趣味の総合サイト ホビダス
 

« 吉祥寺~浅草間 所要時間約1時間30分 | メイン | 「富沢の方が速い」 »

2010年9月 1日

本物の「技術と情熱」

600_01.jpg

600_03.jpg

600_04.jpg

600_02.jpg


プロのオートバイレースの世界でも、
街乗りバイクを少し改造しただけのバイクで争われるクラスが
あります。マシン作りに厳しい制限があり、四輪のF1レースのように、
乗り物にどれだけ「お金を掛けた」ということである程度勝負が決まってしまうような
レースではなく、ライダーの腕や、マシンを調整するスタッフの
知識や技術が物を言うレースが、この不景気の中、日本でも活況を見せています。

先日の日曜日、29日に東北のスポーツランド菅生で行われた
「ST600」クラスで、サスペンションチューニングのスペシャルショップである
MHプロダクツが手掛けたマシンが、
優勝、3位と表彰台を獲得しました。
全日本チャンピオン経験者、元GPライダー等、
日本のオートバイレーサーのトップランカーがひしめき合うこのクラスで、
遠くタイからやって来たライダー達がMHプロダクツのモディファイを
受けたマシンを駆り、前日の予選セッションから他のライダーを圧倒し、
コースレコードも更新しながら好タイムを連発。
海の向こうからやって来た台風のような二人に唯一抗えたのは、
モリワキクラブの山口辰也選手ただひとりでした。

実はこのライダー達、一昨年に日本のレースにデビューするプロジェクトが
あったのですが、思ってもみないタイ国の情勢により、直前で出走を断念するという
事態が起こりました。自分も当時からこの計画をお手伝いするつもりでいたので、
今回のタイ・ヤマハの両選手の入賞はとても嬉しいことです。

一度も走ったことのないサーキットで、コースレコードを連発しながら
トップ争いする二人のライダー、そして、メーカーの協力を得て調整した
マシン達を凌駕するスピードを見せる、MHプロダクツの山下親子が作り上げた
ノーマルベースのヤマハR6....

「本当のレース」とは何なのか、
すっかり元気を無くしたオートバイレースの世界に、
一石を投じた「事件」だったのではないでしょうか。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.hobidas.com/blogmgr/mt-tb.cgi/99140

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

About

2010年9月 1日 15:51に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「吉祥寺~浅草間 所要時間約1時間30分」です。

次の投稿は「「富沢の方が速い」」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

Powered by
Movable Type