趣味の総合サイト ホビダス
DESKTOP_GARAGEのトップページはコチラから!!

2008年5月アーカイブ

ひそかにVW進行中

| Category: | コメント(12)

ぎっくり腰も少しばかり落ち着いてきまして、何とか机に向かえるようになったので、少々作業を進めています。題材は、何故かレベルのVW。もうかれこれ2年近く放ってあったものですが、Phantastic Plasticブログ(全然更新されていませんが。。。笑)のTakigamiさんがIMCのやら、Revellのタイプ2やらEMPIバギーやらを作っているのを見て、こちらも無性に作りたくなってきたので負けじと応戦。

以前にも報告しましたがフロントのバランスパネル(アゴ)およびフード前端は延長済みなので、細かいモールディングやレインガーター、ドアヒンジなどを作り直し。もともとモールドはあるのですが、どうもヨタヨタしていて、シャキっとしないので、すべて削り落として、0.10×0.20のエバーグリーンを貼り直しました。大した作業ではありませんがペイントを塗ったときのシャープ感がするとしないとでは大違い。

エンジンはサクサクっと説明書どおりに組み上げて、
色々な資料を参考にfactory correctスタイルにペイントしました。
排気系やヒートエクスチェンギャーはグレーでペイントするのが正しいみたいです。

でもって、悩みに悩んだタイヤですが、思い切ってタミヤのロータス7用のバイアスをチョイス。
ゴム製なので、ホイールが多少大径化したにもかかわらず、問題なくフィットしました。
トレッド幅も狭くて、「らしい」ですよね。何で最初っからこのチョイスが思い浮かばなかったのでしょうか。
もうこの足元のセットアップで、「いい仕上がり」が予想できますね。ふふふ。

この調子で、今日もコツコツと作業を続けます。

by ウカイキャル吉

クルマは快調、オーナーは……

| Category: | コメント(3)

先週末は、知人が編集をやっているファッション系のウェブマガジン「フイナム」のお手伝い、というか撮影の小道具としてランチェロを使いたいというオファーがあったので、六本木のど真ん中にあるスタジオに行ってきました。何でも、デニム好きの「デニム男」の愛車が我がランチェロという設定だとかで……。
久しぶりに午前中の都内を走ったのですが絶好調です。

というのも、先日、いつもジェイズティーポでお世話になっている
Z31(フェアレディ)のプロショップ、「アバンテ」(ここの社長さんが'71年のランチェロGT乗りという縁がありまして)でバッテリーコードを引きなおしてもらって以来、ビックリするぐらいエンジンがシャキっとしてるんですね。
旧車乗りの方で、色々キャブも点火系もやってはいるものの、何かエンジンがフケない、あるいは失火気味(私のクルマのことです)などの症状が出ている方は、一度試してみる価値ありですよ。

がしかし、オーナーが最悪です。
齢34にして「ぎっくり腰」を患ってしまいました。
何かを持ち上げてなったとかではなく、座ってご飯を食べていたら「ピキっと」きました。
とにかく痛くて思わず気を失いそうになりました。
とりあえず、その日はそのまま横になって寝て、まあ朝には直っているだろう、とタカをくくっていたら、
寝返りを打つたびに激痛で目が覚め、
何と翌朝は起き上がることすら出来ず。。。
結局無理矢理、ウチの奥さんに病院に連れて行ってもらったものの、
病院に着いて、駐車場から受付までの数十メートルが歩けないという不測の事態。
それを見るに見かねた警備員のおじさんが車椅子を持ってきてくれたので、超助かりました。
まさか車椅子の世話になるとは。。。です。
会社も3日間も休んでしまい、床に臥せっていたのでプラモも作れず。
トイレにいくのは松葉杖をついてエッチラオッチラと。。。
暇をもてあましながら、激痛に耐え、ようやく本日復帰となりました。

あ~よかった。
腰に巻いたギブスが苦しいですが、歩けるのって素晴らしいことですよね。

みなさんも気をつけてくださいね。
「ぎっくり腰」なんてカワイイ名前がついてますが、
マジで洒落になんないですから。

by ウカイキャル吉

新兵器マジやばいっす!

| Category: | コメント(7)

久しぶりに時間が出来たので、実はずっと試してみたかった、新兵器を試してみることにしました。
結論から先に言えば、もう今までの人生、後悔したくなるくらいイイ。

物としては瞬間接着剤なんですが、
これをパテ的な使用方法に用いてみるという作戦です。
今回は、'66ボンネビルのフェンダースカートの成型に使いました。
'65ボンネビルのものを何とかカタチだけ整えた(フェンダーアーチに収まるように削りこみました)のですが、いかんせん'65と'66ではサイドのプレスラインが違う。
'65では下の写真のようにくっきりと「く」の字にプレスラインが入るのに対し、
'66では自然に下方に広がっていく形状。
簡単に言えば、この「く」の字の折れ曲がりの部分をなだらかなカーブに変えていこうというのが狙いです。
まず
Before

つづいて
After

たぶん写真でお見せしても分かりにくいのですが、
作業途中はこんな感じです。

「く」の字の凹み部分にタップリと瞬着を盛り(ややトロリとしているので盛れる)、
その上から別売りの硬化剤をシュシュっと吹き付けます。
すると、ものの5分ほどで固まります。しかもカチンコチンに。
こうなれば即削りだし可能です。

つまりは乾燥に何時間、何日なんてことはありません。
素晴らしい!

しかも、400番くらいのヤスリで成型可能なんですね。
はっきりいって何でも出来ます。

もう嬉しくて文章にならないので、この瞬着のメリットを箇条書きします。

○盛れる
○すぐ固まる
○プラリペアのように硬すぎて削れないということはない
○肉ヤセしない
○プラスチックとの相性がいい(上からサフェーサーをかけても、その境目がパテのように浮き出ることは無い)
○適度に弾性があるので、ポッキリ折れたりしない→ピラー折れなどにも有効
○上からスジ彫りも出来る

他にもありますが、皆さん、もう肉ヤセするパテとはオサラバですよ。
是非試してみてください。

ちなみに、商品は下の写真をご覧下さい。

右が瞬間接着剤でCA-02という若干トロミのあるタイプで、左が硬化剤でスプレータイプでございます。
ブランドはasse。

もっと早く使っておけばよかった、と後悔。

ちなみに、屋根を切り離された状態で入手した'64シェベルのキットも、
ふたたび屋根を接着することが出来て、見事復活しました。

あとは旧IMC、現リンドバーグのダッジA100などは、ドアのフィッティングが開閉式のためあまりよくないので、一旦ボディと接着してしまい、スジ彫りでドアを表現する……みたいな使い方もありかもです。

他にも、あまり顔つきが似ていない、amtの'62コルベットに、
レベルの'60コルベットのフロントセクションを移植、なんて荒業にも挑戦してみました。

あとはamtの'70チャレンジャーもアゴ廻りの修正に大活躍してくれそうな予感。

今週末は瞬着祭りです。

ウシシ。

by ウカイキャル吉

スゴイものが届きました

| Category: | コメント(9)

今日はいつもとは趣向を変えて、とある方から届いた、素敵な品々をお見せしましょう。
どれもアルミから削り出された逸品ですが、その出来栄えのシャープなこと!
私がとやかく説明するのもなんですから、まずは写真をご覧アレ。
もう、欲しいのはヤマヤマなんですが、一応、非売品ということなのですが、
当ブログの読者の皆様の力で、是非是非商品化まで漕ぎ着けてもらいたいものです。

まずはBRM

左が未塗装のもの左が凹部をブラックでペイントしたもの。
タイヤはフジミの356用のものがジャストフィット。
うーん、Revellの1/25 VWに履かせたい。
タミヤのでもハセガワのでもIMCのでも、何でも似合うことウケアイですね。

次はミニ用

レヴォリューションってやつですね。
正直守備範囲外なので詳しくはわかりませんが、
よく実車に履いてるのをみます。
当然? タミヤのミニ(1/24)にフィットします。
ひき物のスポークと削りだしリム、そして別パーツのスタッドボルトの3ピース構成。

さらにホットウィール用

ムーンディスクと5スポークのRadir(レイダーともレイディアとも呼びます)、スロット・ディッシュの3種。
試しにホットウィールの'64サンダーボルトに履いてみると↓

ヤバイ。カッコよすぎる。

あとは1/43用もあります。
手許に手頃な1/43のミニカーが無かったので、何故かポルシェ356にハメてみると……

こんなポルシェに乗りたい!

あとは1/43のダイヤペットのトラック用のホイール。

ごめんなさい。こちらも門外漢なので詳しいことはわかりませんが、
相当リアルなのはわかります。

うーん、実にどれもいい。

そうそう、このホイール群ですが、作ったのは、
当ブログにコメントをくださる、
「彫刻屋さん」。

今後の展開は彫刻屋さんのみぞ知る、
といったところですが、
期待したいですね。

みなさん、是非、彫刻屋さんにメッセージを!


by ウカイキャル吉

P.S. 追加事項です。
みなさん、ごめんなさい、上記内容、結構間違っていたようなので、
下に入っている彫刻屋さんご自身のコメントをご参照ください。お粗末。。。

  • 1

2018年1月

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

アーカイブ

リンク

ガレージライフ
ホビダスオート
ホビダス
T'z Factory
アメプラを筆頭にNASCAR、モータースポ―ツ、ダイアリーなどをメインにしたT’zさんのブログ。プロモ風フィニッシュなどオリジナリティ溢れる仕上げも勉強になります。
Final Gear
ストリートロッドやKustom、街道レーサー系まで幅広いジャンルを網羅する美徳さんのブログ。実車もTバケを所有!(深い!)
MS0023msbufjsk-51459
ラリーカーから国産旧車、はたまた働くクルマまで幅広いカテゴリーをフォローするC水さんのブログ。カーガイでもあるため、実車の知識も豊富で、模型好きだけでなく実車好きも唸らせる作品を多数製作。
ゆきおWORK'S
アメリカ車モデラーの第一人者であり、プロモデラーとして名を馳せる畔蒜幸雄さんのブログ。ウカイも相当影響を受けました。
JUNK MODEL(ジャンクモデル)
ジャンクとは名ばかりで珠玉の作品の製作過程が楽しめるこーやんさんのブログ。'50-'60sのアメ車メイン。
ガレージはおもちゃ箱
愛車はトヨタのフラットツイン2台、cubというP&Y_FLAT_TWINさんのブログ。アメ車、アメトラ、バイクのプラモなど読みどころ満載のブログ。
くるまのプラモ製作記
国産キットをFactory Stockスタイルで、見事に化けさせる腕前の持ち主、ながせさんのブログ。題材は違いますが、ウカイと製作スタンスが近く、ここの読者さんも楽しんでいただけるハズ
ROCK a PLA BABY!
国産車をメインに作られているLet's Goマサル!さんのページ。作業工程は参考になることウケアイ。
1/43cu.in.(キュービックインチ)
1/43スケールのアメリカ車のミニチュアをメインテーマとするPonys41さんのブログ。アメ車のミニカーのアーカイブとして資料性高し!写真も美麗!
今日も一日ご苦労さん
トラック乗りにしてスケールトラックモデラーというロードコマンダーさんのブログ。アメトラが濃い!
Sportscar Graphic
1960-1970年代のスポーツカーを題材にした模型、イラスト、ミニチュアカー、ペーパークラフトなどを製作する、プロのイラストレーター、溝呂木さんのページ。
CARMODELS-HOMEPAGE
東海エリアの凄腕モデラーmatsuさんのホームページ。読んで字のごとく、カーモデルオンリーのサイト。内容充実。そして何より清潔感あふれるフィニッシュが素晴らしい!アメ車、国産旧車何でもありのオールジャンルで楽しませてくれます!

 

趣味の総合出版社 ネコ・パブリッシング
Copyright © 2005-2015 NEKO PUBLISHING CO.,LTD. All right reserved.