趣味の総合サイト ホビダス
 

« 本物の「技術と情熱」 | メイン | Kevin Schwantz »

2010年9月 6日

「富沢の方が速い」

もう何年か前、

中上貴晶選手の走りを、筑波サーキットの
インフィールドで見ていた。
ライン取りの大胆さ、身体のキレ、
他のライダーとまるで次元の違う走りだった。

「中上っての、滅茶苦茶速いな。ひとりだけGPレベルだ。」
親しくしている某チームのメカニックに話すと、

「そうスか?俺は藤沢さん(チームFRS
とこの若いののほうが速いと思いますよ。」

と、そのメカニックは言った。
聞けば、中上は確かに速いが当時の彼のマシンはホンダが直々に
面倒を見ており、速いのは当たり前。「条件が同じなら」
当時中上と同じクラスを走っていた別の若いライダーの方が速いと言うのだ。

その若いライダーが、富沢祥也選手だった。

その日から、彼に注目した。

瞬く間に、富沢選手はGPへ進出。

今やMotoGPのセカンドクラスで大活躍。
今年の開幕戦、いきなり優勝した。

あのメカ氏の言っていた事は本当だった。

最近、オートバイレースの世界で仕事をしている
友人達が、次々と希望のあるニュースを伝えてくれている。
景気の悪さなぞ言い訳にせず、この世界で頑張って来た
彼らにとって、実り多き秋が訪れるんだろう...


そう思っていた矢先、こんな知らせを聞きたくはなかった。

レースは危険だ。だから魅力があるし、
危険だからこそ、そこに関わる人々の、
「生きる価値」を高めてくれる。

でも、辛い。そして早すぎる。

富沢祥也選手の見せた才能、勇気、
そしてそのスピード、全てに最大限の敬意を
表すると共に、

ご冥福を心よりお祈りいたします。


20100905-shoya.jpg

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.hobidas.com/blogmgr/mt-tb.cgi/99190

コメント (2)

フレデリック:

辛すぎます。
今日も午前中はボーっとしただけで
時間が過ぎてしまいました。。
富沢選手は今年一番楽しみにしていた選手でした。
まだまだこれからという時に、、

残念でなりません。

ご冥福をお祈り致します。

TAKU:

フレディさん

溢れる若き才能の塊…
今日本の19歳の若者たちの一体どれほどが、
彼という同じ歳の素晴らしい存在に気付いて
いたでしょうか。若すぎる。若すぎます。
とてもやりきれず、悲しいですが、
次のブログ記事見て元気出して行きましょう。

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

About

2010年9月 6日 07:45に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「本物の「技術と情熱」」です。

次の投稿は「Kevin Schwantz」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

Powered by
Movable Type