趣味の総合サイト ホビダス
 

« 2011年9月 | メイン | 2011年11月 »

2011年10月

2011年10月 8日

GP OF JAPAN

NCM_0205.JPG

今週末はF1鈴鹿GPですね。

自分は一足先に、バイクレースの日本GP
楽しんで来ました。

一番安いチケット買って見るべ、と思っていたら、
HONDA様とお友達のご好意で、
「升席」に入れていただきました。
ありがとうございます。

ホントは月曜日にブログアップ
したかったんですが、色々ありまして...
というわけで、TAKU'S CARSが見た
motoGP もてぎラウンド。怒涛のアップいたします。

motoGP 2011 第15戦 日本GP

NCM_0130.JPG

10月2日、自宅を午前5時出発。サーキット周辺で少々渋滞もあったけど順調に到着。
ホントは金曜日から来たかったんですけどね。

NCM_0132.JPG

いきなり、祥也が出迎えてくれました。おかえり、祥也。

NCM_0140.JPG

パドックエリアに入るなり、ライオン丸に遭遇。自分が10代の頃から、
雑誌やテレビ中継にも良く出ていたフランス人の名物スタッフ。
当時から全く風貌が変わらない。この人に会うと、「GPに来たなぁ」という気分になる。

NCM_0135.JPG

アプリリア 125cc

NCM_0149.JPG

NCM_0156.JPG

KTMのマシン

NCM_0144.JPG

名門、アスパーチーム。

NCM_0148.JPG

2サイクル125クラスが走る日本GPは、今回が最後。
あの乾いた音がレーシングバイクの代名詞だったのに...
大変さびしいです。

NCM_0137.JPG

「これで俺の2サイクルも終わりだよ。」

ワイルドカードで出走する若いライダーのマシンを準備する、
7CのF氏のその言葉に未練のようなもの見えない。なぜなら新世代のプロジェクト
とっくに始動し、氏の手が入ったマシンは結果を出しています。
国内の小、中排気量のレースシーンを支えてきたF氏の今後の活動は、
彼に厳しく指導された祥也もきっと見守っているでしょう。

NCM_0155.JPG

中東カタールチームのモリワキ製moto2マシン。これも、
鈴鹿のアニキが作ったバイクだ。ガンバレヨー!!

NCM_0151.JPG

NCM_0152.JPG

NCM_0186.JPG

NCM_0150.JPG

今やmoto2クラスを席巻する、suterのマシン。
このマシンを使用するチームから、中上選手に代役参戦の声が掛かった。
順調にタイムアップし、本人も楽しんでいた様子だったけど...
何とこの写真を撮った直後のフリー走行で転倒、負傷。残念、お大事に。

NCM_0145.JPG

NCM_0146.JPG

暑かろうが寒かろうが、
レースの世界ではタイヤの温度を上げておくために
使われるウォーマーですが、今回のもてぎの寒さは想定外だったみたい。
そのため各クラス、転倒者が多かった。

NCM_0202.JPG

小山選手の応援団。気合入ってます。

NCM_0185.JPG

今回は大変残念だった高橋選手。転倒、再スタートしたあとのラップタイムが
抜群に良かっただけに悔しい。鈴鹿のアニキのバイクなら、残りのレースは
勝てるはずだ。頼んだよ!!

NCM_0166.JPG

ヤマハの往年の名車がエキシビジョンで出走。神の乗ったバイク、
4気筒のシリンダーヘッドが見える...生唾ゴクリ...

NCM_0176.JPG

ノリック阿部選手のお父さんは、息子さんのツナギをそのまま着て出走。
ご自身も船橋オートのレーサーとはいえ、500のマシンに乗れちゃうのが凄い。

NCM_0157.JPG

moto2のスター、トーマス・ルティ。

NCM_0167.JPG

この中にバレンチーノ・ロッシがいます。

NCM_0207.JPG

いよいよmotoGPクラスのレースがスタート。

NCM_0208.JPG

NCM_0210.JPG

自分はパドックパスをもらっても、チームのお手伝いでピットに
いなければいけない等の理由が無い限り、
必ず観客席でレースを見るようにしています。
大勢の観客と一緒にライダー、チームを応援するという
一体感。これぞレース観戦の醍醐味。
一周目のロッシの砂煙!「あー!!!」
ストレートに青山選手が帰って来るたび、「ひろしー!!!」
いつしかコースを走るライダー達とも
一体感が生まれる...
そしてチェッカーフラッグ。拍手、歓声、
クールダウンラップ、手を振るライダーたち、
フラッグを振って称えるコースオフィシャル...

テレビやネットではこの感動は絶対に得られません。


NCM_0211.JPG

NCM_0212.JPG


NCM_0217.JPG

伊藤真一選手を見ていると、
ヒーローは実在するんだなと思ってしまいます。
3月には地元宮城でご自身も被災。
ですがその直後に昨年の引退宣言を「撤回」。
再びホンダのバイクに跨り、地元宮城、そして日本中に
勇気を与えるためにヒーローは帰ってきました。
齢44歳、今回はmotoGPマシンを振り回し、
世界の強豪と堂々勝負を繰り広げました。
ありがとう伊藤選手。HRCカラーのマシンで疾走する姿、
一生忘れません。

NCM_0215.JPG

NCM_0216.JPG

正真正銘、「勝利の美酒」

NCM_0141.JPG

「勝つときってこんなもんなんですよね。」

今回自分を招待してくれたOメカは言います。ダニーがmotoGPに
ステップアップしてからずっと彼の担当を努めているO氏。
快走を見せたかと思えば、信じられないようなアクシデントに見舞われたり...
この数年、数え切れない苦楽を共にして来た二人。
でも、どんな時もO氏はダニーの才能を信じ、
ダニーはO氏の組み上げた26番車に身を預けてきました。
二人の、そしてホンダの魂が大きく実を結んだ一日でした。
本当におめでとう!!

NCM_0214.JPG

RC212Vが推定何馬力だとか、今日のタイヤチョイスは
誰がソフトで誰がハードだったとか、そんな情報をネットや何かで拾って、
見てきたようにに語る人より、もてぎに駆けつけて手作りのフラッグで応援した
この女性の方が、百万倍偉いと思います。

この日もてぎにいた全ての人に、お疲れ様でした、そして、
素晴らしいレースをありがとう。来年もまた、この場所、この日本で会いましょう。

HONDA RC212V

NCM_0192.JPG

NCM_0190.JPG

NCM_0193.JPG

NCM_0195.JPG

NCM_0189.JPG

NCM_0196.JPG

NCM_0198.JPG

NCM_0199.JPG

NCM_0200.JPG

NCM_0201.JPG

世界最速、否、
人類史上最速のレーシングモーターサイクル。

究極の技術と、
情熱の集合体。

もう、誰にも止める事は出来ない。

2011年10月14日

反省

NCM_0129.JPG

先日のmotoGPに乗って行ったクルマです。
独製の新車。ジェッタ、ヴェント、ヨーロッパでは
パサートも乗った事があるけれど、VW特有の足周りの安定感はそのまま、
ハンドリングは最近のマツダ車みたいなシャープさを足した感じ。
内装はこじんまりしたホテルみたいで居心地良し。
2、3時間の運転では腰も痛くならない。疲れない。
常磐道の追い越し車線走っていると当然のようにトッポイクルマに
あおられる訳ですが、「別に~」と、無視できるくらいパワーに余裕もある感じ。
で、思い出したのがこのクルマ1.2リッターだったよな!
ターボ車とは言え、恐るべし最近の欧州コンパクトカー。
それでいて、信じられないくらいガソリンが減らない...

もうガソリンも昔のような値段にはならないだろうし、
次にクルマを買うとしたら...自分もこの類に?!...

マスコミが作り出したエコだとかそういう風潮には、
一貫して「異議申し立て」をしてきたTAKU'S CARSですが、
揺らぐくらいのショックを受けてツインリンクもてぎから帰ってきました。


一週間後、TAKU'S CARSの支持者であるZ氏からメールが...

「TAKUさん!サーキットデビューしてしまいました!」

添付されていた画像がこれです。

IMG_0281.JPG

おおお!セブンを追い回す「赤い蛇使い」Z氏!!
その後ろにも英国の「小粒のピリリと辛い」軍団を従え...
ガソリンの匂いがプンプンしそうです!

しかしZ氏のパワーには恐れ入ります。
氏は愛機ザガートRZを駆り、毎週のようにイベント、ミーティングと
関東甲信越を走り回っています。
そして氏のブログ、二匹の蛇の抜け殻は、
開設一年未満ながら、日本中のアルフィスタ、イタリア車フリークの
絶大な支持を受け、とんでもないアクセス数を叩き出しています。
それもそのはず、Z氏のアルファロメオについての知識は、
プロの自動車ライターを凌駕するんじゃないかと言うほど
分厚いものです。それも全て、ネットの受け売り等ではなく、
氏が若き日から何台ものアルファロメオを愛し、乗り継ぎ、
「その足で」得た掛け替えのないものです。

Z氏に気づかされました。自分が欲しいのは、憧れているのは、
ガソリンの匂いのする、あんなクルマや、こんなクルマだろう?

ハイ、その通りです。反省...


TAKU'S CARS 「GTA RACERS」 ホビダスにて販売中。
ICH9999_02.jpg

画像 056.jpg

2011年10月22日

無敵艦隊

NCM_0159.JPG

鮮やかですなあ、
3台並ぶと。

タイトル決定後も止められませんな。
この無敵艦隊の勢いは。

この写真はダニーが走行後に入るためのお風呂...
ではなくて、26番車専用のパーツ洗浄台です。
水洗い可の部品は、ここでガンガン洗うわけです。
もちろん27番、4番専用のものもあります。
さすがワークス・チーム。
三つの湯船も世界を駆け回っているのです。

明日もこのお風呂で磨き上げた最強のマシンが
灼熱のマレーシアを石鹸、じゃなかった席捲するでしょう。

あ、中須賀君も頑張って!いつものように「前乗り」で、全開ドリドリ!

2011年10月24日

58

NCM_0158.JPG

ほんの三週間前、
彼は私や、大勢のレースファンの目の前を、
駆け抜けていました。

噂に違わず激しいライディング。
後続のマシンを、「通さないよ」
とでも言っているような、高々と長い足を
投げ出したブレーキング、
最終ラップまで同じホンダのバイクに乗る
ドヴィジォーソとバトルを繰り広げ、
我々は大いに湧きました。

陽気なキャラクター、
個性的なルックス、

そして、期待された将来性。

motoGPに6台しか走ることを許されない、
ホンダが誇る世界最速のRC212Vを託された、
若く、溢れる才能の持ち主でした。

日本GPに行った人の多くが、
「シモンチェリが手を振ってくれた。」
そう言っていました。
予選や練習走行でも、本気でアタックしていないときは、
いつもコースサイドや観客に手を振っていました。
もちろん、チェッカーが振られた後も。

世界中のバイクレースファンを愛し、
愛された、ゼッケン58。

何故彼なのでしょうか。

受け入れなければならないのでしょうか。

もう言葉が出てきません。

マルコ・シモンチェリ選手の
ご冥福を心からお祈りします。

About 2011年10月

2011年10月にブログ「立体作家・市川拓の「ディフォルメ車で行こう!」」に投稿されたすべてのエントリーです。新しい順に並んでいます。

前のアーカイブは2011年9月です。

次のアーカイブは2011年11月です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

Powered by
Movable Type