趣味の総合サイト ホビダス

フランス紀行その1

| Category: | コメント(0)

opera1.jpg

パリも色々見てきたんだけど・・・やっぱりこの「オペラ・ガルニエ」はとっても好きな建物だったなぁ。
建築というか・・・彫刻だね。敬愛するベートーヴェンやモーツァルトなんかが彫刻されてた。


opera2.jpg

エッフェル塔は・・・実は当初20年間限定でつくられたものなんだって!その後電波やテレビの時代がやってきて使い道も出てきたし、価値も認められて残されることになった・・・ということらしい。
見慣れている東京タワーと比べると・・・やはり構造とデザインが両立されているなぁという感じ。エッフェル塔を見ると東京タワーはちょっとさびしいね。。。


opera3.jpg

ナポレオン・ボナパルトの指示でつくられた凱旋門。この凱旋門、ホントは「エトワール・凱旋門」といってその意味はこの凱旋門のあるシャルル・ド・ゴール広場から有名なシャンゼリゼ通りなどの道路が放射状に延びていて、その形が地図上で光り輝く「星=étoile(エトワール)」に見えるところから名づけられたんだって。

それにしてもパリは色々あるね。ルーヴル美術館やオルセー美術館、ノートルダム大聖堂、モンマルトルの丘、コンコルド広場、ヴァンドーム広場、クリニャンクール、サンジェルマン・・・・。
とにかく色々見て廻ったけど・・・どれもとにかく素晴らしかった☆

コメントする

プロフィール

プロフィール

加藤伯欧(カトウハクオウ)さん

レジェンダリーホーム・スウィート株式会社代表取締役。1971年8月生まれ。
何にでも興味を示して、何でも極めないと気が済まない性格で、子供のような純粋さとひた向きさで建築にのめり込み、大学在学中に建築会社(現在のレジェンダリーホーム・スウィート株式会社)を起業。音楽やファッション、アンティークの収集やクラシックカーラリーにも没頭。自身の趣味を通して「時間の経過と共に価値を高めていくもの」を研究。膨大な書籍に囲まれて生活することに無常の喜びを感じるそうだ。
若い頃から海外に頻繁に足を運び、ヨーロッパの何百年も前につくられた美しい街並みに感動。先進国である日本の建築がたった30年足らずで建て替えを余儀なくされることに憤りを感じ、このような悪習を改善させるべく「ゆっくりとアンティークになる家」を提唱。「レジェンダリーホーム」を栃木県の片田舎の小さな建築会社から、メディアに多数取り上げられ、全国的に認知される住宅会社に成長させる。
夢は共感してくれる施主や仲間と共に英国やフランス並みに何百年と愛されつづける寿命のながい家を日本の建築文化に根付かせること。。。




fran.jpg

加藤氏の手がけた
『レジェンダリーホーム足利モデルハウス』 +タレント『フランソワーズ☆』。雰囲気最高。

 ●レジェンダリーホーム
 ●Secret Garden

2016年3月

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

月別 アーカイブ

 

趣味の総合出版社 ネコ・パブリッシング
Copyright © 2005-2015 NEKO PUBLISHING CO.,LTD. All right reserved.