趣味の総合サイト ホビダス

2011年8月アーカイブ

ワイナリー巡り・・・。

| コメント(0)

ワイナリー巡り1.jpg

ワシントン州はワインの産地だったので、空き時間を利用してワイナリーを巡ってきました。
Chateau St.Michelle(シャトー・サン・ミッシェル)の建物はフレンチスタイル。。。

ワイナリー巡り2.jpg

Woodinville(ウッディンヴィル)にはこの地方のワインをテイスティング出来る場所がたくさんある。
まずはJanuik winery とNovelity Hill Wineryでテイスティング。

ワイナリー巡り3.jpg

おおおおぉぉォォーーーー。新鮮な洋ナシとリンゴの香り・・・・。
Novelity Hill Wineryのシャルドネを1本購入。

ワイナリー巡り4.jpg

つづいて本命のDeLille Cellars(デリール・セラーズ)へ。
ここはかのロバート・パーカー氏をして「ワシントン州のロートシルト」と言わしめたワイン。
左に写っているのは案内してくれた馬詰さん。
ブルゴーニュやボルドーのワイナリー巡りもしているツワモノ。。。

ワイナリー巡り5.jpg

次から次へとキレイな女性が注いでくれるので・・・
テイスティング出来るワインは全種類飲んでしまった(笑)

ワイナリー巡り51.jpg

おおおおぉぉォォーーーー。つい「神の雫」(マンガです。)ばりの声が出てしまう。(笑)
ホワイトハウスで来客用に出しているソーヴィニヨン・ブランとセミヨンの白は本当に美味しかった。
カベルネの赤はビロードのような舌触りと複雑な香り、そして長い余韻と完璧。。。
2本購入!!!

ワイナリー巡り6.jpg

夜は食事にワインを10種類以上の合わせて楽しみました。
「Rover's(ローバーズ)」は数々のレストラン紹介本でシアトルNo.1のフレンチレストラン。
素晴らしい感動的なマリアージュ。。。アメリカでこんなことが楽しめるなんて!!!

ワイナリー巡り7.jpg

オーナー・シェフのティエリ・ロートゥロー氏(Thierry Rautureau)は、フランスで生まれ育ち、
14歳の時から料理一筋。いつも帽子をかぶっているそうなので思わず2ショット(笑)

アンティーク建材1.jpg

住宅ショウを見終えた次の日、ポートランドのダウンタウンから25マイルほど離れた町
「Aurora(オーロラ)」に行ってきました。今回の旅のもう一つの目的のために・・・。

アンティーク建材2.jpg

その目的はアンティークのドアやドアノブ、ステンドグラス・・・などの建材を仕入れること。

アンティーク建材3.jpg アンティーク建材4.jpg

アンティーク建材13.jpg アンティーク建材14.jpg

アンティーク建材5.jpg アンティーク建材6.jpg

どうよ!すごいでしょ?おびただしい数のパーツや建材。。。
店内に入ってからは30分位は欲しいものだらけで超ドキドキ。。。(笑)
興奮しすぎて思わず気を失いそうになっちゃった(笑)

アンティーク建材7.jpg

本当に欲しいものがたくさん!!! でも実際どれを仕入れるかよりも心を落ち着かせるほうが大変(笑)

アンティーク建材8.jpg

店内もものすごく広くて見て廻るだけで何時間も掛かっちゃった。

アンティーク建材9.jpg

さらに・・・日本からわざわざ建材を買いに来たって事情を話すと・・・・
普段は見れないバックヤードに連れて行ってもらい・・・
そのおびただしい数に圧倒されました・・・。(汗)

アンティーク建材10.jpg

一つひとつ入念にチェック。アンティークならではの作業。
建築に携わる人は多いと思うけど・・・
ココに来て大興奮してしまうような人は奇特な人は・・・
是非レジェンダリーの門を叩いて下さい(笑)

アンティーク建材11.jpg

時間も迫っていたので思わず仕分けの手伝い。ドアもたくさん買いました。
施主の皆さんにも良い物を提供出来そうです。。。

アンティーク建材12.jpg

最後にオーナーのMikeと記念撮影。お互いにとても良い取引が出来ました。。。

輸入住宅1.jpg

お盆休みを利用して、アメリカ・オレゴン州、ポートランドで行われた住宅ショウ
『Street of Dreams(ストリート・オブ・ドリームス)』に行ってきました。

輸入住宅3.jpg

この住宅ショウは毎年行われていて、6棟~8棟くらい実際に販売もされる家を公開しています。
今回はやはりアメリカの景気を反映してかいつもより少し住宅の大きさも小さめで昔ほど
豪華絢爛といった感じではない印象を受けました。

輸入住宅4.jpg

アメリカ北西部に多く見られるデザインの家。ガレージも大きくて、この家のガレージには
ボートが入ってた(笑)

輸入住宅5.jpg

かなりクラシック!?な感じのするレンガの家。

輸入住宅6.jpg

これぞ北米!っていう感じの石貼りの暖炉のある吹き抜けリビング。

輸入住宅7.jpg

上質で落ち着いたシンメトリーデザイン。インテリアの細部まで心地良い。。。

輸入住宅8.jpg

キッチンは大きさも大きくて、設備も豪華。まるで撮影用のキッチンスタジオみたい。

輸入住宅81.jpg

こんなキッチンに立つことを想像しただけで、女性ならワクワクするんじゃないかな?^^

輸入住宅82.jpg

シンプルながらアンティーク感のあるベッドルーム。このベッドルームは個人的に一番好きかも。

輸入住宅83.jpg

女の子のお子さんなら超喜びそうなベッドルーム。夢があるよね。。。

輸入住宅84.jpg

シンプルでブルーの配色がナチュラルで清涼感溢れてる。。。

輸入住宅85.jpg

少し広めで落ちついたベッドルーム。今回のベッドルームは比較的女性寄りな部屋が多かったかな?

輸入住宅86.jpg

ダイニングルームも素敵。テーブルセッティングも良いしレベルはかなり高い。

輸入住宅87.jpg

シンプルでモダンなダイニング。

輸入住宅88.jpg

バスルームはやはりスケール感が日本とはかなり差があります。
バスタブ、シャワールーム、洗面化粧台、そしてトイレがひとつの区画に・・・。

輸入住宅89.jpg

エレガントなバスルーム。ゆったりとリラックスしたバスタイムが楽しめそう。

輸入住宅90.jpg

今回もかなり印象に残ったアウトドアリビング。リビングに隣接してるんだけど、雨の日も
バーベキューなどが楽しめる。予算的に余裕のある方は是非トライしてみてください。

輸入住宅91.jpg

これもアウトドアリビング。暖炉やテレビまで充実している。

輸入住宅2.jpg

今回は久しぶりの視察だったんだけど、以前と比べると少しラグジュアリー感は減ってきてるかな。
やはりアメリカ経済の停滞の影響でしょう。
もちろんコレがアメリカの普通の家か?って聞かれれば、値段も億ぐらいはするのでもちろんNO。
ただ日本に比べ住宅にお金をかける人は圧倒的に多い。
その理由は住宅の価格が新築した時から何十年経ってもリセールバリューがあるからなのだ。
もちろん価値を維持するためにはメンテナンスも欠かせないが、日本の多くの住宅のように
メンテナンスフリーを謳いながら実は住宅が資産として形成されない消費住宅になってしまうことは
非常に稀です。この点はやはり日本の住宅のほうが劣ってしまっていると云えるのではないでしょうか。
確かに日本の家は機能的で利便性や性能もいい。しかし資産として価値を見出せないのであれば
非常によろしくないと思う。。。

『ゆっくりとアンティークになる家をつくる・・・。』

レジェンダリーホームではそんな家づくりを目指していきたい。

ナチュラルカントリーの家3.jpg

先週末群馬県太田市で行った『ナチュラルカントリーの家』の完成見学会。。。

大好評につきお盆休み明けの8月20(土)21日(日)にもう一度公開します。

前回参加できなかった人のために・・・

そしてまた今回も遊びに来たい人のために・・・(笑)

お家はナチュラルカントリーらしい素朴で可愛らしく、そして雰囲気たっぷりになりました。

外観は真っ白の塗り壁に素焼きの瓦、そしてアイアンやブルーグレー色の鎧戸・・・。


ナチュラルカントリーの家4.jpg

今回は少しだけキッチン周りをご紹介します。。。

ナチュラルカントリーの家5.jpg

また違う角度から・・・。

ナチュラルカントリーの家6.jpg

そしてパントリー側から・・・。

ナチュラルカントリーの家7.jpg


お時間のある方は是非遊びにきてください。

『ナチュラルカントリーの家』完成見学会

場所 : 群馬県太田市下浜田町698-9 (マルシェ下浜田店北側)
日時 : 8月20日(土)21日(日) 10:00~16:00

なお、見学に際してはご予約は不要です。

是非ご参加ください。

上記以外の日で見学希望の方はこちらまで。
(13日から17日は会社がお休みになります。)


洋書「MORRIS&Co. a revolution in decoration」

| コメント(1)

ウィリアムモリスの壁紙.jpg

とっても素敵な洋書を入手。
モリス商会創立150周年を記念して出版された『MORRIS&Co. a revolution in decoration』
英国インテリアの歴史の変遷とモリスの功績を絡めて綴られていて本当に興味深い。

モリスのデザインはとても素敵。時を経ても色褪せない。

Montegrappa(モンテグラッパ)の万年筆

| コメント(0)

モンテグラッパ1.jpg

先日、一足早い誕生日プレゼントを友人の健ちゃんから貰った^^。
「Montegrappa」(モンテグラッパ)の万年筆。
イタリア ベネト州バッサノ・デル・グラッパで1912年に設立された歴史あるメーカー。
ブドウの搾りかすを発酵させたアルコールを蒸留して作る「グラッパ」もこの地が由来だそうだ。


モンテグラッパ2.jpg

やっぱり万年筆はイイね。相棒というか・・・クルマで言えば対話して走るような感じ・・・。
こういう感覚はクラシックカーに似てる・・・。

レジェンダリー会議2011A.jpg

今年もレジェンダリーホームの全国代理店会議を行いました。
西は滋賀県、京都府、愛知県など遠方からも30名以上が集まりました。
1部は「SECRET GARDEN」で勉強会。


レジェンダリー会議2011B.jpg  レジェンダリー会議2011C.jpg

2部は佐野市にある創業90年以上経つ老舗の温泉旅館、赤見温泉「一乃館」に移動。
「伊香保おもちゃと人形自動車博物館」の横田館長など多彩なゲストをお迎えしての講演会。
さらに夕食会・・・そして深夜2時まで続いた宴会・・・。(笑)

各地で活躍するレジェンダリーホームのみんなには本当に有意義な時間になったなぁ・・・。

ナチュラルカントリーの家2.jpg

今週末8月6日(土)7日(日)群馬県太田市で『ナチュラルカントリーの家』完成見学会を行います。
今回のお家はナチュラルカントリーらしい素朴で可愛らしく、そして雰囲気たっぷりになりました。

外観は真っ白の塗り壁に素焼きの瓦、そしてアイアンやブルーグレー色の鎧戸・・・。


ナチュラルカントリーの家1.jpg

インテリアも漆喰の壁にラフに塗装された板壁、レジェンダリーホームオリジナルのタイルキッチン・・・。

自然の素材を一つひとつ丁寧に、少しづつ作り上げていきました。

まさにレジェンダリーホームらしい家です。

お時間のある方は是非遊びにきてください。

『ナチュラルカントリーの家』完成見学会

場所 : 群馬県太田市下浜田町698-9 (マルシェ下浜田店北側)
日時 : 8月6日(土)7日(日) 10:00~16:00

なお、見学に際してはご予約は不要です。

是非ご参加ください。


  • 1

プロフィール

プロフィール

加藤伯欧(カトウハクオウ)さん

レジェンダリーホーム・スウィート株式会社代表取締役。1971年8月生まれ。
何にでも興味を示して、何でも極めないと気が済まない性格で、子供のような純粋さとひた向きさで建築にのめり込み、大学在学中に建築会社(現在のレジェンダリーホーム・スウィート株式会社)を起業。音楽やファッション、アンティークの収集やクラシックカーラリーにも没頭。自身の趣味を通して「時間の経過と共に価値を高めていくもの」を研究。膨大な書籍に囲まれて生活することに無常の喜びを感じるそうだ。
若い頃から海外に頻繁に足を運び、ヨーロッパの何百年も前につくられた美しい街並みに感動。先進国である日本の建築がたった30年足らずで建て替えを余儀なくされることに憤りを感じ、このような悪習を改善させるべく「ゆっくりとアンティークになる家」を提唱。「レジェンダリーホーム」を栃木県の片田舎の小さな建築会社から、メディアに多数取り上げられ、全国的に認知される住宅会社に成長させる。
夢は共感してくれる施主や仲間と共に英国やフランス並みに何百年と愛されつづける寿命のながい家を日本の建築文化に根付かせること。。。




fran.jpg

加藤氏の手がけた
『レジェンダリーホーム足利モデルハウス』 +タレント『フランソワーズ☆』。雰囲気最高。

 ●レジェンダリーホーム
 ●Secret Garden

2016年3月

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

月別 アーカイブ

 

趣味の総合出版社 ネコ・パブリッシング
Copyright © 2005-2015 NEKO PUBLISHING CO.,LTD. All right reserved.