趣味の総合サイト ホビダス
 

« RENAULT 5 TURBOⅡ | メイン | 宝の山 »

2009年3月13日

その昔、オートバイレースの世界で、
加藤大治郎、松戸直樹、中富伸一、関口太郎…
二輪ファンが聞いたら鳥肌モノの層々たるメンバー達が
シノギを削っていた全日本250ccクラスに果敢に挑み、
98年シーズンの終わりとともに二輪レーサーとしての
引退を決意し、なんとプロモデラーへと華麗なる転身を
遂げた男がいた…

それが、これまた古くからの友人、
伊原源蔵氏http://drunkdog.blog11.fc2.com/
なのであった。

昨夜その源ちゃん(いきなり友達ノリ)のお誘いで、
アートショッカートウキョウhttp://c2art.jp/
と言うイベントの、オープニングに参加すべく会場まで行ったのですが…
(TAKU'S CARSは作品参加しておりません。)

ななななんと、思ってもみない事情により、
会場に駆けつけたアーティストの方々や、関係者の方でさえ
作品展示室を見ることができないという事態が発生し、
それでもレセプションの方は行われたので、とりあえず参加
させていただけました。

でもこの日のために、遠方から来場している人もいるのに、
一体この段取りってドンダケー、と思ってしまいました。

(今日からは普通に見る事はできるはずです。
興味のある方は是非。)

で、ドンダケーと思いながら、後味悪く源ちゃんとそのお仲間の著名な
モデラー、アーティストさんたちと供に会場を後にするのかと思いきや、

このイベントの企画にも参加されていて、
源ちゃんのモデラーとしての師であり、模型やプラモデルが
好きな人なら知らない人はいないであろうこの御大、先生が、
http://homepage3.nifty.com/kow/

「ねぇ、これから渋谷行かない?」

と、ご提案されたので、それに同行することに…
子供の頃、鼻たらしてプラモデル作っていた頃から、
自分にとってもカリスマだった大先生に、
名刺代わりにTAKU'S CARSのミニ・レリーフをお渡しすると、

「いいね、可愛いね。
僕もアルファ乗っているんですよ。」

そして、自分が着ていたブレザーの襟に付けた、
タイレルのジャッキー・スチュワートのピンズを指差して、

「ティレルでしょ、いいね、
僕もその頃のF1がいちばん好き。」

お褒めに預かり光栄の極みでございます。

渋谷に到着。
先生ご夫妻が懇意にされている、
やたらと雰囲気の良い店で、改めて宴となりました。
すっかり盛り上がり、イベントの段取りの悪さに
閉口してしまった事など、その場にいた一同、
忘れてしまったのではないでしょうか。


やたらと雰囲気が良いお店。


お茶目な大先生。

先生曰く、

「今の若い人は、クルマとか乗用車を、
ミニバンの事だと思っている。それじゃ困るよね。」

全く同感でございます。

久々に楽しい夜でした。
源ちゃん、Y先生、
そしてイベントに参加されたアーティストの
皆様、有難うございました。


トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.hobidas.com/blogmgr/mt-tb.cgi/51475

コメント (4)

moon:

あああkow師匠だー! うらやましすぎるー!!

TAKU:

moonさん

何回か前の記事に書いたように、
物を作って暮らしていると、
物凄く腹の立つ事や、
嫌な気分になることがありますが、
こういう「ご褒美」も待っているんですね。
だから「やる」んです。

それにしてもY先生、
TAKU'S CARSのスタイルを侮辱した
あの男と、年齢的には同世代なんですよね。
しかも同じ「モノを作る」事を生業にしていて、
Y先生のようにポジティブなエネルギーを
周囲の人に分け与えるような人もいれば、
ネガティブオーラを発散して、胸くそ悪くさせる
ようなタイプも存在するってことですね。
まあ、この夜のお陰でかなり「浄化」されましたよ。

先日はお疲れ様ー。

おみやげもありがとう。
大事にします。

お互いコツコツ頑張っていきましょう!

TAKU:

源ちゃん

この日は本当に有難う。

インジェクションのファルケ、先生のサイトで
拝見したよ。俺も欲しくなった!!

また遊びましょう。

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

About

2009年3月13日 09:58に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「RENAULT 5 TURBOⅡ」です。

次の投稿は「宝の山」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

Powered by
Movable Type