趣味の総合サイト ホビダス

2014年8月アーカイブ

「日本初のガレージハウス(ガレージ付アパート)は、誰がいつ建てたか?」と幾度ともなく話題になりましたが、具体的な根拠が無くはっきりしませんでした。
ところがヤナセさんの関係の方とお話をしていたら、ヤナセではなんと昭和34年(1959年)にガレージ付アパート その名も『モーパート』を展開しようとしたという事実が明らかに!!

その当時のパンフレットの写真です。
さすがはヤナセ!
日本のモータリゼーション化を見据え、クルマと融合したアパートを全国展開をしようと考えて、まだクルマを見ることも珍しい昭和34年に、目黒区に建設していました。驚きですね!

もっと早くからあるぞということをご存知の方がいっらしゃいましたら、教えてください。

  • 1

プロフィール

砂川 多加司(すなかわ たかし)

賃貸ガレージハウスを展開するジャパンガレージングクラブの運営主体である株式会社リビング百十番ドットコム ガレージハウス担当部長。1961年12月生まれ。横浜生まれ横浜育ちの浜っ子。トヨタ学園(現在のトヨタ東京自動車大学校)卒業後トヨタのディーラーで整備に従事し、のちに不動産業界へ転入。クルマ好きは、小学校の低学年から始まり、休み時間中に窓の外を眺めながら、通るクルマの名前をズーっと言っている様な子どもで、中学でスーパーカーブーム・高校ではバイクにはまり・その後、車の免許・整備士免許を取得します。
ディーラー時代にモータースポーツにはまり、草レース・ラリー・ジムカーナと青春時代は走る事とクルマをいじる事で過ごした。結婚後、クルマから離れたが、現在子供も独立し、最近はイベントに出かけ、色々なクルマを見たり、オーナーとの話が楽しく、ガレージハウスユーザーと同一目線で楽しんでいる。

2017年6月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

月別 アーカイブ

 

趣味の総合出版社 ネコ・パブリッシング
Copyright © 2005-2015 NEKO PUBLISHING CO.,LTD. All right reserved.