趣味の総合サイト ホビダス

2007年9月アーカイブ

那須のケーキ屋さん

| コメント(6)

cake1.jpg
那須のケーキ屋さんがいよいよ完成間近!
フランスの農家のような・・・イメージ^^。で・・・ちょっとだけ古めかしく・・・。
今秋のオープンを目指してるとこ・・^^。


cake2.jpg
ケーキ屋さんの店内は・・・思い切ってピンクとブルーの配色・・・。しかもかなり感性を素直に表現・・・^^。ここにシャンデリアが吊るされ・・・おいしいケーキを頂く・・・^^・・・想像するだけでヨダレが…笑。
ついでにみんなに言っておきたいのは・・・ココのオーナーのE氏の作るケーキは・・・本当に衝撃的!!! こんなケーキってかケーキってこういうモノなんだ!^^って教わりました^^。

cake3.jpg
入口のドアはいつものようにカンダ氏の作。今回はさらに友人たちにお願いして古く仕上げてもらったよ!


cake4.jpg
2階にはE氏の住居。吹き抜けや落ち着いた空間。


ちなみにこのケーキ屋さんは那須の『ステンドグラス美術館』『セント・ミッシェル教会』のすぐ隣・・・。那須に遊びに行ったら気軽に寄ってみて!!!

スウェーデン!!!

| コメント(6)

sweden1.jpg

スウェーデンに行って来たよ! ってかスミマセン^^;・・・ホントは3か月前に帰ってきました・・・トホホ^^;。
この数カ月、会う人会う人に『なかなかスウェーデンから帰ってこないね!笑』って言われ続けてました^^。 別に隠れていたわけじゃナイよ! ただただ、一生懸命仕事してただけ!ホントウです!笑

・・・で、ナニをしに行って来たか!? 世界の漢(オトコ)と闘うため!・・・冗談です^^。 スウェーデンの家を見に行って来たんだ! 


sweden2.jpg
ドーーーーン!!!これがスウェーデンです! どうだっ!
・・・・ってくらい家も景色も美しい国でした。 んっ!?『美しい国』!? あれっ???『美しい国、日本』じゃなかったっけ???  
判定!!! 日本の負け!!!^^
ってかさ、『美しい国、日本』なんて言ってるけど、今残ってる日本の美しい部分って殆んどナイかな?って位なくなっちゃたよね。ビルド&スクラップ。古きを捨て新しいゴミをつくる・・・。  ・・・ん!?ちょっと本題がズレちゃったかな^^。

sweden3.jpg sweden4.jpg sweden5.jpg

地下鉄がァ!カッコいいんだ。^^ 色使いのセンス。 パブリックなトコだぜ!日本だったらまず、お偉いさん達が許さないだろうな~^^。 さすがスウェーデン。


sweden6.jpg

ストックホルム近郊のMr.Ewanさんの家を見せてもらった。彼は伊藤忠建材のエージェントをしているそうだ。・・・で、この家ね、90年経ってるんだって!!!築90年だぜ! 日本でいえば大正時代の家!
でもさ、この家、オレのハートにズッキュン☆きたよ。 木の家で、デザインもいいし、手入れもされてる・・・全然『大正の家』じゃナイよ。


sweden7.jpg

で・・・これがMr.Ewanさんの家の中・・・。 インテリア雑誌の表紙ですか!?ってくらいセンスがイイ!
まさにAncient&Modern。 シンプルなスタイルにアンティーク・・・。絶妙!!!
スウェーデンの人達ってみんなインテリアが大好き! ・・・ここからは現地で聞いた話・・・北欧はやっぱり冬が長い・・・で・・・冬はみんな家の中にずっといるわけ。そこでインテリアにも時間と手間をかける・・・。という構図らしい。 レベルが高いわけだ・・・^^。


sweden8.jpg

スウェーデンだけじゃないし、アメリカでもイギリスでも・・・世界中どこの国でも・・・みんな家に手をかけていい家にしてる。だけど日本は・・・・何でも買ったらそれっきり・・・。メンテナンスしないでダメになったらポイッ!!!家も30年か40年でスクラップ!!!
スウェーデンでは毎年毎年、すこしづつ家にお金をかけてリノベーションしてるんだって。
だから壊さない・・・。ってか壊せるはずないよ・・・。いつも手を入れてるんだもん。
日本みたいに・・・手をいれなきゃ、もうイヤだ!って時が来る・・・。そして壊す。
一度建てたら壊さないようにすれば・・・親から子へ、そして孫へ・・・大切な財産を受け継ぎ豊かになっていく・・・。そんな暮らし方が1番イイと思わない?^^

  • 1

プロフィール

プロフィール

加藤伯欧(カトウハクオウ)さん

レジェンダリーホーム・スウィート株式会社代表取締役。1971年8月生まれ。
何にでも興味を示して、何でも極めないと気が済まない性格で、子供のような純粋さとひた向きさで建築にのめり込み、大学在学中に建築会社(現在のレジェンダリーホーム・スウィート株式会社)を起業。音楽やファッション、アンティークの収集やクラシックカーラリーにも没頭。自身の趣味を通して「時間の経過と共に価値を高めていくもの」を研究。膨大な書籍に囲まれて生活することに無常の喜びを感じるそうだ。
若い頃から海外に頻繁に足を運び、ヨーロッパの何百年も前につくられた美しい街並みに感動。先進国である日本の建築がたった30年足らずで建て替えを余儀なくされることに憤りを感じ、このような悪習を改善させるべく「ゆっくりとアンティークになる家」を提唱。「レジェンダリーホーム」を栃木県の片田舎の小さな建築会社から、メディアに多数取り上げられ、全国的に認知される住宅会社に成長させる。
夢は共感してくれる施主や仲間と共に英国やフランス並みに何百年と愛されつづける寿命のながい家を日本の建築文化に根付かせること。。。




fran.jpg

加藤氏の手がけた
『レジェンダリーホーム足利モデルハウス』 +タレント『フランソワーズ☆』。雰囲気最高。

 ●レジェンダリーホーム
 ●Secret Garden

2016年3月

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

月別 アーカイブ

 

趣味の総合出版社 ネコ・パブリッシング
Copyright © 2005-2015 NEKO PUBLISHING CO.,LTD. All right reserved.