趣味の総合サイト ホビダス

賃貸住宅経営・アパート経営の最近の記事

失敗しない賃貸住宅経営アパート経営.jpg

「失敗しない賃貸住宅経営・アパート経営とは」
税制の改革により最近たくさんの賃貸住宅・アパート建設が進んでいます。しかしここにきてこの賃貸住宅・アパート経営が社会問題になりつつあります。
賃貸住宅経営・アパート経営をはじめようとする方はメーカーが一括借上・家賃保証してくれる「サブリース」というシステムに飛びつきます。
大手住宅メーカーが建てた賃貸住宅を家賃保証したうえで一括借上げしてくれるというのですから誰でも飛びつきたくなるのはわかります。
しかし今この一括借上・家賃保証が実際に建てた賃貸住宅の空室が増え、サブリース契約を一方的に変更もしくは解除されるというケースが増えてきているのです。
おいしい話にはウラがある。
人口減少のいま、都内ですら空室率が上がっています。ましてや地方などすでに空室率が30%から40%というのはごく当たり前なのです。
賃貸住宅の一括借上・家賃保証するサブリース契約というのはオーナーさんが空室のリスクを負わず、建ててくれる大手メーカーに擦り付ける行為です。
人口減少が明らかないま、大手メーカーにこの解決策があるはずもありません。


サブリース家賃保証の落とし穴.jpg

先日テレビ東京のワールドビジネスサテライトという番組で複数のオーナーさんが、彼らが賃貸住宅を建てたあとに、おなじ大手メーカーが近隣にどんどん新しい賃貸住宅を建て、そのおかげで空室が増え、経営が破たんしたと訴えていました。
サブリース家賃保証には落とし穴があります。どんどん新しい賃貸住宅・アパートが増え、ある意味建物がどれも同じようなものがどんどん増えていく。
入居者はおなじような住宅だったら新しい方がいい。古い物件には見向きもせず、新築アパートに入居。当たり前の話です。
これはある意味賃貸住宅経営・アパート経営のリスクをオーナーが自身で追わずに、メーカーにそのリスクを丸投げした結果です。

賃貸住宅経営・アパート経営のツボは、いかに他と差別化された賃貸住宅・アパートを持てるかです。
差別化がなく、その賃貸住宅・アパートを選ぶ理由がなければ、経営は遅かれ早かれいづれ立ち行かなくなります。
理由やノウハウはここでは書ききれないので割愛します。

一括借上げ家賃保証に頼らない賃貸住宅経営・アパート経営をご希望の方はこちらに
www.LEGENDARY-HOME.com

  • 1

プロフィール

プロフィール

加藤伯欧(カトウハクオウ)さん

レジェンダリーホーム・スウィート株式会社代表取締役。1971年8月生まれ。
何にでも興味を示して、何でも極めないと気が済まない性格で、子供のような純粋さとひた向きさで建築にのめり込み、大学在学中に建築会社(現在のレジェンダリーホーム・スウィート株式会社)を起業。音楽やファッション、アンティークの収集やクラシックカーラリーにも没頭。自身の趣味を通して「時間の経過と共に価値を高めていくもの」を研究。膨大な書籍に囲まれて生活することに無常の喜びを感じるそうだ。
若い頃から海外に頻繁に足を運び、ヨーロッパの何百年も前につくられた美しい街並みに感動。先進国である日本の建築がたった30年足らずで建て替えを余儀なくされることに憤りを感じ、このような悪習を改善させるべく「ゆっくりとアンティークになる家」を提唱。「レジェンダリーホーム」を栃木県の片田舎の小さな建築会社から、メディアに多数取り上げられ、全国的に認知される住宅会社に成長させる。
夢は共感してくれる施主や仲間と共に英国やフランス並みに何百年と愛されつづける寿命のながい家を日本の建築文化に根付かせること。。。




fran.jpg

加藤氏の手がけた
『レジェンダリーホーム足利モデルハウス』 +タレント『フランソワーズ☆』。雰囲気最高。

 ●レジェンダリーホーム
 ●Secret Garden

2018年4月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

月別 アーカイブ

 

趣味の総合出版社 ネコ・パブリッシング
Copyright © 2005-2015 NEKO PUBLISHING CO.,LTD. All right reserved.