趣味の総合サイト ホビダス
 

« ああ、やっと | メイン | これも「生」に限る。 »

2009年4月23日

「生」の音

先日、このブログで、
「パソコンが逝っちゃった~!」
と、記事に書いたら、二十数年来の友人であるI君が、
「何とかするから、一度家に来て下さい。」
と、連絡をくれました。

I君とは昨年、このブログを見てコメントをしてもらい、
二十数年ぶりにウェブ上で「再会」する事ができました。

小学校6年生の頃、
自分が今住んでいる東京都三鷹市から、
某テーマパークに近い、千葉の湾岸地域のある街に
ある団地に引っ越しました。
もともと住んでいた三鷹が気に入っていた自分は、
子供心にかなりへこんでいましたが、引っ越して間もなく
友達になってくれたのが、同じ団地に住むI君でした。

I君とはそのまま近所の中学校に進級し、クラスも同じで、
放課後は大抵I君の家に転がり込んで遊んでいました。
当時自分の家にはビデオデッキが無く、デッキのある
I君の家の居間で、当時まだ少なかった「レンタルビデオ」の
店から、「遊星からの物体X」や、ソフト化されたばかりの
「仮面ライダー」や、「サンダ対ガイラ」を、お小遣いを出し合って
借りて来て、ドキドキしながら見ていました。
当時はレンタル料も数日につき千円以上(!)するのが普通でした。
中学生の小僧が集まってビデオ鑑賞ともなると、エロ系に走るのかと
思いきや、事実、カルトムービーばかりでした。

もうひとつI君と趣味が合ったのが、音楽の話。
未だに世界の音楽業界に「伝説」として語り継がれるスーパーユニット、
「YMO」(イエローマジックオーケストラ)の解散前後で、記念のアルバムや
プロモーション映画「プロパガンダ」も制作され、YMOに傾倒していた
I君や自分はそれらをお小遣いをはたいて入手、やはりI君の家で、
「鑑賞会」をしていました。

中学を卒業して、お互い別々の高校に進学しても、
I君との交流は続いていました。
I君はYMOの影響から、音楽や電子楽器の知識を深め、自ら音楽制作に
着手するようになり、自分は「仮面ライダー」の影響からか(アホか)、
バイクを乗り回すようになります。

その後、社会人になってからはほとんど連絡もとらずにいましたが、
自分がモトクロスでひっくり返ったり、ガメラのお世話をしたりしている頃、
I君は音楽制作のスキルとともに、コンピューターの知識も身につけ、
公私共にパソコンを使いこなすようになっていたのです。

二十数年ぶりに再会したI君は、結婚して三人のお子さんにも恵まれた
立派な「一家の主」。ですがその風貌は、精悍さこそ増したものの、
中学、高校時代とほとんど変わりませんでした。
見た目もすっかり胡散くさくなった自分の姿にはさぞ驚いたでしょう。

ご自分で建てた都内のI君の自宅の、彼の部屋に招かれると、
複数のモニターや様々な機器が整然と置かれ、既に自分のパソコンを
「リビルド」する準備もすっかり整えておいてくれました。本当に有難う。

積もる話をしながら、I君は音楽制作のソフトを開き、今まで制作した
音源や、そのスキルを自分に見せてくれました。
「2001年宇宙の旅」に出てくるサルのような顔をして、驚いている自分にI君は、

「でもね、結局『生』の楽器の音には適わないんだよ。」

と教えてくれました。

I君の実家の居間で、感受性豊かな時期に、「サンダ対ガイラ」や、
「遊星からの物体X」を、生唾飲んでドキドキしながら見ていたあの時間が
なければ、今の自分はなかったでしょう。

生まれ変わったパソコンと、I君が編集したYMOの「超レア音源」CD
をいただき、夕暮れの中、そのCDをカーステレオでかけながら帰りました。
CDの最後の曲はこれでした。↓


トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.hobidas.com/blogmgr/mt-tb.cgi/54390

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

About

2009年4月23日 05:14に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「ああ、やっと」です。

次の投稿は「これも「生」に限る。」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

Powered by
Movable Type