趣味の総合サイト ホビダス
 

« 全日本ロードレース最終戦MFJグランプリ | メイン |  No! Try not. Do. Or do not. There is no try.(スターウォーズ・帝国の逆襲 ヨーダの台詞より) »

2010年11月 4日

SHOWROOM

SN3J1207.jpg

SN3J1209.jpg

SN3J1206.jpg

SN3J1205.jpg


SN3J1204.jpg

SN3J1203.jpg

SN3J1213.jpg

SN3J1218.jpg

SN3J1219.jpg

よく自動車のショール-ムや、バイクショップに
レーシングカーやレーシングバイクが飾られていたりする事が
ありますが、自分はそういうのを見ると、子供の頃に読んだ、
「ちいさいおうち」という絵本を思い出します。
メカニックに手を掛けられ、磨かれ、レーサーと一体になって
思い切りサーキットを駆けていたのに、いつの間にか
場違いな場所に連れてこられ、走りもせず、火も入れられず、
月日だけが過ぎて行く...
それらはまるで、動物の剥製のようでもあります。


「レーシングマシンは生ものだ」
誰かがこう言っていました。
今まさに、リアルタイムで「走るため」に準備されている車両と
いうものは、ピットに並べられ、置かれているだけで、
オーラ、エネルギーを発散しています。
「さあ、走らせてくれ!」そう言っているようです。
役目が終わればそれまで、
それがレーシングマシンの「寿命」というもの
なのかも知れません。

ですが、この場所に置かれていたマシン達には
それを手掛けたエンジニアや、
そのマシンに身を預けたライダー達の「情熱」や「狂気」が
今でもわずかに燻っているように見えました。

それはきっとこの場所が、かつてオートバイやレースというものに、
「本気で魅せられていた」、今では出会うことの少なくなった、
ギラギラと光り輝くような魅力を持った男達が集った場所だから
なのでしょう。

「君に、君達に不可能はない」
青、白、黄色の旗印のもとに...

(これらのマシンは、現在は一般公開されていません。)

SN3J1220.jpg

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.hobidas.com/blogmgr/mt-tb.cgi/100072

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

About

2010年11月 4日 21:36に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「全日本ロードレース最終戦MFJグランプリ」です。

次の投稿は「 No! Try not. Do. Or do not. There is no try.(スターウォーズ・帝国の逆襲 ヨーダの台詞より)」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

Powered by
Movable Type