趣味の総合サイト ホビダス
 

« 日出ずる国のF1 | メイン | Bowさんの「WORLD CAR GUIDE」 »

2008年6月 4日

LOTUS SEVEN S2

TAKU'S CARS「SUPER7」http://shopping.hobidas.com/shop/hobidas-direct/item/ICH00009.html%E7%94%BB%E5%83%8F%20139.jpg
super7-s.jpg

英ドニントン・パークでの思い出のスナップ…
CA380418.jpg

以前、二輪のGPレースのお手伝いで、イギリスのドニントン・パークに行った事がありました。第一コーナーの外側には有名な煙突が立っている「パブ」があったり、サーキットの片隅のガレージの前には使い古された小さなフォーミュラ・マシンや、ケーターハム・セブンが無造作に停めてあるのを見て、「ああ、イギリスに来たんだな」と実感が湧いてきたものです。

「セブンのある生活」とはどんなものなのでしょうか。
「乗っていてこんな楽しいクルマはない。」
「乗ると運転すること以外は全く気にならなくなる。」
「オーディオが無いとか、荷物が積めないとかそんなことはどうでも良くなる。」
「以外に足にも使える」
「このクルマを所有したことの無い人は、少なくとも人生においてひとつ損をしている。」
どれも実際に、「セブンのある生活」を送ったことのある人の言葉です。

天気の良い日に、街中でセブンに乗ったドライバーとすれ違ったりすると…
その瞬間からまた頭の中で「皮算用」が始まってしまうのです。


トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.hobidas.com/blogmgr/mt-tb.cgi/33259

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

About

2008年6月 4日 16:08に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「日出ずる国のF1」です。

次の投稿は「Bowさんの「WORLD CAR GUIDE」」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

Powered by
Movable Type