・・そう、ここは先述の『藍染工房』のすぐ近く・・・そして・・・昨年末に完成した『スウェーデンの家』のまさに隣・・・。この一角はまさにミニ・レジェンダリー村・・・そう・・・何軒もレジェンダリーで建てたオーナー達が住むトコロなのだ^^!


y5.jpg y6.jpg
吹き抜けのあるリビング・・・そして豪快な借景のあるスキップフロアの主寝室・・・さらには・・・まだまだ形になってないけど・・・面白い構想がたっぷり詰まったカントリーホームになるよ!!楽しみにしてて^^!!!


y1.jpg
カントリーホームの建設現場を確認しに行ったあと・・・さらに山奥に足を伸ばし・・・久しぶりに前に建てた家に行ってみた・・・^^。この家は団塊世代のご夫婦が将来永住の為に建てた家なんだけど・・・庭に感激!!景色に感激!!たしか580坪の敷地に・・・イイ感じでワイルドに・・・決して手を入れすぎない庭が本当にナチュラル!!! 最近思うんだ・・・あまりに作りすぎた庭は、かえって自然さがなくて・・・実はきれいに植えられた花木より、雑草やコケを含めたある種ルーズな庭のほうが雰囲気があったりする・・・^^。


y2.jpg
まさに手作り!の庭はおそらくこの敷地で拾い集めた石などを上手に使って作られていた^^。でも手間ヒマかけて作ったものにオレは感動したんだ^^!!!


y3.jpg
でね・・・さらにさらに足をのばして、もう一つのレジェンダリーのオーナーの家にも寄ってきた^^。うーん!!イイ!!! またしてもイイ!!^^ いい感じに自然に溶け込んだ家になってる・・・。やっぱり自然に囲まれた暮らしはサイコウだよ^^!!!

今週末、明日から11日(金)12日(土)13日(日)に東京ビッグサイトでガレージ&スタイルハウジングEXPO2007が開催されます。
去年につづき今年もオレらレジェンダリーホームは出展します!!!
出展名はオレのもう一つの会社『CLOCKWORK HOME』。もちろんトモダチの『M-PAD』本橋さんも一緒に・・・^^。

style1.jpg
とりあえず今回も・・・・ドカーンとやらかしました^^。はっきりいって派手!!!ってかバカバカしい!!!^^ ブース作りから・・・取り扱い商品まで・・・^^、さらに明日には色キチなシャンデリアまで吊るされる予定・・・^^。

style2.jpg
普通こういった展示会になると、各出展者はあらかじめユニット形式もしくは簡易的なブース作りをするものなんだけど・・・やっぱりオレらはその場でテンション上げて・・・一気にハンドメイド!!もちろんこの世で同じものは一つとしてできない・・・。とってもグルーヴ感溢れるブースになってる^^。今日も集中してかなりイイ感じの出来映え!この展示会が終わったら、壊してしまうのが惜しくなるくらいに・・・^^。


style3.jpg
出来上がったところでひと区切り。記念撮影^^。今回は左から安塚クン、木工作家のカンダさん、レジェンダリーの専務石川、オレ、そして一番右が本橋さん。みんな真面目っぽいでしょ^^。

今回も同時開催でインポート・カーショー2007もやってます。ド派手な輸入車たちがきっといっぱい☆^^。こっちも楽しみにして!

それと・・・もし来れるヒトがいたらオレに連絡ください。2000円のチケット代なしで無料招待券もってるから!!!^^

konyu1.jpg
栃木県佐野市の山奥に・・・ひっそりと進行中のプロジェクト・・・・。1000坪の土地に正藍染の工房『紺邑(こんゆう)』さんの藍染工房&ギャラリー&カフェ。^^
工房のオーナーであるO氏とは初めて逢ったときからお互いにピーン!と来る何かがあった・・・^^。つまらないコトかもしれないけど、コレってスゴク大事。^^ なんて言うのかな・・・波長が合う!?・・・ちょっと違うな・・・というか、たぶん物事に対する価値観!?みたいなモノを、正藍染の話を聴きながら、感じたんだ^^。


konyu2.jpg
実際近づいてみると・・・なんと間口17メートルの巨大な建物!!!すごい迫力!!!
そして今回の目玉の一つは、オレの友人でもあり、尊敬もする、埼玉県春日部市の建築家『M-PAD』の本橋さんとのコラボレーション!彼の創る建築は、とっても上品で、いつも驚きと楽しみがあり、決してハズさない^^。素敵なんだ☆^^。
今回は、基本設計が彼、実際に創るのはオレ!!!楽しみ☆☆☆

konyu3.jpg
ココがギャラリー、そしてその奥が藍染の工房。O氏の藍染は合成藍(化学・人造藍)と違い、自然の原料だけを使い、うんと手間ひまかけて染める正藍染。詳しくは『紺邑』のホームページでみてもらいたいけど、とにかく「ものづくり」に対してすごいコダワリ・・・・^^。っていうか『気持ち』が良い!!藍染に対して、ココロがスゴク真っ直ぐなんだ・・・^^。そんなO氏の話を聴いてるだけで凄く幸せな気分になれる・・・。^^

konyu4.jpg
そして2階が・・・当初は住まいの計画だったんだけど・・・上棟してから、実際にO
氏がこの空間を目の当たりにして・・・・・・なんと急遽、『カフェ』にすることにした!!!^^
イイかも!!!ってか絶対イイ^^!!!だってロケーションは最高!・・・そして空間も・・・絶対良くしてみせるぜ!
スッゲー楽しみ^^!!!

  • 1

プロフィール

プロフィール

加藤伯欧(カトウハクオウ)さん

レジェンダリーホーム・スウィート株式会社代表取締役。1971年8月生まれ。
何にでも興味を示して、何でも極めないと気が済まない性格で、子供のような純粋さとひた向きさで建築にのめり込み、大学在学中に建築会社(現在のレジェンダリーホーム・スウィート株式会社)を起業。音楽やファッション、アンティークの収集やクラシックカーラリーにも没頭。自身の趣味を通して「時間の経過と共に価値を高めていくもの」を研究。膨大な書籍に囲まれて生活することに無常の喜びを感じるそうだ。
若い頃から海外に頻繁に足を運び、ヨーロッパの何百年も前につくられた美しい街並みに感動。先進国である日本の建築がたった30年足らずで建て替えを余儀なくされることに憤りを感じ、このような悪習を改善させるべく「ゆっくりとアンティークになる家」を提唱。「レジェンダリーホーム」を栃木県の片田舎の小さな建築会社から、メディアに多数取り上げられ、全国的に認知される住宅会社に成長させる。
夢は共感してくれる施主や仲間と共に英国やフランス並みに何百年と愛されつづける寿命のながい家を日本の建築文化に根付かせること。。。




fran.jpg

加藤氏の手がけた
『レジェンダリーホーム足利モデルハウス』 +タレント『フランソワーズ☆』。雰囲気最高。

 ●レジェンダリーホーム
 ●Secret Garden

2016年3月

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

月別 アーカイブ

 

趣味の総合出版社 ネコ・パブリッシング
Copyright © 2005-2015 NEKO PUBLISHING CO.,LTD. All right reserved.