趣味の総合サイト ホビダス

2010年8月アーカイブ

埼玉県秩父市のカントリーハウス

| コメント(0)

ito1.jpg

埼玉県秩父市で進めているカントリーハウス。順調に進んできました^^。


ito2.jpg ito3.jpg

インテリアは少し甘めのナチュラルカントリースタイル。白を基調にアンティークも取り入れていく予定。。。
施主のI氏夫妻もこれからペンキ塗り頑張らなくちゃね!^^

『TWEED RUN』 ツイードラン

| コメント(10)

tweedrun21.jpg

『TWEED RUN』(ツイードラン)って知ってますか???


「TWEED RUN」もしくは「JACKET RUN」って日本に紹介された自転車イベント・・・
仲の良いI氏に教えてもらったんだけど・・・
いまイギリスをはじめヨーロッパ各地やアメリカでキテるビッグウェーブ・・・!!!

今年は絶対日本でも・・・

来る!!!


tweed run.jpg

近年の自転車ブームにもあまり興味をもてなかったケド・・・

TWEED JACKET(ツイード・ジャケット) x  自転車

コレってまさにオレの領域。。。

だって・・・

冒頭の写真をよく見てください。

まるで・・・

ニッカボッカーズ


tweed run1.jpg

ド・・・ドロボー!!!

ヤバ過ぎるよ!田村君!

それじゃあまるで映画の中に出てくるドロボーさんみたいじゃん!!!(笑)


これから秋にむけてレジェンダリーホーム内に「ダイエット部」設立!!!

皆さんも参加しませんか???^^



『TWEED RUN 2010』
「ツイードラン」というのは、英国紳士らしいサイクリングファッションの復活を目指して、
2009年、英国ロンドンより巻き起こったムーブメントです。「ツイードラン」の名のとおり、
ツイードジャケットにハンチング、ニッカボッカよりも少し長い膝下丈トラウザーに、革靴、
という往年の英国紳士ファッションに身を包んだ自転車の集団がロンドン市街を駆け巡る、
だけ。という笑顔と洒落心にあふれるイベント。

ニッカーボッカーズ STYLE

| コメント(10)

nikkabokka1.jpg

上↑の写真は先日出版された雑誌からの写真なんだけど・・・・

オレのファッションについてあまりにも多くの人から質問されるので・・・(笑)

お答えします!!!^^


「何で加藤さんはソックスの中にズボンをインしてるんですか???」(笑)

いいじゃん!!!ひとの自由なんだからさ(笑)

「ニッカーボッカーズ(knickerbockers)」っていって乗馬や狩猟、自転車やゴルフ、
野球などをするときには非常に動きやすいため、1800年代以降に流行したスタイル
なのよ・・・。

で・・・オレのようにクルマ乗り回したり、あちこち田舎を遊びまわる人間にはとっても
都合がイイし、昔の英国のカントリージェントルマンなんかもツイードジャケットに
ニッカーボッカーを履くのがある意味定番だったんだ。。。。

実際この格好は動きやすいし、歴史や古い文化が好きなオレにとってはこれ以上ない
ファッションなんだ(笑)

みんな笑ってたりするけど・・・


あと2年か3年後には・・・・


世の中にニッカボッカーズ達がたくさん現れるよ!!!(笑)


超 楽しみ♪ わはは・・・(笑)

『Free & Easy』 9月号に・・・

| コメント(4)

f&e1.jpg

週末に発売になった『Free & Easy』9月号に『SECRET GARDEN』『LEGENDARY HOME』
掲載されてます^^。

f&e2.jpg

「コンセプトショップ新時代」って特集でアンティーク家具や雑貨から家までプロデュースして
しまう会社って紹介されています。

この『Free & Easy』って雑誌は「良い物は使い込むほど味が出てくる・・・」っていう物を
フォーカスしてカバンやアパレル、自転車やカメラまで紹介している雑誌なんだけど、編集長や
ライターさんたちがレジェンダリーホームの家を気に入ってくれて紹介してくれたんだ。。。


f&e3.jpg f&e4.jpg

おまけにオレの自宅のオーディオルームまで取材して行きました(笑)

まだ発売されたばかりだから、是非買ってみてください^^。

購入はこちら

  • 1

プロフィール

プロフィール

加藤伯欧(カトウハクオウ)さん

レジェンダリーホーム・スウィート株式会社代表取締役。1971年8月生まれ。
何にでも興味を示して、何でも極めないと気が済まない性格で、子供のような純粋さとひた向きさで建築にのめり込み、大学在学中に建築会社(現在のレジェンダリーホーム・スウィート株式会社)を起業。音楽やファッション、アンティークの収集やクラシックカーラリーにも没頭。自身の趣味を通して「時間の経過と共に価値を高めていくもの」を研究。膨大な書籍に囲まれて生活することに無常の喜びを感じるそうだ。
若い頃から海外に頻繁に足を運び、ヨーロッパの何百年も前につくられた美しい街並みに感動。先進国である日本の建築がたった30年足らずで建て替えを余儀なくされることに憤りを感じ、このような悪習を改善させるべく「ゆっくりとアンティークになる家」を提唱。「レジェンダリーホーム」を栃木県の片田舎の小さな建築会社から、メディアに多数取り上げられ、全国的に認知される住宅会社に成長させる。
夢は共感してくれる施主や仲間と共に英国やフランス並みに何百年と愛されつづける寿命のながい家を日本の建築文化に根付かせること。。。




fran.jpg

加藤氏の手がけた
『レジェンダリーホーム足利モデルハウス』 +タレント『フランソワーズ☆』。雰囲気最高。

 ●レジェンダリーホーム
 ●Secret Garden

2016年3月

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

月別 アーカイブ

 

趣味の総合出版社 ネコ・パブリッシング
Copyright © 2005-2015 NEKO PUBLISHING CO.,LTD. All right reserved.