趣味の総合サイト ホビダス
 

2011年5月アーカイブ

新企画物件の「ガレージハウス府中」にて地鎮祭が行われ、これから建設に入っていきます。

あたりまえの事ですが、何よりも工事の安全が第1。
地鎮祭は工事の無事と建物の安全や繁栄を祈る儀式で、建築工事を始める前に行って、土地の氏神を鎮めて、土地を利用させてもらうことの許しを得るものです。
幾度経験しても、これからスタートするのだという神聖な気持ちになります。

竣工は9月頃になる予定。定期的に状況をまたご報告します。
「府中」ではご要望の多い「2DKタイプ」の大型ガレージハウスも企画していますので、詳細についてのお問い合わせはジャパンガレージングクラブまでお願い致します。

4月30日、5月1日に長野市のエムウェーブで開催された長野ノスタルジックカーフェスティバルに「ジャパンガレージングクラブ」も出展しました。
出展ブースにご来店していただきました皆様ありがとうございました。

ゴールデンウィークということもあってか、子供やおじいちゃんやおばあちゃんまでいっしょになって楽しまれている家族が多く、東京でのイベントよりアットホームな雰囲気でいっぱい!

デモ走行も、家族や友人に囲まれてクルマを通してみんなで交わっている様子が伝わってきたイベントでした。

またいろいろなイベントに参加しますので気軽にお立ち寄りください。

  • 1

プロフィール

松島 茂(まつしま・しげる)

賃貸ガレージハウスを展開するジャパンガレージングクラブの運営主体である株式会社リビング百十番ドットコム代表取締役。1964年1月生まれ。マイペースなB型のためか、ちょっと長い学生生活ののち、26歳でパソコンもあまり触ったこともないのに、IT業界に就職。10年程前、自動車の総合サイト・カービュー(旧カーポイント)の事業立ち上げに参画。この時にクルマやバイクと共に生活をする多くの趣味人と出会う。その後、三和シヤッター工業でweb事業に取り組み、ガレージドアの販売の中で、ガレージを建てるという建設に関わりを持つことに。ここにおいて、クルマ&バイク&建設が自分の中で融合することになる。そしてある時、「土地もお金もないし、ガレージライフは夢だよなぁ」という話を仲間としていたら、「だったら、住めるガレージを建て、賃貸にしてだれでも借りられるアパートのようにすればいいじゃないか」と話が盛り上がり、賃貸ガレージハウスという新ジャンルの確立に取り組むことになる。そして、2005年にジャパンガレージングクラブ設立。2009年の現在では、20軒を越える賃貸ガレージハウスが完成している。

2014年12月

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

 

趣味の総合出版社 ネコ・パブリッシング
Copyright © 2005-2013 NEKO PUBLISHING CO.,LTD. All right reserved.